【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-126
山     名:九重山(久住山) 日本百名山no,95
探  検  日:2009年9月21日
標     高:1786.50m
登山標高差:453m
累積  標高:686m
三  角  点:一等三角点「久住山」(行政:大分県久住町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
大駐車場発 5:50 0:00 登り
1:36
避難小屋 7:04 1:14
久住山山頂着 7:26 1:36
久住山山頂発 7:33 1:43 下り
1:50
朝食
込み
避難小屋着 7:59 2:09
避難小屋発 8:15 2:25
沓掛山 9:05 3:15
大駐車場着 9:23 3:33
【車中前泊突貫モード】

避難小屋前より金ちゃんヌードルが九重山を望む
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、
数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平22業使、第65号)」


1.昨日のリベンジ!今度は西へ単独特攻遠征か
 さて、09年9月のシルバーウィーク。初日は長野、常念岳を目指すが、あえなく断念。
高速道路の大渋滞でくたくたに疲れ果て戻ってくるも、徹夜運転のナチュラルハイモードでなかなか眠れない。
連休初日の真夜中、ごそごそ起きだし、次の山行について考える。

うーーん。やはりこのなまりきった今の体力ではたいした山には登ることは出来ない。
でも、・・・でも百名山は登り続けたいと言うことで〜、思いついたのが九州!
まだ九州なら高速道路の渋滞も少ないだろうし、フェリーで仮眠もとれる!
久住山、阿蘇山なら、なまった体でもなんとかなるかも・・・・
・・・・などと、連休初日の真夜中・・・一人、にやにやしながら怪しい計画を立てる。(ナチュラルハイ継続中)

とは言ってもさすがに長野までの徹夜往復はしんどかったみたいで、連休2日目は11時まで朝寝をする。
その後、会社の現場(24時間稼働)の状況を確認に行き、15時に自宅へ帰ってきた。

やましん隊長は考える・・・・連休は続いている。それもまだ2日目。
今日、それも今、出発すれば九州遠征も行けるんではないんですかい???
ということで、登山グッズ一式、寝袋などを再びパジェロへ叩き込み、いざ行かん!火の国、九州へ!


2.九州へ出発じゃ

以前乗ったことのある愛媛県八幡浜市の宇和島運輸フェリーへ電話をして見ると、まだ余裕があるとのことだが
「もし一杯になると困るので」との相手の勧めに従い、とりあえず20時30分発の別府行きを予約する。
パジェロで徳島道、松山道を飛ばしまくり、18時30分に八幡浜港到着!(早すぎてしまった。)
近くのコンビニで飲料水、食料、あてにビール!(今回はクーラーボックスを持ってきている。)を購入。
あとはフェリーターミナルの食堂で飯など食って時間をつぶす。

出発10分前から乗船が始まるが、結構、空いてますなぁ〜。みーんな高速道路経由で行ってるんでしょう。
2等船室もガラガラ状態。5連休でこの状態では、フェリー会社もやって行けるのか心配してしまう。
予約なんか全く必要なかったですな!

さて、23時20分、別府到着!うーーん、窓を開けると硫黄の臭いがしまくりで、温泉に入りてぇ!
だが、今回の第一目標は山!それも百名山である。昨日の長野への無駄なドライブを教訓として、早めに移動する。
久住山の登山口、牧ノ戸峠にカーナビをセットし、深夜の大分をぶっ飛ばす。
1時間程度?で牧ノ戸峠到着〜〜♪。駐車場広〜い。200台は停められるとのこと。まだだいぶ空いている。
さて、昨日の疲れもあるし、早速寝袋に潜り込み、ビール2本をあけ、1時に就寝・・・・・。ぐ〜すかぴ〜・・・

【別府行きフェリーの中(宇和島運輸】                     【牧ノ戸峠到着】


3.登山開始
朝5時、目覚ましのアラームに起こされる。4時間しか寝ていないがだいぶ体力が復活しているぞ!
でも、西へ来れば日の出は遅いでんな。まだ外は真っ暗・・・・。その上、曇ってもやもかかっている。
ぼちぼちと足揃えを進め、5時50分、駐車場真横の登山口から突入じゃ!
久住山は標高は低いとはいえ、3年ぶりの百名山!なまりきった体にむち打って、がんばっていきまっせ!

