【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-136
山     名:
探  検  日:2011年3月19日
標     高:530.9m
登山標高差:415m
累積  標高:819m
三  角  点:三等三角点「鎧」(行政:徳島県阿波市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
スポーツ公園出発 9:49 0:00 登り
1:50
稜線四国の道通過 11:13 1:24
鎧、三角点通過 11:39 1:50
林道へ出る 12:29 2:40 下り
2:19
スポーツ公園帰着 13:58 4:09

縦走路遠景

(マップをクリックで拡大します)

1.ひさびさ山歩き

 やましん隊長、体重が・・・・体重が順調に増加・・・・。しかし寒いのでコタツに入って食っちゃ寝、食っちゃ寝。
 このままでは、また成人病検診で赤点になってしまう・・・・・(T_T)
 それに、ストレス発散のために山に行きたい・・・・山歩きしたいぞう!
 とはいっても、まだ高い山は雪いっぱいだし、里山ごときに遠方まで行くのは、パジェロの燃費からみて超無駄遣い!

 ですんで、あまり移動距離もなく、既に3回登っている阿波市の緑の丘スポーツ公園発、三角点「鎧」のある山にでも行きましょうか!
 実は、先日、鈴川ダム近辺をウォーキングしていると、気になる山道を発見!
 何の準備もしていなかったので、400mほどで引き返したが、いつもの「四国のみち」(沢沿いに登るルート)ではなく、
 尾根道で稜線まで登れそうな予感!!(これは、興味津々)。今回のターゲットはこの新ルート開拓である!。

 (2009年3月8日。「四国の道」コースで登ってあとは今回と同じルートで下っている。比較してちょーだい。)

2.出発
 さぁて、3月の3連休初日!天気は快晴!明日は雨の予報。これは是非とも今日行かねば!
 昨日の飲み会で、少々脱水気味だったので、水分を取りまくり、朝9時自宅出発!
 サンクスでおにぎり、飲料水、金ちゃんヌードルを買い込み、いざ!緑の丘スポーツ公園へ!!

 いやー、ほんとに久しぶり。足踏みマシンの脳内登山トレーニングも、たまーにしかやってないし・・・・
 とはいっても、今日の登山は標高差400m程度。楽勝♪楽勝♪
 登山靴も履いて、GPSも受信感度良好。9時48分登山開始!

 公園からとにかく北の山へ向かって進む。進入禁止の鎖も越え、しばらく進むと右手に分岐があるが、これは果樹園行きの道なのでパス。
 (先日、調査済みである。)
 鈴川ダムのちょっと手前でやはり右手にV字で登る山道に到着!ここからが本番です。

【阿波市、緑の丘スポーツ公園】                     【いつものルートから外れる山道】


 さて、汗をかかないようにゆっくり行こう・・とは思うのだが、知らない間にハイペースでゼイゼイ息が切れている。
 小さな尾根を巻いて、奥の沢沿いに道は続いている。
 と、そこでなぜか小さな木を切っている爺さん発見。「おたく、どこ行っきょんで」と聞いてくるので、「上の山まで」と答えたが、
 ものすごーーく怪しい者でも見る目つきで観察された。まぁ、こんなへんぴな里山をわざわざ登りに来る物好きはそうおらんわなぁ(^_^;)

 とりあえずこの爺さんから役に立たない山道情報を教えてもらい、先に進む。
 10分ほど登るともう一つ東の尾根に道が続いている。
 GPSと地図で見ると、この尾根を直登すれば、稜線までは一直線!道は明瞭、適度に木が伐採されているので見晴らしも良い。
 ひじょーに快適に尾根道をぐんぐん上ってゆく。(ここまでがうまくいきすぎ。このあとでえらいしんどい目に遭うとは・・・)

