【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-122

山名:腕山
探検日:2009年4月19日
標高:1332.9m
累積標高差:355m
三等三角点「貝名」(行政:徳島県西祖谷山村)
四等三角点「腕山牧場」(行政:徳島県西祖谷山村)
四等三角点「スキー場」(行政:徳島県井川町)
登山時間データ 時刻 時間  
駐車場 9:19 0:00 登り
0:24
タヌキ発見 9:29 0:10
腕山山頂着 9:43 0:24
腕山山頂発 9:45 0:26 下り
0:58
三角点腕山牧場発見 10:39 1:20
駐車場 10:41 1:22

2008 中津山山頂より望む
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、
数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平22業使、第65号)」


ここから20行は登山とはまったく関係ない汚い話なので、山だけに興味のある人はとばして読んで下さい。

1.やましん隊長、痔になる・・・・・
しばらく山はご無沙汰・・・と言うより、安静状態???
というのもやましん隊長44才、このたび、めでたく痔発病!!

3月末、勤務中にトイレでりきみすぎ、ケツの穴付近の血管がさけ、内出血により小豆大の突発性外核痔になってしまった!
うーーん、痛い。これはまずい・・・。会議が終わって、歯科検診を受けても痛みは増すばかり。
と言うことで、その日の内に医者へ直行する。

医者曰く、「うーーん、このままゆっくり薬で治して行きますか?それとも5分ほどの手術で切開して早くなおしますか?」
やましん隊長、しばし考える。
この痛み、ダラダラ続くのはいやじゃ。この際5分で済むなら切開してもらうか!
(結果、この決断はあとで後悔することになる・・・)

医者の言うとおり、イボの切開施術はあっという間に終わった。それほど痛くもなかった。
さて、これで早く直るかな♪♪
ここで医者曰く「ただの切りっぱなしで、縫ってないので、しばらく出血します。これから毎日の消毒方法を教えます。」
なっなにー!毎日消毒?。面倒くさそうである。
「あと、傷が治るまでアルコールは控えてください。」・・・・・やっぱりですかい。これはきつい〜(T_T)

自宅に帰り、夜になって、尻のガーゼをはずしてみる・・・・・・げっげぇ〜〜!血でぐっしょり真っ赤っか。くらくらする。
腫れも小さくなるどころか、切開の影響で小豆大からマカロニ大へ大きく腫れまくっている。
麻酔も切れてとにかく痛い。こんな筈ではなかったのに・・・・・・。これではしばらくケツがままならない。

結局1週間も尻にガーゼをサンドイッチした情けない状態。しかも続く鈍痛、出血。
その後はガーゼも必要なくなったが、大便のたびに切開部分から出血する。
とは言っても日が経つにつれ徐々に快方へ向かい、2週間ほどで日常生活には問題なくなった。ふぅ〜〜まいったまいった。

2.登山開始
さて、ケツの穴も徐々に良くなってきたし、安静状態にも飽きてきた。酒も飲めないのでストレスが溜まる溜まる。
早く山に行きたいが、インターネットで見ると痔になりやすい運動は【ダンベル、エクササイズ、登山・・・・】、
そういや、ダンベルをしながらの足踏みマシンにはまってたなぁ。あれも原因か・・・・。(たぶん主因は飲酒だが・・・)
とにかく、登山も痔に良くないらしいので、今日のところはお散歩レベルの腕山で我慢することにする。

一路、徳島道を進み、吉野川SAのスマートインターチェンジを降り、辻から南方向の山塊へ突入する
パジェロロングには細い道をくねくねくねくねと進む。

人口密度の低い地域だったため、幸運にも対向車で苦しむこともなく腕山牧場へ到着〜♪
今日はたいして標高差も無いため、かるーく足揃えをし、9時19分に駐車場出発!

