【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-141
山     名:雨飾山日本百名山no,31
登  山  日:2011年9月23日
標     高:1963m
登山標高差: 792m
累積  標高:1203m
三  角  点:二等三角点「雨飾山」(行政:新潟県糸魚川市)
        
登山時間データ 時刻 時間 備考
駐車場登山口出発 6:09 0:00 登り
3:24
荒菅沢 7:36 1:33
笹平 9:00 2:51
雨飾山山頂着 9:33 3:24
雨飾山山頂発 10:06 3:57 下り
2:49
荒菅沢 11:35 5:26
駐車場登山口帰着 12:55 6:46
※夜行移動、徹夜突貫モード

荒菅沢から曇天を望む(T_T)

(マウスクリックで拡大します)

1.目標決定。しかし!
 う〜〜〜。夏が、夏が終わってしまった。夏山シーズンが・・・・。今年もアルプスに行けなかった・・・・・・・。
 しかし、このまま終わってしまってはあまりにも楽しみのない年になってしまう。やはりひとつでも登っておかねば!

 ということで、毎度々々、パジェロにて行けそうな百名山を探す。・・・・でも、行けそうな所は既にほぼ登山済み。
 残っているのは九州の祖母山か、ちょっと遠くて厳しいが長野近辺しかない。
 とりあえず、九州の祖母山と、登りやすそうな新潟の雨飾山の資料をそろえ、いつでも出発できるように
 パジェロに登山道具一式をぶち込み、日々仕事にいそしむ。
 
 だが、待ちに待った9月17〜19日は台風12号でだめぇ〜〜(T_T)。・・・・お天気には勝てまへん。(T_T)
 一週間我慢して、再度近づいてきた三連休!。しかし!またまた台風15号が日本列島を縦断!
 木曜日に北海道まで抜けきったが、日本各地にまだ影響が残っている。九州の祖母山は火山灰のぬかるみ状態だろう。
 残るは新潟の雨飾山!名前に一抹の不安があるが、百名山なら多少の豪雨で道もしっかりしているでしょう!
 ふもとの小谷(おたり)村も土曜日の予報は晴れ!今回は百名山、雨飾山に行くとしますか!

2.移動
 今回は北陸道経由で一気に新潟県糸魚川市まで行くため、三連休の前日の木曜日、午後半日休暇を申請した。
 とはいっても、13時に会議があったため、これに出席した後、14時30分に徳島を出発!
 台風15号は北海道沖で既に温帯低気圧になった模様!これなら新潟も行けそう!?

 パジェロをぶっ飛ばし、明石海峡大橋を渡り本州へ突入!。快調!快調!
 どれどれ、高速道路の状況はと・・・・・・・・なっ、なんと!北陸道!朝日IC〜糸魚川ICが雨のため通行止め???
 がびょーーん!(T_T)。晴れの予報はなんだったんだ・・・・・・。
 えぇーい!悩んだところで仕方がない。とにかく前に進む!途中、サービスエリアで情報収集するが、なかなか開通しない。
 それどころか、並行して走る国道8号線まで通行止め!陸路完全ストーップ!。これはやばい!
 米原ジャンクション手前の多賀サービスエリアで一時休憩して考える。
 中央道から長野経由で日本海にぐるりとまわるか、このまま北陸道を進み開通を待つか・・・・・・・。
 ・・・・・・結局、豪雨がやまないと山には登れないので、結果は同じということで北陸道へ突入する!

 富山の有磯海サービスエリアで最後の給油をしたが、一般国道8号線がやっと開通したと情報を入手!ラッキー!
 いさんで朝日ICを降るが、結局、親不知の海岸沿いで大渋滞に巻き込まれ1時間も浪費する。(眠いぞ〜!疲れたぞ〜!)
 やっとこさ糸魚川市まで到着。へろへろ〜〜。早速、コンビニでビールとあてを購入するが・・・・・・・・・・
 翌日の登山用のおにぎりがひとつもない!!。国道不通で待ちくたびれたドライバーが一気に購入した模様。
 しかたがないので、ドーナツとかハンバーガーとかを買う。(結局、これらは食べずに捨ててしまうのだが・・・)
 天気はやっぱりというか、高速道、国道が止まるほどの雨!・・・・雨のバカヤロー!
 その後、登山口の雨飾キャンプ場に24時に到着!(結局、徳島から9時間半もかかってしまった!。)

