【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-142
山     名:浅間山(前掛山)日本百名山no,43
登  山  日:2011年10月8日
標     高:2524m
登山標高差:1099m
累積  標高:1227m
三  角  点:なし(前掛山行政:長野県北佐久郡御代田町)
        
登山時間データ 時刻 時間 備考
浅間山荘駐車場登山口出発 6:00 0:00 登り
3:31
一の鳥居 6:33 0:33
二の鳥居 6:57 0:57
火山館 7:47 1:47
前掛山山頂着 9:31 3:31
前掛山山頂発 9:46 3:46 下り
2:39
浅間山荘駐車場登山口帰着 12:25 6:25
※夜行移動、前泊突貫モード

浅間サンラインから望む

(マウスクリックで拡大します)

1.目標決定。今回は2山狙う!
 はぁ〜〜〜。2週間前の雨飾山登山は雨で散々であった。・・・・このままで今年を終わっていいのか?!やましん隊長!
 それはいかん!絶対いかん!10月にも3連休がある!。ということで、この2週間、行けそうな百名山を検討する。
 候補としては、時間はかかるがフェリーで仮眠できる九州の祖母山が残っているが、2週間前の雨飾山登山で長野、新潟、群馬も
 なんとか超長距離ワープ登山可能エリアとして自信がついた!。この辺りで未だ登っていない山が、まだいくつかある!
 しかし、この数日、急に寒気が降りてきて、北海道、東北では初冠雪のニュースもあったが、この連休はまた暖かくなるとのこと。
 天気は九州も甲信越も概ね晴れの予報。どうせ行くなら、まず標高と緯度の高い方から攻めるべき!
 ということで、今回のターゲットは噴火活動がレベル1まで収まり、すぐそばの前掛山まで登山可能な浅間山に決定!
 ついでに、すぐ近くにある草津白根山は案外お手軽そうなので、こちらもついでに登るぞぅ!

2.登山開始
 10月体育の日に絡んだ三連休、前々日の夜、こそこそと秋仕様の登山道具一式をパジェロに放り込む。
 さて、金曜日、勤務時間終了を待ちかね、いざ!長野へ向けて出発じゃぁ!。

 ETC1000円乗り放題が無くなり、金銭的には厳しくなったが、一般車の通行量が減ったお陰でパーキングエリアなども使いやすくなり、
 目的地への到着時間も早くなるので、こちらの方がありがたい。
 とは言っても、浅間山登山口までは600km以上走らなくてはならない。
 超長距離ワープ登山、勤務後の長時間運転は疲れるぞ〜。眠いぞ〜。

 長かった・・・。徳島から7時間弱で長野の小諸ICに到着。コンビニで食料、ビール、あてを買い込み、浅間山荘までダート道を進む。
 途中、カーブの先にニホンカモシカの子供がいて、危うく轢きそうになった。(ビックリした〜。道の真ん中で固まるなよ〜。

 深夜1時過ぎ、浅間山荘へ到着〜♪。でも、駐車場は空っぽ。車は1台もいない。・・・・うーーん、このコースは人気がないのか???
 まぁ今更仕方がないので、先日購入したパジェロの窓用目隠し断熱シェードを取り付け、いつものひとり宴会開始♪。
 夜空は満天の星空!こりゃ明日は期待できますぞ!2時に就寝。(ぐーすかぴー)

【浅間山荘へのダート道】                          【ひとり宴会】


 んっ?なにやら周りが騒がしいので目覚めたのが、周りを見て驚いた。いつの間に来たのか駐車場は登山客の車で満車。
 既に出発していく人も居る。しっかし寒い!パジェロの外部温度計で5℃。まだ少しアルコールが残っている。
 おにぎり1個の朝食を済ませ、6時に登山開始!

