【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-135
山     名:剣山
探  検  日:2010年12月18日
標     高:1955m
登山標高差:552m
累積  標高:664m
三  角  点:一等三角点「剣山」(行政:徳島県那賀郡那賀町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越駐車場発 10:32 0:00 登り
1:22
リフト西島駅 11:14 0:42
山頂到着 11:54 1:22
山頂出発 12:24 1:52 下り
1:06
大剣神社 12:35 2:03
リフト西島駅 12:54 2:23
見ノ越駐車場着 12:30 2:58

見ノ越より剣山を望む

(マップをクリックで拡大します)

1.登山準備

 やましん隊長、現在も引き続き、しっかりメタボ状態を維持している。いや、若干悪化しているかもしれない・・・・m(_ _)m
 今年は本当に山登りが出来なかった。(足踏みマシンによる脳内登山も飽きてしまって続かない・・・・。(気力ダウン↓(T_T))
 いかん!これではいかんぞう!

 それに今月始め、5年間も使ってツルツルになっていたパジェロのスタッドレスタイヤを新調!
 (ブリジストンのBLIZZAK DM-V1。約10万円なり〜)
 せっかく買ったのに雪のない通勤路ばかりではあまりにもったいない!
 ついでに、今年買ったモンベルのレインウエア「ストームクルーザー」(¥22,960)も未使用でリュックの底に眠ったままである!)
 と言うことで、今回は県内で今の時期、雪道を走れる剣山に目標決定!
 ちなみに、剣山には今まで4回登っている。(若かりし時代を入れればもっとあるが・・・記憶が定かでない。)

  2004年7月11日
  2006年8月6日
  2006年12月31日・・・・・・思い出したくない脱輪JAF呼び出しの巻き
  2010年7月24日

 土曜の朝・・・・8時起床。昨夜ネットの天気予報で、剣山は午前中天候が悪く、午後に回復するとあったのでスロースタートである。
 朝飯を食った後8時30分頃自宅を出発する。高速を飛ばし、美馬ICから見ノ越へぐんぐんパジェロは進む。

 標高が800mを越えたあたりから、待ちに待った雪道じゃぁ!!!。今回は脱輪せえへんぞぉ!!!
 まだ新品のブリジストンブリザック!さすがええグリップしてますなぁ!急ブレーキ、急発進など、いろいろ楽しんでみる。

 しかし、対向車が全くない・・・。10時過ぎに見ノ越の駐車場に到着するが・・・・・民宿、お土産物や、リフト・・・すべて冬期休業・・・
 うーーん。でも・・・これはこれでおもしろいかも・・・・。これみよがしに駐車場2階のど真ん中にパジェロを駐車する。

【お待ちかねの雪道】                            【駐車場貸し切り状態】


それでは行きまひょか!!
晩秋用登山服にモンベルのストームクルーザー(レインウェア)をウインドブレーカー代わりに着込む。
(ど派手な黄色はサンフラワーというカラーだが、この色のせいか、定価より大幅値引きでネット通販でゲットした物である。
 一般人ならどん引きするかもしれないが、この色なら遭難してもヘリから発見し易いであろうという事で選択!安さ、実用性一番じゃ!)

冬なら保温材入りハードシェルだろうが、基本的に寒いのは嫌いなので、冬専用装備はあまりそろえていない。
夏冬兼用のレインウェア+ダウンインナーウェアで行くぞ!。とりあえず、スパッツに軽アイゼンも装着し準備万端!

10時32分、剣神社登山口から登り始めるが、雪は期待したほど積もっていない・・・・。汗をかかないようにゆっくりゆっくり登ってゆく。

【やましん隊長初冬細雪装甲】                      【登山道登り始め】


10分も歩くと、やはり暑くなってきた。特に背中が汗ばんできた。仕方ないので、レインウェアの上着を脱ぐ。
登り初めて42分でリフト上の西島駅に到着。まぁまぁのペースですな。
4年前の大晦日、大剣神社ルートでのぼり、あまり人が登っていないため、ラッセルで苦労したため、今回は一番オーソドックスな
直登コースで登ることにする。ゆっくり進むと、刀掛けの松を通過。

【リフト上 西島駅】                              【刀掛けの松】


てなわけで、天候もあまりぱっとしないので、今回のベストショットは軽い樹氷の登山道!(これで勘弁m(_ _)m)

【ベストショット:登山道】


登り初めて1時間15分ほどで山頂直下のヒュッテ通過。おおー!風が冷たいぞう!
山頂へ木道を進んでいくと、一瞬雲が晴れ青空が!!綺麗じゃぁ!

こんな日にも好きな人はおるもんですな。先客2名が山頂付近でラーメン食事中。冬山防寒完全対応。余裕で飯食っている。
やましん隊長には山頂の風が寒いし、耳が冷たくて痛いし・・・・準備不足じゃ・・・・。とりあえずお願いして、証拠写真を撮ってもらう。

【山頂、一瞬の青空】                            【山頂は寒いです】


こんな所に長居は無用。寒い寒い!。あわてて頂上ヒュッテのベンチまで下る。
でも、この場所でも風が・・・風が寒い!。
しかたないので、最終兵器、その昔、4万円もしたインナーダウンジャケットを着込む。傍から見ると、マシュマロマン状態・・・・・

さぁ、それではお・や・く・そ・く!。金ちゃんヌードルの登場・・・・・だが・・・やっぱり寒いぞぉ!!
慌てて湯を沸かすが、ガス残量が少なくカートリッジが冷えているため、火力が・・火力が弱い・・・・・・m(_ _)m
仕方がないので、手袋を脱いで、冷たいガスボンベを暖める・・・・・・ひょえぇぇぇ〜冷たいぞぉ!!

手でカートリッジを暖めて、炎で手を温めてを繰り返し、なんとかお湯が沸いた!
おーーっと、強風で金ちゃんヌードルのフタが転がってゆく!待たんか!こらぁ!

10分ほどの死闘の結果、ラーメン完成。冷え切ったおにぎり2個とややぬるい金ちゃんヌードルを急いで食う!5分で完食!
さぁ!食ったからにはこんな所に長居は無用!とっとと降りることにする。

同じ道を帰ってもおもしろくないし、今日の積雪なら、どのルートでも下山は可能!大剣神社経由、西島駅からは長い遊歩道コースで
見ノ越まで下ることにする。

【お寒いお食事準備】                            【大剣神社】


途中、毎度の事ながら腹が下り、西島駅のトイレを借りる事になった。
いかん!、最近、山で飯を食った後、なぜが腹が下る癖がついてしまった。

何はともあれ、2時間58分で下山完了!
お風呂であてにしていた「ラフォーレつるぎ」はやはり冬期休業・・・・(T_T)。
そのまま、自宅へ直帰。

※ここ最近、山登りをサボっていたので、登山アイテムが足りていない!
  冬山装備、ウェアも含めて、装備充実を図るぞ!(副隊長には内緒・・・)

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥2400 byパジェロ3000
高速代 ¥500  
食料、飲料 ¥748 おにぎり、金ちゃんヌードル、飲料水
合   計 ¥3648    

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】