【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-143
山     名:草津白根山日本百名山no,41
登  山  日:2011年10月8日
標     高:2150m(遊歩道最高地点)
登山標高差:144m
累積  標高:380m
三  角  点:なし(前掛山行政:長野県北佐久郡御代田町)
        
登山時間データ 時刻 時間 備考
草津白根駐車場登山口出発 14:31 0:00 登り
0:56
遊歩道最高地点 15:27 0:56
本白根山展望所 15:45 1:14 帰り
1:27
草津白根駐車場登山口帰着 16:54 2:23
※本日2山目

(マウスクリックで拡大します)

1.2山目へ移動。
 午前中の浅間山は山頂で快晴となり、最高の山行であった。
 時間はまだ12時半!お隣の百名山、草津白根山なら、お手軽そうなのでこれも登るとしましょうか!
 さぁて、カーナビに草津白根山のレストハウスを入力し、パジェロをぶっ飛ばす。
 
 うんにゃ?有料道路?。なになに?日本ロマンチック街道?(どんなロマンチックがあるんだ?ラブホテルがたくさんあるのか?)
 しかし地図を見てもこの道が一番近そう。仕方がないので「峰の茶屋→鬼の押出し→三原」(610円)を払う。
 ・・・・・鬼の押出し??これ、知ってるぞ!確か20年も前、テレビで溶岩ゴロゴロの中に妙に不釣り合いな神社が立っていて、
 「変わったところやなぁ。日本にこんな所あるんや〜。いつか行こう」と思ったことを思い出した。

 うーーん、見てみたい!しかし、百名山が・・・・・。そんな事で悩んでいる内に鬼の押出し園に着いてしまった。
 駐車場も結構混んでいる。うーーん、やはりここは百名山を選択!泣く泣く素通りする!(もったいない!)
 待っとれよ〜。また来てやるからな〜!

 ※しかしカメラの調子が悪い!電源を入れても、たまにレンズ前のカバーが途中までしか開かなくなってしまった!(下の写真等)

【日本ロマンチック街道:何がロマンチックなんだか】          【鬼押出し園、素通り〜】


 そのあと、またまた料金所でロマンチック街道「三原→万座温泉」1020円を払う。確かに一般道よりは早く来られた気がするが、
 高速道路より高いんじゃないかい??。 結局、浅間山荘から2時間かからず草津白根駐車場に到着する。

 さすが3連休!車が一杯です!。東京近郊の人なんかはこういった自然が非日常的で興味あるんでしょうなぁ。
 やましん隊長は四国、徳島県の田んぼに囲まれた、田舎にすんでいるのであまり木々には感動しない。
 ただ、四国は硫黄たっぷりの温泉がほとんど無いので、火山には妙に反応してしまう。

 浅間山下山後、汗臭い登山服、靴はそのままで車を運転してきたので準備万端。ただし、浅間山の火山館で会った地元の方から
 「草津白根山は浅間山に比べたらたいしたことないので、ウエストバックだけでも大丈夫ですよ!リュックなんか背負っていると、
  恥ずかしいですよ」といわれたので、本当にウエストバック(カメラ入り)とGPSだけで出発する。
 
 もう午後なので、駐車場へ戻ってくる多くの人とすれ違ったが、リュックを背負っている人が結構多い!
 これは、もしかして、失敗??やっぱりリュック(特に、飲料水)でも持って来た方が良かったかなぁ・・・と後悔しても後の祭り。
 まぁ、もう夕刻も近いし、暑くもないし、大丈夫だろうと気を取り直して、地図とGPSを見比べつつアスファルト道を進む。

 小さな山をくるっと巻くと、奥に小さなスキー場が見える。ここが本来の登山口!さて、簡単に済ませましょうか!

