【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-138
山     名:大麻山〜卯辰越
探  検  日:2011年5月7日
標     高:538m
登山標高差:491m
累積  標高:626m
三  角  点:四等三角点「大川筋」(行政:徳島県鳴門市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
大麻神社駐車場発 8:33 0:00 登り
1:11
大麻山山頂着 9:44 1:11
卯辰越 10:48 2:15 下り
1:42
大麻神社駐車場着 11:26 2:53

(マップをクリックで拡大します)

1.メタボ隊長、地道な努力・・・
3日前の剣山〜一ノ森登山でやましん隊長の衰えぶりは嫌と言うほど解った。さて、5月後半の三嶺登山へ向けて、これはまずい。
仕方がないので、地道にトレーニングしましょうか?・・・・・ということで、今回は近場の大麻山で、3日前の山行のリハビリ登山と行きましょう。

大麻山は今まで何度も登っている。細かな説明は省くので、過去の登山記録を参照してちょーだい。

2004年10月10日(神社駐車場より山頂ピストン)
2007年7月16日(卯辰越より山頂へのピストン)
2009年2月15日(神社駐車場〜山頂〜卯辰越〜神社駐車場)
2009年12月5日(登山口より山頂ピストン)

昨夜は早めに寝たお陰で目が早く覚めてしまった。あまり腹も減っていないし、目標が近場の里山なので、朝飯抜きで減量登山とする。
8時20分、大麻比古神社の大駐車場に到着。朝にもかかわらず、参拝者が居る。
一応、通常の、登山準備をして、8時33分に出発!

まずは、神社の境内に進む。朝の神事か、本殿で神主達が詔(みことのり)をあげている。(ご苦労様です)
今回の目標が大麻山山頂でそこに奥宮があるので、本殿は拝みもせずに素通りする。
境内の林を抜け、畑の間の道を北へ進むと、大麻山の登山口の鳥居があり、既に車が数台駐車している。

早速登り始めるが、近所の人達の日常参拝登山だろうか、何人もの年配者が下ってくる。(元気な老人やなぁ?)

この大麻山は標高は500m程度と低いが、階段が多く、登りは結構きつい。この時期にTシャツ1枚でもすぐに汗が噴く出す。
例のごとく、ゆっくり小股歩行を心掛けて登ってゆく。途中、見晴らしの良い場所で振り返ると、映画「バルトの楽園」のセットが見える。
今でも公開しているのだろうか?。

【大麻比古神社境内東の奥宮への道】                 【左下にロケセットが見える】


駐車場からダラダラ登ること1時間11分、大麻山山頂の奥宮峰神社到着。前回前々回、と比べると、やっぱり少し遅い。
まぁこのメタボ大魔王の体型ではやむを得まい。とりあえず、ほぼ休憩なしで登ってこられた事で良しとしよう!
しかい、奥宮の壁に貼ってある日本国旗は何でしょか??(祝日はこの前終わったよなぁ?)

おやぁ?山頂に猫が・・・・・こんな山のてっぺんに、なぜ???
ちょうど、少し先に登っていた若い男性に聞くと、昨年の秋頃にもここに居着いて、神社より餌をやらないように言われているらしい。
かなり痩せており、餌をねだって近寄ってくるが、神社の意向なら仕方がない。しかし、我家の猫と顔がよく似て、ぶさいくやなぁ。

【山頂、奥宮】                                【山頂に居着く猫、人なつっこい】


さて、時刻はまだ10時前。一応、棒ラーメンとストーブ、コッヘルは持って来ているが、なんか腹が空かないので、このまま下ることにする。
ただ、せっかくのトレーニング登山。ピストン下山ではおもしろくないし、効果も薄い。
この後は、山頂から北へ下り、卯辰越経由で、駐車場まで帰ることにしよう。

ケルンまで下り、巻き道から卯辰越への「四国のみち」へ進む。ここでも、結構な人数が登ってきてすれ違う。

「この里山は、もうこの季節では暑いでしょう!。もうちょっと高い山へ行ったら?」と思うが、自分も来ているので何も言えない。
途中、見晴らしの良いベンチがあったので、パノラマ写真を撮影する。

【北方面(パノラマ3枚合成)、グランディ鳴門のゴルフコースやエクシブ鳴門の建物が見える。瀬戸内海〜♪】


【南東方面(パノラマ3枚合成)、徳島市内方面、中央は眉山やな?】


どどーっと下って〜ちょっと登って〜を繰り返し、高度を下げていく。
東屋がある休憩所横に例のごとく、四等三角点「大川筋」(290.73m)健在確認!。
さぁ、あともう少しじゃ。「をたつの祠」を通過する。ここが「旧卯辰越」かな?

【四等三角点】                                【をたつの祠】


山頂から、ちょうど1時間で卯辰越に到着到着。ここまでのルートは以前来たときと全然変わってまへん。
その後は、足に堪えるアスファルト道をダラダラ〜ダラダラ〜下る。足がしんどいなぁ。
38分、アスファルト道を下ると、やっと駐車場に帰着。

おやぁ?駐車場のゲート下に・・・・サル?!、・・・・猿ですな!
ゆっくり近づくと、すぐそばの木に登って、今度はこちらが観察されている。・・・もしかして山頂の猫同様、餌をねだっているのか?
近くで何枚も写真を撮っても一向に逃げない。しかし、山頂の猫の方がかわいかったので、何もやらずにバイバイする。

【卯辰越】                                  【駐車場にお猿さん】


近頃思うこと・・・・。それはせっかく山に登って汗をかいた時は、多少面倒くさくても、帰りに近くの温泉も楽しむということ!
去年なんかは、下山後、もう、面倒くさいのでそのまま帰っちゃえ!っとなっていが・・・・。やはりそれではいかん!!
先日、剣山登山後に入ったお風呂はやっぱり〜、やっぱり気持ちよかった〜。

まだ昼前ではあるが、今回はすぐそばの「あせび温泉 やすらぎの郷」に直行する。入浴料500円!
スキンヘッドが少し生えてきていたので、ついでに頭も剃る。(ちょっと人目が気になるが、この際どうでもいい!)
しかし、お出かけ用は超古いシェーバー(Schick ULTRA 2枚刃)だったので、そり跡が痛い!頭がヒリヒリするぞ!。)
次は新しいのを買って持って行くぞ!(でも、最近の4枚刃、5枚刃は代刃が高い!枚数が増えるたび、高くなる。なんとかならんか!)

【あせび温泉】


結局、朝飯抜き、山歩き、昼飯抜きでがんばったが、晩はビール三昧。(これを「もとの木阿弥」という・・・・)
とりあえず、トレーニング続行するぞ!

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥800 byパジェロ3000
風呂代 ¥500 あせび温泉入浴代
合   計 ¥1300    

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】