【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-139
山     名:石鎚山日本百名山no,94
探  検  日:2011年5月13日
標     高:1982m
登山標高差:483m
累積  標高:1057m
三  角  点:該当なし
登山時間データ 時刻 時間 備考
土小屋駐車場発 5:39 0:00 登り
2:00
弥山山頂着 7:23 1:44
天狗岳山頂着 7:39 2:00
天狗岳山頂発 7:50 2:11 下り
1:44
弥山山頂通過 7:58 2:19
土小屋駐車場着 9:34 3:55
※前日登山口車中泊、早朝突貫モード

(マップをクリックで拡大します)

1.メタボ隊長、減量が進まないので筋力アップへ方向転換
やましん隊長、今までの減量と言えば・・・ 1に食事制限、2に断ビール、3に適度な運動、4に・・・山じゃ!
いままではこれで2ヶ月ほどで10kgは体重が落ちたのに・・・・・・。今回はなかなか落ちません・・・と言うより現状維持?

なぜかというと・・・・食欲に勝てまへん!ついつい食ってしまう。このままでは、せっかくの三嶺登山へのお誘いで、お荷物状態になってしまう。
どうしよう・・・・・・・・40代後半になり、無理なダイエットはもう出来ないのか??。・・・・・・しかたない!開き直るか!?

そういえば、以前、どこかのホームページで、「登山へのトレーニングは登山しかない。」と書いてあった事を思い出したぞ!
とにかく、登れりゃええんです。肥えてようが、エロ坊主だろうが登れればOK!。
登山で肉体改造!脂身から筋肉へ!。行くぞ!山へ!

というわけで、5月初めより、【剣山・一ノ森】【大麻山】とトレーニング登山を続けてきたが、今回は目標は石鎚山!
石鎚山は、やましん隊長がまだ登山と始めた頃、2004年9月に一度登っている。
その時には翌日以降、足の筋肉痛で数日ボロボロ状態になった記憶がある。
とりあえず、まずは石鎚山に登ってみて、6年前と体力比較してみましょうか!

目標は決まった!。ただ、心配なのは先日の【剣山・一ノ森】登山の時の混雑ぶり。出遅れると駐車場が一杯になってしまう。
今回も土小屋から登るつもりだが、紅葉の時期の【筒上山・岩黒山】登山でも車の置き場所に困った。
明日も混むやろなぁ〜。しかたないなぁ〜。久しぶりに登山口前泊モードで行きましょうか!

2.いざ石鎚へ
以前と比較のため、今回も土小屋から登ることにする。

金曜日、20時30分に自宅を出発。高速をぶっ飛ばし、途中ローソンでいろいろ買い込み、寒風山トンネルから瓶が森林道へ突入する。
が・・・・・・旧寒風山トンネル出口の桑瀬峠への登山口駐車場(瓶が森林道入口)には1台も車が駐車していない。
(寒風山、笹ヶ峰、伊予富士などに登る人が前泊していると思ったが、1台もいないとは残念)

23時30分、やっと土小屋へ到着!。さすがにここには車が5台程度並んでいる。
カーテンを閉めて就寝している車もあるようなので、すぐにエンジンを切り、ひとり宴会と寝る準備をする。

携帯ラジオをつけてみるが、結局、中国、北京の日本語放送しか入らなかった。
弁当、サラミ、ビール3缶で0時30分に就寝。(モンベルの#1寝袋でぬくぬく〜。ぐーすかぴ〜)

【パジェロ移動中。ぶれてます】                       【登山口前泊:一人宴会】


3.登山開始
4時30分、トイレに行きたくて目覚める。車から出ると風が強いし寒いなぁ〜。今日は快晴の天気予報のはずなんだが・・・・
もう一度寝袋に入るが、結局眠れず、5時にパジェロを便所そばのロータリーから登山者用駐車場へ移動させる。

