【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-133
山     名:次郎笈〜剣山
探  検  日:2010年7月24日
標     高:次郎笈(1929m)
        剣山(1955m)
登山標高差:583m
累積  標高:885m
三  角  点:四等三角点「次郎笈」(行政:徳島県那賀郡那賀町)
        一等三角点「剣山」(行政:徳島県那賀郡那賀町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越駐車場発 10:27 0:00 登り
2:33
西島リフト駅 11:10 0:43
次郎笈山頂 12:06 1:39
剣山山頂着 13:00 2:33
剣山山頂発 13:29 3:07 下り
0:49
見ノ越駐車場着 14:23 3:56

(マップをクリックで拡大します)

1.山選択

 やましん隊長はダイエット中であった・・・・(すでに過去形・・・)。しかし、しかし約1ヶ月、7kg痩せた時点で精神的限界が・・・・・・
 ・・・もういいや・・・・・7kgも痩せたし、人間ドック、受けたっていいんじゃない??・・・・・・・・・・・
 結局、減量も中途半端なままで、7月中旬に人間ドックを申し込んでしまい、先日行ってしまった・・・・・(T_T)・・・・
 これって結局、後日送られてくる検診結果で泣きを見るってパターンじゃないかぁ!!(後悔先に立たず・・・・覆水盆に返らずじゃな・・・)

 しかし、行っちまったもんは仕方がない!。いずれ来るであろう赤点だらけの受診結果に備えて、山でも登るか!(なぜ山なんだ!と自分に問う)
 人間ドッグ受診以降、タガの外れたやましん隊長、爆食で、お約束のリバウンド、体重激増中!。
 この増加を食い止めるべく、近場でそこそこ歩き応えのある山でも行きましょうか!しかもこの時期、低い山は暑くて登りたくない!
 ということで、今回は次郎笈にロックオンです!
 
 あと、今回の山行には、いくつかの重要なミッションがある!(おお!なんかかっこいいぞ!)

 その1:新しく買ってしまったプロトレックPRW−5000Tの使い勝手の検証
 その2:ここ最近、トレーニングしている足踏みマシンの効果の検証
 その3:最近はまっているアミノサプリによる登山パワーへの効果の検証
 ふっふっふっ・・・こりゃ楽しみですなぁ・・・・・・♪

2.登山開始
 さて、花の土曜日・・・・目覚めたのは8時・・・・・あっか〜〜ん、完全に寝過ごしてしまった。
 大慌てで準備をし、飲み物は家にあったアミノ飲料「ヴァームウォーター」5本とお茶2本と金ちゃんヌードルをリュックに放り込み出発!
 高速を美馬ICまで飛ばす。(ETCマイレージで8000円の還元金があるので今回無料 (^_^)v)

 10時15分、見ノ越の駐車場に到着。くそ暑いので、一段下の2階建て駐車場の1階(日陰)に車を止める。
 さて、ここでプロトレックの調整じゃ!。気圧の変化で正確な高度が解らないため、GPSの高度を元に1400mスタートで補正をかける。
 
 さぁて剣神社から登り始める。ここ最近、長時間の登山に備えてゆっくり歩くことに心がけている。(田部井淳子の登山入門で勉強したぞ!)
 ちょっと気を抜くとシャカシャカ歩いてしまうので、とにかくダラダラ、プラプラ、不真面目に歩く。
 このせいもあって、見ノ越より43分で西島リフト駅(山上駅)に到着〜♪

【見ノ越駐車場で高度設定】                        【リフトの山上駅付近】


 ここ最近、山登りはサボっているので、相当疲れると思っていたが、足踏みマシンのトレーニングのおかげか、ゆっくり歩いたためか、
 あまり疲れることもなく登ってこれた。ええ調子ですなぁ。

 その後、ほぼ剣山と次郎笈の鞍部付近へほぼ水平なトラバース道を進む。
 登り初めて1時間10分ほどで剣山から次郎笈へのルートに合流する。その後、次郎笈へ小さなこぶをいくつか越え、最低鞍部で1785mを
 確認!(ここまでで385m登ってきた。)。プロトレックの秒針による針表示では350m。差がありますなぁ〜。
 この新型プロトレックは液晶の高度表示は5m刻みだが、アナログの秒針を使った高度差表示は50m刻みにセットしてある。
 (5m刻みにも切り替えられるが、高度差表示の上限が100mになって使い物にならない)
 文字盤は50m刻みでも針はもっと小刻みに動くと思っていたのだが、50m単位でしか動かない!うーん、これはちょっと残念!
 ただ、今までのプロトレックでは現高度と高度差の同時表示が出来なかったので、まぁ良しとしましょう!

【次郎笈への鞍部付近】                          【鞍部付近のプロトレック表示」】


 見ノ越より、ちんたらちんたら、プロトレックを気にしつつ、1時間39分で次郎笈山頂(1929m)到着です。
 数m離れたところに新しく設置された四等三角点「次郎笈」発見!