既に目の前は牧場。ウインドウズの壁紙の世界が広がっている。
とりあえず、牧場の東の柵沿いの道をゆるゆると進む。

【牧場駐車場】                                   【東の柵道】


天気はいいし、南方面を見ると烏帽子岳、寒峰がよく見える。

んっ??牧草地のなかでなにやらもぞもぞ動いているが・・・・・・・・ありゃタヌキですな。
生まれてこの方、タヌキ汁など食したことがないので、一度食べてみたい。丸々してうまそうである。
こちらの考えが読まれたか、気付かれ逃げられてしまった。残念。

柵道を北の端まで来ると扉があり、向こう側からつっかえ棒がしてある。
ここから尾根道へはいる。

【タヌキ】                                      【東ゲート】


振り返ると、ひろーい牧場の奥に中津山がおむすびのように鎮座している。杉林が海苔のように見える。
だーれもいない。いい気分である。

【振り返れば中津山】


さて、ゲートを過ぎ、尾根道を進む。
4月中旬では木々に葉もなく、異様に明るい。しばらく行くと杉林が右手に見える。
やましん隊長はスギ花粉症を発症していないが、今年は少し目がごろごろする時がある。(来年あたり発症かも・・・)

【自然林】                                     【杉?】


案の定、たった24分で腕山山頂到着。まぁ、ケツの穴のままならない状態では、これぐらいで我慢するしかない。
三等三角点「貝名」1332.92mも発見!。

【山頂到着】                                   【三角点】


あとは帰るだけ〜。
おっと、またタヌキ発見。本日2匹目〜

帰りは牧場の西側を通りましょうか!

おっと、駐車場帰着直前、このあたりにも四等三角点「腕山牧場」があったことを思い出す。
持ってきた三角点情報を元に位置を探す。・・・・・・なんと、東の柵道を腕山方面へ進んだ所???
登りの途中で見つけておくべきだった。仕方ないので、すこし登りなおしましょうか!

GPSを頼りに進む、進む、進む。なかなか近づかない。進む、進む、進む、なかなか近づかない。
だいぶん登ってきたよ。もうタヌキを見つけたところまで来たよ。
・・・・・おかしい・・・・これはおかしい。
GPSのマップポインタで三角点情報の緯度経度地点を表示してみる・・・。
げげっ!そこは腕山山頂!!?

・・・・やましん隊長、今日は腕山山頂と、腕山牧場の2つの三角点情報を持ってきていた・・・・・
間違えてました・・・・。危うく、もう一度腕山へ登るところであった。ヘロヘロヘロ〜〜。疲れた〜。

さて本当の腕山牧場の三角点は・・・・・・・・・・・・・駐車場のすぐ下・・・・・・・

だから、今日はケツがままならないから、あんまり無理しちゃダメなんだってば!
無駄に過剰な運動をしてしまった。くっそ〜ぅ!

ゆるゆる駐車場へ戻って、さらに100m下った道の脇に・・・ありました。
四等三角点「腕山牧場」1245.72m発見!。
こんな物のために30分も余分に歩いてしまった。

【牧場西柵道を下る】                              【三角点2個目】


ゲロゲロゲロ。4月中旬にしてはクソ暑い。思いの外、汗をかいてしまった。
さぁ、それでは帰りましょうか!

おっと、ここで思い出した。
すぐ近くの井川スキー場にも三角点があったはず!!(全然こりていない・・・)
ちょっと寄ってみましょう!

水口峠から少し下ると井川スキー場到着!さすが南国徳島。ゲレンデには全く雪は残ってません!
パジェロでぐんぐん奥まで進み、ゲレンデの側道を登ると・・・・
ゲレンデ中間点横に四等三角点「スキー場」1115.73m発見!
しかし変わった点名ですなぁ

【井川スキー場ゲレンデ】                            【三角点「スキー場」】


さて、それでは心おきなく帰りましょう!

 ケツの方はまぁまぁですな。(くどい)

今日の散財   
飲料・雑貨 ¥900  
高速代 ¥700  
ガソリン ¥2000 byパジェロ3000
合    計 ¥3600  

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】