外気温は5℃、しかし風が強いのでもっと寒く感じる。パジェロの中で上着、ズボンを山用に着替える。
しかし、ウインドブレーカーはどうしようか?。天気予報では今日は平地では25℃を越えるとのこと。
山頂でも10℃以上か。しばし悩んだ結果、寒い場合はレインウエア-のストームクルーザーにがんばってもらうということで、
持って行かないことにする。
(荷物を少しでも減らしたかったが、この結果、あとで風邪気味になってしまった。
 ペットボトルを2本減らした方がよっぽど良かったと後悔するはめになる。)

【駐車場にて出発準備、奥に石鎚が見える】              【土小屋にて朝日登場!】


しかし、・・・・しかし・・・・・!寒い!寒いぞ!
土小屋コースは前半なだらかなコースが続くが、場所によって強風で体温が奪われる。
寒い時はレインウエアを着るはずだったが、ザックの底のウェアを出すのが面倒くさい。北西方向からの強風がなかなか収まらない。
天気予報では今日は風もやみ、快晴のはずなんだが・・・・・・(T_T)

おっと、何度か雪渓を通過したが、二ノ鎖元小屋手前ではスノーブリッジになっている。怖え〜〜。帰り道、大丈夫だろうか。
(やましん隊長は雪山が嫌い。危険なこと嫌い。) ひやひやしながら、そーっと踏み跡通り通過する。

やっと二ノ鎖元小屋に到着し、この中でレインウエアの上着を取り出し着込む。(この時点で既に鼻水、、くしゃみ状態。遅いっちゅうねん。)
この後、鎖場だが、今のメタボ状態では絶対登れない自信があるので、迷うことなく巻き道(階段)を選択する。

【スノーブリッジ】                               【鎖場逃避、階段を選択】


階段も中盤まで上ってくると見晴らしの良い所から石鎚の主峰、天狗岳のオーバーハングの絶壁が見える。
後もう少し・・・・・。ゆっくり階段を上って、土小屋から1時間44分で弥山に到着!ここも寒い!
神社横の最高地点まで行ってみるが、強風と疲れでフラフラし、転落しそうになるので慌てて降りる。

【鎖場途中から天狗岳を望む】                      【弥山到着】


さあ、あとはこの西日本最高峰へナイフリッジを進むだけ・・・・・・・。(風が強いので怖いが・・・・)
前回登ったときは、ザックは弥山に置いていっている。(帰ってから記録を見て思い出した。)
たが、今日はGPSを付け替えるのが面倒くさいのでザックを担いだまま行くことにする。(これが失敗)
その上、今日はほんとに寒かった。ザックの中のペットボトルは1本しか減っていないので、全然軽くなっていない。

登りでだいぶ足に来ている上、強風、重いザックでバランスを崩しそうになること2,3回。
ひょぇー、やっぱり弥山にザックを置いてくれば良かった・・・・・・・(T_T)
途中で岩と灌木の間の道を見誤り、結局、岩の上を四つん這いで進むことも数度・・・・・・怖えぇ〜。

【さぁて、最後の天狗岳へ】                        【途中で振り返ると弥山が見える】


へっぴり腰で進むこと15分、登り始めてちょうど2時間で天狗岳山頂到着!
先客も帰ってしまい、一人っきりの山頂。うーーん、証拠写真が欲しい。しかし頼む人も居ない。
いろんな所にカメラを置いて撮影を試みるがなかなかきちんと撮れない。
祠の賽銭箱や屋根の端にカメラを置くがなかなか弥山と自分がきちんと写らない。
(後で考えると、相当、神様を冒とくしている行為である。よくバチが当たらなかったものである。石鎚の神様、スンマヘンm(_ _)m)

【天狗岳山頂の祠】                             【偶然撮れた1枚:少しピンボケ】


さて、来たからには帰らねばならない。案の定、帰りも道でも迷いナイフリッジの端を進む羽目になる。
この際と思い、手を伸ばして崖下の写真を撮るが、強風も高度感も表現できていない。(残念)
しかし、1度通った道、最後の鎖を登り、行きの半分の8分で弥山に帰着。緊張が一気に解け、ぐったりする。
いやー、やっぱりやましん隊長は高所恐怖症かも・・・・

【ナイフリッジから直下を撮す】                      【弥山直下鎖へ帰着】


さて時刻は・・・・まだ朝の8時・・・・・大量のペットボトルと共に、おにぎり、金ちゃんヌードルもお持ち帰りとなる。(今回は出番無し!)