 登山口には先客の車が6〜7台、駐車場はまだまだ余裕がある。迷惑をかけないようすぐにエンジンを止め、一人宴会開始。
 ビール3缶で深夜1時に就寝。3時に一度、トイレに起きるが、まだ雨が続いている。引き続き寝る!(ぐ〜すかぴ〜)

 ・・・・んっ?なにやら外が騒がしいなぁ?。おや?外が明るい!時計を見ると5時30分。団体さんご一行が既に出発しようとしている。
 空は・・・どんよりとした曇り空。後ほど天気が良くなるだろうとは思いつつ、登山準備を進める。

【いつもの一人宴会】                            【翌朝:キャンプ場駐車場】


3.登山開始
 さぁて、2年ぶりの百名山!。少し天気は悪いが頂きましょうか!
 登山道は便所とアスファルト道の間を入って行く。少し下ると湿原となり、木道が整備されている。
 (この木道、アサヒビールからの寄付金で整備されているとの看板有り。)
 しっかし、小雨は降ってくるし、木道は滑りそうなので慎重に進む。

【登山道入り口】                               【湿原の木道】


 湿原を過ぎると結構急な登りが始まる。ぬれた道は登りにくい。
 うーん、早めにレインウェアを着るべきか・・・。結局着ずに登り続ける。
 既にTシャツ・ズボンは汗びっしょり。暑いのか冷たいのか判らなくなってくる。
 急坂をこなすと緩い登りになり、歩きやすくなる。雨は降ったりやんだり。何とか晴れんかのう。

【急坂】                                     【緩くなると歩きやすい】


 しばらく進むと団体さんに追いつく。しんがりを勤めるガイドさんに聞くと、東京からのツアーらしい。
 ゆっくり歩きたかったので、後をついて行くことにする。
 
 一旦下ると、登り始めて1時間半で荒菅沢に到着。昨日の大雨で増水で渡れるか不安だったが、水量はたいしたことはない。
 これを過ぎると、また登りになる。始めはまだそれほどでもないが、だんだん険しい登りになってくる。
 休憩中、ツアーリーダーから、ついてくるなら熊よけの鈴を外すよう言われる。いやがる人も居るんですな。

 しかし、この団体さん、年配の方がほとんどと思うが、持久力があると言うか、休憩を挟みつつもぐんぐん登って行く。
 やましん隊長、少し離されて置いてきぼりを食ってしまった。この時点でかなり疲労が・・・・・・。

 いやぁー、最近の年寄りは元気やなぁと感心するが、実はやましん隊長がデブで肝臓がフォアグラで、筋肉が霜降りで
 トレーニング不足である事は明白である。この時点で、ツアーについて行くのを諦める。(情けないぞぅ!やましん隊長!)

 ここで雨が激しくなってきたので、遅ればせながらレインウェアを着る。(しかし、すでに霧雨と汗でシャツもズボンもぐっしょりなんだが)

 険しい登りを過ぎ、県境の稜線に出ると、平坦な笹道になる。晴れていたら見晴らしがいいんだろうなぁとぼけーっとする。
 いかんいかん、早く登らねば。しかし、体が重い。やっぱり痩せんとあきまへんなぁ!
 完全に霧に囲まれ、距離感がないが、途中で笹平の看板を通過する。

【荒菅沢】                                   【笹平】


 この笹平のコルを過ぎると、最後に登りが待っている。これが体に堪える。登っては休みを繰り返し、やっとこさ山頂部に到着する。
 ここで、先ほどの団体さんが下山を始め、すれ違う。
 たぶん、「あら、今頃到着?お若いのに遅いわねえ」と心の中で思っているんだろうなぁと、ひとりひがむ。

 なにはともあれ、登り切ったぞ!。先に右側の峰(と言うほどの物でもないが)に行く。石仏が霧の中でぼーっと立っている。
 写真だけ撮って、左峰の山頂へ進む。

【右の峰】                                   【山頂】


 登り始めて3時間24分!雨の中、やっとたどり着きました!
 雨飾山(1963m)山頂到着!。二等三角点「雨飾山」も確認!
 疲れた〜。やはり体重を10kg絞らないとあきまへんな。よう判りました。

 他人のホームページなどを見ると、雨飾山は結構、高度感のある山で、360度の大展望が得られるはずであったが・・・・、
 周りはまーっ白。なーんも見えまへん。ただ、百名山のひとつを消化しただけで、これではやましん隊長、不完全燃焼!

