【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-128
山     名:筒上山・岩黒山
探  検  日:2009年10月10日
標     高:筒上山 1859.43m
        岩黒山 1745.61m
登山標高差:438m
累積  標高:1015m
三  角  点:三等三角点「岩黒山」(行政:高知県いの町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
駐車場所発 10:35 0:00 登り
2:03
丸滝小屋 11:20 0:45
覚心寺道場 12:13 1:38
筒上山山頂着 12:38 2:03
筒上山山頂発 13:04 2:29 下り
2:06
丸滝小屋 13:53 3:18
岩黒山山頂 14:19 3:44
駐車場所着 15:10 4:35

岩黒山南斜面より筒上山を望む
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、
数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平22業使、第65号)」


1.体育の日、紅葉登山
 台風18号も通りすぎ、天気もよい三連休初日!
最近体重が・・・・ダイエットのリバウンドで体重が激増しているので、筋力リハビリ登山として
以前から目のつけていた愛媛県の「筒上山」に行くことにする。

朝起きてから、行くことに決めたので、自宅出発は7時30分。徳島県から愛媛県の山奥までは高速道路を使っても
3時間はかかる。高速道路をぶっ飛ばし、瓶が森林道の絶景を楽しみつつ、登山口の「土小屋」へ進む。
10時15分、土小屋の到着するが・・・・石鎚山の紅葉目当ての観光登山客の車で駐車場がいっぱい〜(T_T)

仕方がないので、駐車場よりかなり下った路肩の空き地に駐車する。足揃えを済ませ、10時35分、登山開始!
 
【瓶が森林道〜♪、なつかしい〜】                     【登山口から少し下った駐車場所】


駐車場所より7分歩いて岩黒山、筒上山登山口に到着。さて、それほどえげつない山じゃなさそうなので、
気楽に登り始める。
しかし、ぼけーっとしていたのか、登山道に入ってすぐにある岩黒山への分岐を見落とし、岩黒山の巻き道を進む。
まぁ、岩黒山は帰路で登ることにしましょう!

この巻き道、一昨日の台風の影響が残っているのか、岩が多い上に濡れ落ち葉が乗っかっているので滑りやすい。
やましん隊長は、濡れた岩で滑って、打撲でのたうちまわった忌まわしい経験があるので、ゆっくりゆっくり進む。

【岩黒山、筒上山登山口】                          【岩黒山巻き道】


登り始めて45分で丸滝小屋に到着!左後ろを振り返ると岩黒山への登山道もある。
ここで、またまた、ボケーッとしていたやましん隊長。筒上山への道と思いこんで白い鳥居をくぐり進んでしまう。
案の定、筒上山とは違う方向に下り始め、数分で変な物置のような小屋に出る。こりゃ、まちがいましたな(^_^;)

【丸滝小屋】                                  【間違って白い鳥居の道を下った先の小屋】


丸滝小屋まで戻り、よく見ると、東方面に「筒上山」とかいた立て札が立った広い道があるじゃない〜。
さて、気合いを入れ直して筒上山へ向かいましょう!

天気はさわやか、紅葉もなかなかええ感じです。

【丸滝小屋付近の紅葉】


丸滝小屋から更に進むと鉄で作った中途半端に強度のありそうな橋が何カ所か架かっている。
こんな場所にどうやって機材を運んだか解らないが、とにかくご苦労様です。感謝して通る。

途中、筒上山まで尾根を直登する分岐があるはずだが、ボケーッとしていたやましん隊長、気付かずに通り過ぎる。
(今日はこれで3度目のポカミス。どうも気合いが入ってませんな〜〜。)

登山口からこのゆるゆるとしたあまり高度差のない道を、だらだら登ってきているので、散歩をしている気分になる。
筒上山が近づいて、少し登りをこなすと、なんじゃこりゃ!回りの景色とマッチしない、でかい城壁のような石垣がお出迎え。
これがいわゆる覚心寺の道場かな?。迫力あります。よくもまぁこんな所に、こんなもんを作れたなぁと感心する。

【丸滝小屋から鞍部までの桟道】                       【石垣。でかい!威圧感有り】


石垣をまわり、道場越しに筒状山を望む。
道場自体は石垣に較べ、あんまり立派ではないです・・・・
しかし、筒上山・・・・この方向から見ると、なんか登りにくそうですなぁ。

道場の左の白い鳥居をくぐり、先に進むと・・・来ました!鎖場!
ゲゲゲ!鎖も岩も濡れている。これは滑りそうで、はっきり言ってあまり登りたくない。
とは言っても、筒上山頂はもう目前。ここまで来て引き返せるかい!

