【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-127
山     名:阿蘇山(高岳) 日本百名山no,97
探  検  日:2009年9月21日
標     高:1592.28m
登山標高差:316m
累積  標高:401m
三  角  点:三等三角点「高岳」(行政:熊本県阿蘇市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
仙酔峡ロープウェイ火口東駅発 11:11 0:00 登り
0:54
火口展望台 11:20 0:09
中岳 11:46 0:35
高岳山頂着 12:05 0:54
高岳山頂発 12:10 0:59 下り
0:46
中岳 12:26 1:15
火口展望台 12:46 1:35
仙酔峡ロープウェイ火口東駅着 12:56 1:45
【1日2山モード突貫モード】
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、
数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平22業使、第65号)」


1.九州まで来たからには、一粒で2度おいしいを目指す
 今日は未明から久住山に登ってきた。なまりきった体には堪えたが、時間的には結構早く下山できた。
時刻はいまだ9時23分!これはもう一山いかねばなりまへんな!目標は近くの阿蘇山
やまなみハイウェイをぶっとばし、阿蘇山仙酔峡を目指す!
牧歌的な雰囲気の漂う快適な道だが、百名山亡者のやましん隊長には全く興味がない!

しかし、体が・・・・特に足に疲れが・・・・・既に太ももが痛い・・・・・。
仙酔峡ロープウェイの駐車場に到着し、パジェロから降りる時に、足が震えている。(イテテテ)
しかし、目に前には曲がりなりにも百名山がお出迎え!。これを頂かずしてどうする。立て!やましん隊長!

【目の前に阿蘇山と、根子岳がお出迎え】                 【仙酔峡ロープウェイ乗り場】


仙酔峡ロープウェイ、味のある建物ですなぁ。昭和の臭いをぷんぷんさせている。なんかだだっ広い。覇気がない。
おみやげ物屋に「いきなり団子」が売っている。んっ?これって「ケロロ軍曹」に出ていた団子じゃないのか????

しっかし、遅っそいロープウェイである。今時この遅さはないだろう!だらだらと9分もかかってやっと火口東駅に到着。
建物を出て駅の外観にこれまたびっくり!。なんじゃこりゃ!今時、ショッカーの秘密基地でもこれよりは立派だぞ!
戦時中の建物かここは!

【ロープウェイ駅土産物売り場】                       【火口東駅外観・・・・どうにかならんのか・・・】


などと、ロープウェイに気を配っている場合ではない。まずは火口展望台までの急な舗装道路を上る。
しかし足の痛さに歩みは進まず、若いカップル、子供連れが軽やかに追い抜いて行く。

やましん隊長はリュックに登山靴、ストックと完全武装!。格好の割には超スローペースが情けない。
9分かかってやっとこさ展望台に到着。(あんまり火口の景色には興味はない)
火口反対側の西の展望台(修学旅行で良く行く場所)は人も車もいっぱい。駐車場まで大渋滞なのが見える。

【火口展望台への急な坂】                             【火口展望台】


まぁお約束なので、パノラマをひとつ・・・

【火口展望台よりの展望】


さて、それでは格好に見合った登山道に突入することにしましょうか!
見晴台の奥に高岳への登山口がある。おっさんが軽やかな足取りで先を歩いている。
この辺りが馬の背と呼ばれる痩せ尾根で、歩いていても気持ちがいい。でも強風が吹くと、転げ落ちるかも・・・

【見晴台の奥、登山口】                             【馬の背】


その後、25分ほど登り続けると、中岳に到着!
あれ?登山ガイドでは50分かかるってなっていたが・・・。やましん隊長が早いわけではない。
幼稚園児を連れたパパさんにかるーく追い抜かれたりしている。

【中岳に近づく】                                 【中岳到着】


あとは高岳へ進むのみ。遠くに見えるが案内板には30分と書いてあったので、もうちょっとである。
と、思っていたが、19分で高岳到着。案外軽く着いてしまった。

【中岳より高岳を望む】                             【高岳間近】


ふ〜〜〜。本日2山目で足がボロボロガクガクの割には1時間以内に到着しました。
阿蘇山「高岳」1592m山頂到着!。三等三角点「高岳」も発見!



ロープウェイ火口東口より中岳経由でたどってきた道が見える。
さて、今日中に徳島まで帰らなければならないので、こんな所に長居は無用。すぐに下山する。

【登山道展望】


おお!やっと火口展望台まで帰ってきた。左を見ると砂千里ヶ浜が見える。(浜と言うよりは川ですな。)

【火口展望台間近】                                  【馬ノ背より砂千里ヶ浜を望む】


と言うわけで、高岳から46分でロープウェイの火口東駅まで戻ってきました。

やっぱり何ヶ月もトレーニングをしていない体で、1日2山はきついわ〜〜。へろへろ〜〜。こりゃダメですな!
これで明日、明後日の筋肉痛は決定!

【余談】
その後、やまなみハイウェイをぶっ飛ばし、別府港から1便早く四国へ渡れる予定ともくろんでいたが・・・
やまなみハイウェイ終点が大渋滞2時間・・・・・・・・(T_T)
もう一便遅れると、4時間待ちで、自宅着は夜中の3時になる。(この体の状態で、深夜長距離運転はいやじゃ・・・)

そこで、同じ宇和島運輸フェリーで臼杵港から八幡浜港へ出ている、3時間早く帰れる便があったので予約変更!。
別府から臼杵まで高速道路をぶっ飛ばし、18時30分の便に十分間に合い搭乗。
午前0時に徳島の自宅に帰着完了。

百名山を2つゲットしたが、やはり疲れました・・・・
(おとといは長野、昨日からは九州・・・。山キチガイの見本ですな)

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥6000 byパジェロ3000
高速道路代 ¥1950 ETC1000円乗り放題の恩恵
ロープウェイ代 ¥1500 仙酔峡ロープウェイ往復
フェリー代 ¥9930 臼杵港→八幡浜港(宇和島運輸)
夕飯 ¥1250 臼杵港近くの「みのるラーメン」(チャーシューメン、焼き飯)
合   計 ¥20630 九重山と割り勘です。(復路片道分)
※前日の九重山(¥22133)と合わせると、今回の九州遠征は¥42763なり〜♪

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】