 最初はほとんど水平な林道、緩やかな広い道をゆるゆる登って行く。以前、松山のご老人に教えていただいたように、
 「子供が遊ぶようにゆっくり登る」を心掛け、汗をかかないように登る。雑木林の沢沿いの道なのでほとんど風がない。
 最初はヤッケを着込んでいたが、汗ばんできたので一の鳥居でヤッケを脱ぐ。

【朝の駐車場】                                【一の鳥居】


 登り始めて1時間で二の鳥居に到着。すぐ近くに、火山館へ持ち上げをお願いしている薪があるはずだが・・・・
 もうほとんど残ってませんなぁ。汚いのと、でかいのばっかり。(依頼の看板も見当たらない)。今回はパスしますか。

【二の鳥居】                                  【持ち上げ用の薪の残り】


 火山館の手前のカモシカ平まで、ゆるゆる、だらだら、登って来ると右に牙山、左に赤ゾレの頭?を両側に見る。
 うーん、浅間山の門番衛兵みたいやね。

【右:牙山】                                  【左:赤ゾレの頭?トーミの頭??】


 おお〜!硫黄のにおいがする!火山館のすぐ手前で樹木がほとんど無い場所を渡る。硫黄たっぷりの温泉は入りてぇ!
 だらだら登って、1時間47分。火山館にに到着!。ここで休憩、おにぎり1個を食べた後、トイレを借りる。
 あら!「トイレ使用の方は協力金をお願いします」の看板が・・・・・・・・。しまった!やましん隊長、現金は持って来てない。
 申し訳なかったが、ただで借りる。すんまへん!(昨夜のビールが効いたのか、今朝から、びちぐそ丸状態。これで3回目。
 最近、登山中にキジ打ちに行くのが習慣になってしまった。(岩ばっかりの山だと、どうしよう???皆さんどうしてます?)

【硫黄臭の沢】                                【火山館】


 さて、火山館を越えると、湯の平の快適な道となる。これで晴れていたら綺麗なんだろうなぁ。なんか空は・・・曇ってます・・・・(T_T)
 浅間山方面を見ると、頂上付近はしっかりした雲が居座って動かない。これって、以前、白山に登ったときに、山頂だけ雲が晴れず、
 結局、展望が望めず、がっかり登山
だった時と同じパターンですかい???(T_T)
 天気予報は晴れのはずじゃなかったの〜〜。つらい。
 それに、木々が低くなってくると、冷たい霧の風で、さっ、寒いぞ!ここでヤッケを着込む。
 くどいようだが、天気予報では、晴れで・・・気温も高くて・・・・気象庁のうそつきぃ!

【湯の平】                                   【前掛山方面、曇天!!】


 山頂部分以外では時々青空が顔を出すが、下から冷たい風が吹き上がってくる。結構な数の登山者がいるが、ほとんど会話もなく、
 徐々に険しくなる登りを、黙々と進んで行く。もうこれはガマン大会ですな!

【徐々にきつくなる登り、風が冷たい】                   【ジグザグの急登】


 やっと、前掛山の火口の縁に到着!ここからは前掛山まで火口の縁を登る。雲は次から次へと・・・・なかなか切れません。

【前掛山への分岐、ここから右へ】                     【火口の縁も雲の中】


 さぁ、もうすぐ山頂です!(なんか、ちっともうれしくないんですが・・・)
 あ〜〜ぁ。着いちゃった。浅間山(前掛山)山頂。とりあえず、雲をバックに記念撮影。顔は笑ってますが、
 心はどんより・・・・・・(T_T)。 これでは先々週の雨飾山と同じ結果?。高い金かけて遠征してきて2回続けて雲の中では悲しいぞ!

【前掛山山頂(にかかる雲)】                        【とりあえずの証拠写真】


 やましん隊長以外に山頂には5名程度の登山客がいるが、皆、ぼけーっとしている。
 ・・・あら・・・・あらら!西から吹き上がってきていた雲が、なんか急に切れ切れになってなんか晴れてきたぞぅ!
 おーーーっ、わずか5分ほどで、あれだけ曇っていた山頂周辺が、快晴になってしまった!
 あまりの劇的な好転に、やましん隊長を含め山頂の登山客は狂喜乱舞!バンザーイ!バンザーイ!
 東を見ると目の前に浅間山本火口がででーーんと出現!迫力ありますなぁ!
 やましん隊長、電池が切れるまで写真を撮りまくる。(電池はたくさん持って来てますから大丈夫)、

【浅間山火口】


 浅間山がお出ましになったので、山頂証拠写真を取り直す。(お互いニタニタしながら嬉しそうに写真を撮り直している。)
 良かった〜!。やったぞー!晴れたぞ〜!、半ばあきらめていただけに、喜びもひとしお!
 山頂の他の客も周辺の写真を撮りまくって、なかなか降りようとはしない。

【山頂証拠写真取り直し、ニヤニヤ】                   【山頂からなかなか動かない客々】


 登ってきた火口の縁は晴れて見ると、逆にちょっと怖くなる。強風でも吹いて転げ落ちたら大怪我しますな。(たぶん死ぬかも・・・・)

【前掛山火口縁】


 西を見ると、今まで登ってきた方面に、牙山、黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳〜鋸岳と、湯の平のパノラマが広がる。

【黒斑山方面パノラマ】


 うーん、山頂去り難し!浅間山の噴煙を見ながら、このお神さんのプレゼントに感謝!感謝!