超気合いを入れ鎖を握り、濡れた岩をよじ登って行く。・・・・・しかし・・・・怖い!
3m程のぼったところで足が滑って身動きがとれなくなる。こりゃやばい。鉄の鎖も超冷たい。ずっと握り続けられない。
うーーん、これはピンチ!。仕方がないので鎖からコブのあるロープの方へ移動する。
こちらは冷たくない(*^_^*)。足場もあり一安心。これならなんとか登れそうじゃ。(冷や汗かきました。)

【覚心寺道場から筒上山を望む】                      【鎖場:冷たくて手が痛い〜】


鎖場をこなすと、なだらかな笹原がお出迎え〜♪。こりゃええ気持ちです。(生き返った心地じゃ)
振り返ると手箱山がおいでおいでしているが、今日はその余力はございません。また今度な!

【鎖場上の笹原】                                 【振り返ると手箱山】


ふぅーっ、登り始めて2時間3分。やっと来ました「筒上山山頂」1859m!
しかし、辺りを見渡しても三角点が見あたらない(T_T)。いったいどこ?

仕方がないので飯にするか!お約束の金ちゃんヌードル登場!おかかのおにぎりとで満足満足。

【筒上山山頂】                                  【山頂で金ちゃんラーメンを食う】


さすが、展望の良い筒上山頂。
石鎚、二ノ森がででーーんと広がってます。なんか空の雲も秋の感じやねぇ

【筒上山山頂より石鎚方面】


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  ※帰ってきてから確認したのですが・・・・
   この山頂、ほんのちょっと離れたところに南峰が見えていたが、
   あまりに道が細いので、人も行かないのだろうと無視していましたが・・・・・・
   かえって分県登山ガイドを見るとここに三角点があったような記述がある!もしかして、あっちが真の山頂!?
   ゲロゲロゲロ、これって東赤石山で、真の山頂を見ずに降りてきたってやつと同じですかい・・・・(T_T)
   さ・三角点がぁ・・・・・・・  (後の祭りじゃな)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

山頂でまったり〜と過ごすこと26分。そろそろ下ることにしましょうか。
帰りは登る時に分岐を見つけられなかった北尾根を下ることにする。
手箱越えまでの登ってきた道は結構ハッキリしていたが、この北尾根の下りは、笹が結構道に被さって、
根っこに滑ったり、引っかかったり、段差でがくっとなったり・・・・。でも、鎖場よりはよっぽどマシですな。

【山頂の南峰:三角点のありかか??】                  【筒上山から北尾根の下り】


さて、山頂から49分で丸滝小屋まで戻ってきた。目の前には岩黒山への分岐が待ちかまえている。
筒上山からの下りでだいぶん足に来ているが、せっかくの展望の良さそうな岩黒山を前に、
行きと同じの巻道を帰るのもしゃくである。

もう一踏ん張りがんばりましょうか!
しんどい岩黒山への登り返しも、あちこちの紅葉を楽しみながら、へろへろ進んで行く。

【岩黒山東壁の岩】                               【登山道の紅葉】


丸滝小屋から26分でやっとこさ岩黒山山頂(1746m)到着。
ここにはありました。三等三角点「岩黒山」発見!



あとは土小屋へ尾根道を下るのみ。
途中、数カ所展望の良い場所がある。瓶が森、石鎚など石鎚連峰が見放題じゃな。

それでもって、道に沿って土小屋まで降りてくると、白石ロッジの北に出た。(なんでこんなところに・・・・?)

【土小屋から石鎚山への登山ルートが展望出来る】            【出てきたのは変なとこ。道間違い??】


時刻も3時をすぎ、駐車場もだいぶ空いてきているが、石鎚から下山してきた登山客がまだうようよしている。
駐車場を通り過ぎ、パジェロを止めた空き地まで更にダラダラ下る。

やっと戻ってきたぞ!。石鎚連峰の展望を堪能した筒上山・岩黒山を4時間35分で終える。

このあと、再度、瓶が森林道経由で徳島まで戻る。
瓶が森が意外と山容がでかいのに感動し、紅葉も楽しみつつだらだら帰る。

【林道より瓶が森を望む】                           【林道添いの紅葉。どの山かは未確認】


朝7時30分自宅出発、夕方18時15分自宅帰着。10時間45分の紅葉堪能・筋力リハビリ山行でした。

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥5000 byパジェロ3000
高速道路代 ¥2000 ETC1000円乗り放題の恩恵
飲料水・食料 ¥1003 金ちゃんヌードル、おにぎり、お茶
合   計 ¥8003  

※今回は高速道路も混んでなかったし、ETC1000円乗り放題様々でした♪

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】