【山道は続く】                                【ひとつ東の尾根道、明るい!】


 おおーっ、高越山の奥には雪を抱く剣山、一の森がよく見える。来月ぐらいには登に行けそうじゃな。

 ゲゲッ・・・・・快適だった尾根道を仰ぎ見ると・・・・いやーな雑木林が・・・・・
 山道は直角に折れ、東方面に下るルートしかなく、尾根の直登は藪コギ必至か??。
 
 まぁ、これはある程度覚悟していたこと!。行くしかない!!!
 やましん隊長、木々、蔓、イバラをかき分け、尾根の道なき道を登る! しっかし藪コギでは一気にペースが落ちる。
 えぇい、この枝、邪魔!。障害物をくぐったり、踏み越えたりで息が切れる(ゼイゼイゼイ!)
 やっぱ、道なき道はいつもの事ながらしんどいですなぁ〜。

【振り返ると四国山地に「雪が残る】                   【道なき尾根(藪コギ中)】


 藪コギ中、何度か「あれ?これ踏み跡?」と思うところが何カ所もあるが、またすぐに藪になる。
 約35分の藪との格闘の末、ひょっこり伐採地に飛び出す。あまりの変化に思わずびっくり。正面に採石場が見える。
 GPSで確認すると稜線のすぐ近くまで登ってきている。伐採地の横の道を進むと、以前見た「四国のみち」の案内板がお出迎え〜♪
 やった〜♪。やっと稜線到着。

【伐採地】                                  【「四国のみち」の案内板が】


 しかしここには今まで2度来ているが、以前は伐採はされていなかった。
 っていうより、ここの「四国のみち(四国自然歩道:環境省ルート)」、ものすごーく、というか、まったく見晴らしが 良くなかった!
 環境省が展望場所として木々を伐採してくれたのか??(環境破壊の気もするが、これで少しはこのルートの魅力がアップした感じ。)
 ・・・・・・・って一瞬思ったけど、西へ20m「四国のみち」を進むと倒木のバリケード・・・・・なんじゃこりゃ・・・
 (環境省〜。作ったなら、維持整備してほしいと思う。鈴川ダムから稜線までの登りルートも傷んでもほったらかし。)

【伐採箇所】                                【「四国のみち」ではよくある倒木】


 さぁて、このあとどうしましょうか?時間はまだ11時。このまま、崩れかけている「四国のみち」で鈴川ダムまで下るのも手だが、
 ひさびさの山歩きなので、鎧経由で西山下りコースへ突入する。

 ・・・・やっぱりここも変わってまへんなぁ。藪です。ヤブ!。
 小枝をかき分け、へし折り、踏み越え、、GPSをたよりにやっとこの山最高点?の三等三角点「鎧」に到着!
 ここに来たのは3回目だが、来るたびに、鬱蒼としてしてきている感じがする。(全く見晴らし無し!)

 さて、この後は、稜線を外れずにく西へ進めば林道へ出るはず。
 三角点から数分で、以前も写真に撮った泥池がお出迎え〜。
 こんな山頂になんで池が・・・・といつも思う。イノシシの水浴び場か??

【三角点:鎧】                                【山頂の泥池:謎じゃ】


 稜線を上り下りしながら次第に高度を下げてゆく。
 時間が12時になったので、お約束の「金ちゃんヌードルターイム」。今日はほうじ茶で作ってみる。
 うーーん、少し苦いのが逆にいい感じになっている。おにぎり2個食し、エネルギー充填完了。

 あとは長ーーい下りとアスファルト道歩き。これがまた足に堪える。
 結局4時間9分で道なき尾根と「鎧」縦走を終える。

 いやー、ヤブで顔や手がひっかき傷だらけじゃ。疲れた。疲れた。

【昼食タイム】                                【林道途中より徳島方面の眺め】


 
3ヶ月ぶりの足慣らし。ちょっと頑張り過ぎたかも・・・。足の筋肉がいたい・・・・

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥100 byパジェロ3000
食料、飲料 ¥1148 おにぎり、金ちゃんヌードル、飲料水
合   計 ¥1248    

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】