最初の内は舗装された道をぐんぐん登って行く。そのうち結構急な山道に喘ぎ、汗をかいてきたのでヤッケを脱ぐ。
ひょえー、結構気温が低く、風も強くて寒い。速乾性Tシャツでは寒いが我慢して登って行く。
(長袖のウェアは車に置いてきてしまった。体温が奪われ、バテて来たかも・・・)
着ると暑く、脱ぐと寒い。困った困った。

沓掛山をいつの間にか通り過ぎ、きつい登りを越えると快適な尾根道となる。(風は強いが・・・・)
ケルンもいっぱい。これで晴れていればなぁ〜

【登山口出発】                                   【ケルンの通り】


星生山への分岐も越え、その内避難小屋とバイオトイレのある広場に出る。
晴れていればたぶん目の前に久住山がデーンと見えるのだろうが、とにかくモヤでもやもやしている。

【星生山分岐】                                   【避難小屋にトイレでございます】


そこからほんの少しで、久住の別れに到着。左に進めば法華院温泉経由の縦走路になるが、
百名山ピークハンターのやましん隊長にはあまり興味はない。
ここを右に進み、岩ゴロの道を黄色ペンキを目印に久住山への最後の登りに喘ぐ。

【久住の別れ】                                  【久住山への最後の登り】


ふーーっ。登山口より1時間36分で久住山山頂(1787m)到着!一等三角点「久住山」も発見!
ほとんど休憩なしで登ってきたので疲れてしまった。ほんとに体がなまってますな。

【山頂到着】                                    【一等三角点】


さて、下るとしますか。下を見るとやっと火山らしい風景が広がる。晴れた時にはもっと綺麗なんでしょうなぁ〜。

【もやっていますが一応ベストショット】


体も冷えてしまい、だいぶ足に来ているので、避難小屋前で朝食にする。
既に文頭で登場していますが、久しぶりに山の友、金ちゃんヌードルのお出ましです。
あ〜〜、暖まる。おかかのおにぎりと一緒で満足!満足!(精神的に)

さて、登ってきたら下らねばなりまへん。下りは足に堪えるんよね。ヒザを痛めないようにぼちぼち降りていくが
途中で登りの登山者とすれ違う時に岩場で前のめりに転けてしまった。(いたたた・・・)
たいした怪我もしなかったが、右手の薬指を突き指してしまった。慌てると、ろくなことありまへんな。(T_T)

少しガスも晴れて、景色も見えるようになってきたが、足下に注意!です。

【金ちゃんヌードル登場】                            【景色はいいんですけど、この手前で転んでます。】


やっと、モヤもとれて空が明るくなってきました。子連れの登山者が続々と登ってくる。さすがお手軽百名山。
人数が多すぎて、挨拶するのにも疲れてしまった。(後半は無言ですれ違う。)

沓掛山周辺は道が岩場で狭いので、すれ違うのも一苦労。こちとら下りでだいぶ足に疲労が来てます。
早く降りてぇ〜〜!!

【左奥、沓掛山?人がいっぱい張り付いているのが見える】       【沓掛山山頂】


やっとこさ沓掛山も越え、後は下るのみ。足をガクガクさせながら下って行く。
この程度の山、それも小さな子供がいっぱい来ている山で足に来るとは情けない・・・・

登り始めて3時間33分で久住山登山終了!トレーニング不足を実感する。

【下に登山口が見える】                             【登山口帰着】


なまりきった全身霜降り状態のやましん隊長。この山ひとつで既にバテていますが、
時刻はまだ9時23分。せっかく九州まで遠征してきているので、このままでは帰れませんなぁ!
引き続き、次山「阿蘇山」へ続くのであ〜る。

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥4800 byパジェロ3000
高速道路代 ¥1550 ETC1000円乗り放題
フェリー代 ¥12360 八幡浜港→別府港(宇和島運輸)
食料、飲料水、あて、ビール ¥2273 八幡浜のコンビニにて
夕食 ¥1150 焼肉定食(フェリーターミナル・食堂マリン)
合   計 ¥22133 阿蘇山と割り勘です(往路片道分) 


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】