【再度、浅間山火口展望】


 さぁ、堪能しました!満足です!。降りるとしましょうか!
 あれ〜!浅間山の本火口の縁に数人の人影が・・・・・。下からも何人もが登って行っている。あそこは立ち入り禁止でしょう!
 うーーん、やましん隊長も、行ってはみたいが・・・・・・、もう一つの百名山、草津白根山が待っている!今回はルール遵守!

【立ち入り禁止の本火口縁に人影が・・・・うらやましい・・・】      【火口縁を下る】


 浅間山本火口との分岐まで降りてきた。ここを登れば本火口・・・・・。いかんいかん。ルール遵守!草津白根山!
 前掛山火口縁のパノラマを撮り、おとなしく下る。

【前掛山火口縁パノラマ」】


 今日は両手にi型ストック。ヒザをかばいながら急坂を下る。もう冷たい風もなく逆に日差しが暑いくらいである。
 だんだん黒斑山が大きくなってくる。振り返ると、登りの時とはまったく違う、快晴の浅間山のお見送り〜〜♪♪

【湯の平への下り】                             【振り返ると、快晴の浅間山】


 さぁ、今回は大満足!大満足!
 あとは、次の草津白根山に登って、あわよくば、草津温泉で1泊、温泉と料理とビール・・・・などといろいろ妄想する。
 そういえば、今日は、朝におにぎり1個、8時頃におにぎり2個目。腹減った。
 下りに火山館のベンチで3個目のおにぎりを食す。
 いかん!今回、あまりに劇的な天気の好転に感動して、金ちゃんヌードル大魔王様の存在を忘れていた。(今回はお持ち帰りじゃな)
 ペットボトルも6本もリュックに入れていたが、登りがあまりに寒く、お茶が冷たいので、まだ1本目が残っている。
 まぁ、朝から晴れていたら、暑くて全部飲んでいたかもしれないので、お土産に持って帰りましょ。

 おおーっ、火山館の少し下で黒斑山を見ると、まるで海外の絵はがきみたいな光景が広がる。綺麗ですなぁ!

【絵はがき的景色1】


【絵はがき的景色2】


 さて、早く下りましょう。両手ストックを駆使し、快適な雑木林を降りて行く。うーーん、森林浴〜♪

 戻ってきました!山頂から2時間39分で下山完了!。パジェロへ戻ると・・・・・・・やっぱりありました。駐車料金協力金のお願い・・・・・・
 協力のお願いだから強制力は無いが、昨晩から1泊させていただいているので、山荘のフロントにきちんと払いに行く。
 (あれだけ綺麗な快晴の浅間山が拝めたので、多少の出費は問題なし!。やましん隊長、心の余裕!)

【快適な下り道】                               【協力金、ドアノブに貼られている】


 さあ、急ぎましょう!次の百名山、草津白根山へ
 途中、浅間スカイラインから浅間山の全景を望む。あの山のほとんどてっぺんまで歩いて行っとったんやなぁ。
 なんか、夢を見ていたような気分で、余韻に浸りつつ、草津へとパジェロは進むぞ。(ラン♪ラン♪ラン♪)
 
【浅間山遠景】

  
 登りでは、天気も気分もどんよりムードでしたが、天候一変!最高の登山となりました!これだから山登りはやめられまへんなぁ〜

 さぁ!浅間山は結果的に快晴で大満足じゃぁ!やっぱり山は晴れとらなあきまへん!
 この勢いでもう一山!行くぞぅ!
今回の散財1山目、浅間山分)
ガソリン代(推定) ¥1,0600 byパジェロ3000(往路、約620km)
高速代 ¥7,975 休日、深夜割引適応
食料 ¥1,101 ビール、おつまみ、ドーナツ、チーズバーガー、カフェオーレ
駐車料金 ¥500 浅間山荘駐車場
合   計 ¥20,176    

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】