 やましん隊長、4月末に心機一転、ストレス発散のスキンヘッドになっていたが、その後2ヶ月、スキンヘッドを維持するのに疲れたぞい。
 ということで、7月から頭を剃るのをやめました。(とにかく、周囲の評判が非常によろしくないです。特に副隊長と猫が拒絶反応!)
 しかし、2ヶ月剃りまくったお陰か、発毛(育毛)のエネルギーはすごい!この3週間、高密度でぐんぐん伸びてくる。
 やっぱり庭木と同じで、たまに剪定するのが必要なのかもしれまへんなぁ〜。

【次郎笈山頂にて(育毛3週間状態)】                  【四等三角点】


 朝飯も遅かったせいか、あんまりお腹がすいてまへん。食事はもう少しあとにしましょうか。
 さて、今から下山だが、次郎笈から北西に下る道は今まで通ったことがない。(っていうか、今まで1回しか次郎笈に登ってないが・・・)
 今回は、この北西方面に下り、次郎笈のトラバース道経由で帰りましょうか!
 ・・・・・・・・やっぱり、このトラバース道は気持ちええですなぁ。

【次郎笈から北西への下り】                       【次郎笈トラバース道】


 この後、どうするか!。以前、丸石へ登ったとき、今回とよく似たルートにしたが、最後にバテてへろへろになってしまった。
 しかし、今回は秘密兵器!味の素製「アミノバイタル」がある!スポーツ持久力に効果があるらしい。
 登山開始から小袋入りのアミノバイタルプロ3600を3袋飲んでいる。そのお陰か、ゆっくり登ったお陰か、とにかくまだまだ余裕がある。
 剣山との鞍部で副隊長差し入れのアミノバイタルプロゼリースーパースポーツを食す。ん〜〜ん、来た来た!エネルギー回復じゃ!
 もうこうなったら、帰りの駄賃で剣山も行きましょうか!

【アミノバイタル3600】                           【アミノバイタルスーパースポーツ】


 次郎笈から遠回りで下って登って、54分で剣山山頂(1955m)到着!
 ん〜?プロトレックで25mずれている。GPSの誤差か?気圧の変化か?。とにかく、25m分補正する。
 
 だいぶん雲が出てきたが、逆に涼しくなってありがたい。足の疲れもまだまだ大丈夫!。
 (結局、疲れも少なく結果オーライなのだが、足踏みマシンが効いたのか、アミノバイタルが効いたのか、ゆっくり歩きが効いたのか、
  それとも全部が効いたのか解らずじまい・・・・・・。まぁ、とにかく次回も3点セットで行きましょか!)

【プロトレック登山標高差500m、高度差25mずれ】           【剣山山頂】


 世間の学生は夏休み。やっぱりお手軽百名山なので、結構な人数が来ている。
 一の森に近い木台に陣取り、昼飯にしましょうか!!。お約束の「金ちゃんヌードル」のお出ましです。
 日本茶を沸かして、これをラーメンに注ぐ。(水でなくても十分いけまっせ!)

【山頂は大賑わい】                             【金ちゃんヌードル大王のお出まし】


 あとは、下るのみ!。ただし、その前にひとつやっておかねばならないことがある!!!!
 ネットの「「山のライブカメラ」で剣山のカメラがあるが、それがどこに設置されている確認すること!
 通常、山のライブカメラは対象の山が写っているもんだが、剣山は剣山自身が写っていない。画面から見ると東方面らしい。
 と言うことは山頂の山小屋前か?・・・・・・・・・あった!ありました。カメラ。たぶんこれ! 写っている方向も東!たぶんこの方面!
 ・・・・でも、思ったより高級そうなカメラがついている。(・・・・その割にはあまり画質がよくないんですが・・・・・)
 とにかく発見!?

【剣山ライブカメラ?】                            【カメラから東方面】


 さぁ、帰るべ、帰るべ!、西島リフト駅へ直下する。しかし、13時をまわっているのに、大勢登ってきますなぁ。
 さすが、お手軽百名山です。あいさつにくたびれてしまった。
 
 西島リフト駅下の幕営地を下ったところでルートが二手に分かれる。今までは右の短いルートしか歩いたことなかったが、
 今回はまだ体力に余裕があるので、1.5倍の距離にはなるが、初めて左ルートで下ってみよ〜か。

 ・・・・・このルート・・・・静かでいいですなぁ♪。人数が圧倒的に少ない・・・・・・・道もきれいに整備されているし、快適じゃ!

 ・・・・・んぐ・・・・・少し前から・・・・いわゆる・・・・・いわゆる・・・・・便意が・・・・・・・
 しまった。アミノ酸飲料を多量に飲むと腹が下るらしい。(今日はめちゃくちゃ摂取したからなぁ・・・・・)
 仕方ない。キジ打ちせねばなるまい。幸運にも、この左ルート、人が少ないことが幸運した。
 ルートから外れ、藪をかき分けかき分け、奥へ奥へ、・・・・・・・・・・それでは、失礼して・・・・・・・・

 ・・・・・・・いや〜、すっきり、すっきり。
 さて、帰りましょうか!。・・・・・・・・静かな道を堪能していたが、結局、リフト直下のトンネル手前で右ルートと合流する。
 この左ルート、距離が長い分、下りが緩く、膝にはやさしいルートやな。(次回から、こっち専門にしよう)

【下りの左ルート:緩い】                          【トンネル手前で合流」】


 登山開始から3時間56分で下山完了。腹は下ったが、足は結構元気なまま降りてこれた。
 さて、次回からどうアミノバイタルとヴァームウォーターを摂取するか・・・・・・・うーーん、問題じゃな。
 (とりあえず、前日のビール飲みすぎはやめよう・・・・・)

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥2380 byパジェロ3000
合   計 ¥2380    

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】