 しかたがないので、例のやつ、金ちゃんヌードル大魔王にお出まし頂きましょう!
 またまた雨が降ってきたが、お湯を沸かし、やましん隊長、新潟県の百名山山頂(霧雨の中)で金ちゃんヌードルを食う!(少しは満足)

【三角点】                                   【食う隊長】


 さて、登ってきたからには、下らねば・・・・・・。しかし、既に疲労が・・・・・かなりバテバテ。
 濡れた山道の下山は、登り以上に神経を使う。岩に滑り、木の根に滑り、泥に滑りながら、とにかく転倒しないように慎重に下る。
 でも、だんだんヒザが・・・・・ヒザが痛くなってきた。この長い下り、なんとかならんかぁ!

 荒菅沢付近まで下ってくると、青空が顔を出すが、またすぐに小雨が降り出す。
 やっと、荒菅沢を過ぎたところで、登山口まで95分の表示。まだ95分もかかるんかい!足が、ヒザが痛いぞぅ!

【濡れた下山道】                               【青空が・・・】


 長かった・・・・。やっと登山口付近の湿地帯まで降りてきた。ここでも、明るい太陽が降り注いでいるのに、霧雨が降っている。
 ふーっ、帰り着きました。登り始めから6時間49分で雨飾山、下山完了!
 高速道路も含め、まさに雨にたたられ、予想以上に苦労した山でした。個人的にこの山を雨祟山(あめたたりやま)と覚えるぞ!
 展望を拝めなかったのが残念だが、まぁ雨の中、無事に下山できたので良しとしましょうか。

【晴れ間の霧雨:狐の嫁入り?】                      【下山完了】


 便所前に用意してくれてある水ホースで、登山靴、レインウェアの泥を、ある程度落とす。(こりゃ、帰って洗濯せにゃあきませんな)
 さぁ、お風呂じゃ!登山口からすぐの、小谷(おたり)温泉奥の湯「雨飾荘」にて風呂を借りる。(500円也)
 内湯は結構熱め。ちょっと肌がぬるっとするのでアルカリ泉かと思ったが、pH7.0のナトリウム−炭酸水素塩温泉と表示してあった。
 これでさっぱり〜さっぱり〜。(ただ、足は疲労でガクガク状態ですが)

【小谷(おたり)温泉、雨飾荘】                            【お風呂、外には露天風呂有り】


 ここで、ついでに食事でもと思ったが、別に食いたい物があったので急いで帰路につく。
 6年前、静岡単身赴任中にも思ったのだが、徳島では稻束を乾す作業はほとんど見なくなったが、静岡や長野では結構見かける。
 熱をかけて乾燥するより、こちらのお米が絶対おいしいと思うが、大変な作業と思う。なつかしい風景として写真を撮る。

 あと、前夜、雨で通行止めになっていた親不知付近の高速道路。山と海で平地なんか無いですなぁ。
 時間があれば見物したかったが、これからまだ600km以上帰らねばならないので素通りする。

【小谷村、農村風景】                            【親不知(付近)】


 さて、先ほど別に食いたいと書いたのは、最近、プチブレイクしている「富山ブラックラーメン」
 肉体労働者の塩分補給のため醤油を濃くしてあるとのことで、登山を終えたばかりのやましん隊長。塩分を補給しますぞ!
 副隊長にインターネットで調べてもらい、有磯海サービスエリアで食べられることを確認!食うぞ!富山ブラックラーメン!

 ・・・・・食べました・・・・・・うーーん、不味くはないんだが、少し甘い普通の醤油ラーメン(ただ黒いだけ)??。なんか予想と全然違う。
 もういっぺん食券売り場で表示を見ると(写真参照)「当店のスープは・・・・・・・・濃い味に感じません」だと!。がっかり!残念!
 雨飾山が雨祟(たたり)山だったので、これだけでもと楽しみにしていたのに・・・・・・(T_T)

【富山ブラックラーメン(600円)】                      【店の言い分】


 長距離運転した割りには、得る物が少ない少し残念な山行でした。
 まぁ百名山は雨天決行の覚悟でもしないと、なかなか制覇でけへんのかな??

 今回の遠征走行距離、1277km、山もしんどかったが、車の運転もしんどいわ!
 あと、金もかかってまっせ!

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥21000 byパジェロ3000
高速代 ¥18840 休日、深夜割引適応
前日夕食 ¥570 サンドイッチ他
食料 ¥1392 ビール、おつまみ、ドーナツ、チーズバーガー、カフェオーレ
風呂代 ¥500 雨飾荘入浴
夕食 ¥600 富山ブラックラーメン
お土産 ¥2100 富山のせんべい2つ
合   計 ¥45002    

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】