スノーブリッジも再度、ヒヤヒヤしながら渡り、後は土小屋へ向けてダラダラ下って行く。
この時刻になると風が・・・・・風がほとんど無い・・・・・・全く寒くない。くっそー!。暑いのでレインウエアをザックにしまう。

その後、多くの登山客とすれ違う。そのお目当ては、所々で寂しく咲いているピンクの花らしい。
やましん隊長は花には全く興味がないのでその花の名前を知らない。(特に知りたくもない。)
その後も、カメラを持った登山客が登山道のあちこちで写真を撮りまくっているのとすれ違う。そんなにありがたい花なんだろうか?
一組の夫婦に花の名前を尋ねると、知らないことに驚いた様子で「アケボノツツジですよ。」と教えてくれた。
とにかく、花の名前を知らなかったことが信じられない様子であった。さすがに名前だけは知っていたが、この花がそれとは知るよしも無し。
なんかくやしいので、大きい写真で2枚載せときます。これが「アケボノツツジ」だそうです!

【アケボノツツジ−1】


【アケボノツツジ−2】


もう後少しで土小屋という所まで帰って来ると、「展望園地」分岐の看板発見。70m先とのことで、行って見る。
ちょこっと登ると開けた場所に出て、石鎚から瓶が森、岩黒山の見晴らしがよい。が、園地と言うほどの事もない。

【展望園地より瓶が森を望む】                       【ここが展望園地です】


土小屋帰着完了!・・・・・登り始めて3時間55分。飯も食わなかったし、ほとんど休憩もしなかったためか、前回より短いタイムで登山終了。
前泊して登ったかいがありました。
ロータリーにはやはり車が多い。アケボノツツジ目当ての客か・・・・。

出発前におにぎり一個しか食わなかったので腹が減った。すでに食堂が開いており、カレーライスやラーメンの幟(のぼり)も出ているが、
ザックにはおにぎり3個が残っている。・・・・・・カレーライスかラーメン(インスタントじゃないやつ)、食いたかったよう・・・・・・

【土小屋帰着】


仕方がないので、3個のおにぎりを食べつつ、瓶が森林道を帰る。
道途中で、土小屋から石鎚への登山ルートが展望できる場所があったので撮影する。

【土小屋〜石鎚山の展望】


やっぱり瓶が森林道は気持ちいいですなぁ!
・・・・・・おっと、路肩駐車車両が・・・・・。ここでも「アケボノツツジ」を撮影する人がたくさんいる。道をうろうろしているので轢きそうになる。
また、林道横の崖の岩に登ってデジタル一眼で接写している爺さん達もいるが、落ちたら死ぬやろ!
そこまでして写真にとらなあかん花か?と疑問に思う。

注意しつつ、林道を終え、寒風山トンネル南まで降りてきた。
今日は強風の寒さで凍え、それほど汗をかいていないが、お約束の風呂に向かう。
道の駅「木の香」にある「木の香温泉」。大人600円と、ちと高めだが、ちょうどオープン時刻で貸し切り状態だったので良しとしよう。

【瓶が森林道:帰り】                             【木の香温泉】


久しぶりの前泊登山、登山口での深夜の一人宴会も堪能できた。まあまあでした。
とりあえず、トレーニング続行するぞ!

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥6100 byパジェロ3000
高速代 ¥3050 平日夜間、休日特別割引適用
飲物、食料、アルコール ¥2841 前泊宴会ビール、弁当、あて、おにぎり、金ちゃんヌードル
風呂代 ¥600 木の香温泉入浴代
合   計 ¥12591    

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】