【駐車場、車が満杯】                            【スキー場】


 スキー場のリフト横からゲレンデの右に登山道が見える。登ろうと近づくと、登山姿のおじさんが地図を片手に悩んでいる。
 声をかけて、話をすると、この遊歩道にある展望所に行きたいらしい。
 こちらもひとりじゃつまらないし、話し相手が欲しかったので、一緒に登る事になった。

 いろいろ話している内に、明るいうちに絶対帰れるだろうと思い、遊歩道最高地点も展望所も通り、ぐるっと回る周回コースに
 一緒に行きましょうよと、このおじさんを強引に誘ってしまった。
 (この山は高低差があまり無いということで、完全になめきってました。)

【スキーリフト横の】                             【登山道】


 最初に少し登りがあったが、そのあとは緩〜いアップダウンが続く。
 小山を巻いたり、池を巻いたりして、どんどん奥に進む。最奥に平らな火口跡?の中央を通過する。

【池を巻く:カメラ「不調」】                          【平らな部分を通過する】


 ここまで来ると、あとはわずかに上るだけ。
 駐車場から56分で遊歩道最高地点到着!本日2山目にしては楽勝で到着。
 (ただ、56分もかかったとは後から見てびっくり。40分ぐらいと思ってた。)

【最高地点への最後の登り】                        【遊歩道最高点到着】


 曇ってきて、色的にはパッとしないが、最高地点からのパノラマをひとつ。中央が展望所ですな。

【最高地点からのパノラマ】


 最高地点から18分で展望所に到着!。これから来た道を引き返すことも出来たが、もうひとりの青年と3人で鏡池方面へ周回コースを進む。
 程なく鏡池を巻く道から池を望む。これも火口跡かな?

【展望所】                                   【鏡池】


 池を巻いた後、下り道になる。急な階段を結構下る。その後、小山をぐるっと巻く道を進み、スキー場へ戻る。
 もう少し明るい時間帯だったら、いい写真が撮れたかもしれない。(少し残念)

【下る階段】                                  【スキー場へ戻ってきた】


 駐車場出発から2時間23分で駐車場へ帰着!時刻は夕方の5時、あれだけ一杯だった駐車場はほとんど空っぽ!。
 草津白根山、登山標高差があまりないのでなめきっていた。疲れは無いが、思ったより時間がかかってしまった。
 人間の感覚はあてになりまへんなぁ!

 この時間からだと、草津の温泉宿は無理だろうなぁ!。でもスキー宿だと、お一人様でも空き室があるかもしれない。
 わずかな可能性にかけて、志賀高原方面に車を走らせる。途中、高台から見るとよくもまあ。こんな所にスカイラインを通したなぁと
 感心する。

【夕方5時の駐車場:ガラガラ】                       【スカイライン遠景】


 さて、どこか泊まれるかと、以前スキーで泊まったことのあるホテルに飛び込みで聞いてみるが、お一人様と言うことで、
 体良く断られてしまった。しかたないので、今から、徳島まで帰るとしますか!

 昨夜は通常勤務終了後、高速道を600km運転して、3時間寝て、山2つ登って(9時間も歩いて)、今から700km運転して帰る。
 考えただけでもぐったりする。というか、既に体力的にぐったりしまくっている
 しかし、ビジネスホテルなんかで泊まるのは趣味ではない。覚悟を決めて、徳島まで帰るぞ!

 志賀草津道路を下り、信州中野ICから高速に乗る。
 ・・・・でも腹が減ったぞ!。そういえば、今日、これだけ運動して、おにぎり3個しか食ってない。
 頃合いを見て、姨捨サービスエリアのレストランに入る。
 
 せっかく今回の超長距離ワープ登山で群馬、長野まで来たので、地元の名物でもと思ったが、信州そばぐらいしか見当たらない!
 仕方ないので、ラーメン親子丼セット(980円)でカロリーと塩分補給をする。ひからびた体に染み渡る。ラーメンは汁まで飲み干す!
 (しかし、地名だからしかたがないが、平仮名にしてまで「おばすて」にこだわる程、この名前が気に入っているのだろうか。不思議だ。)

【別の名前でもよかったんとちゃう?】                  【親子丼ラーメンセット】


 結局、深夜2時、徳島の自宅に到着!。風呂を沸かし、臭い汗を洗い流して、ビールを飲んで4時に就寝。(爆睡!)
 
 結局、草津白根山は約2時間超(歩行距離8.4km)、お手軽登山とバカにしていたが、
 浅間山で疲れた足には結構距離がありました。
 千葉のおじさん、お付き合いさせてしもうて、すんまへんでした。(でも楽しかったです)


 それにしても、今日1日、浅間山と併せて累積標高1600m、歩行距離約23km、
 よう歩いたわ〜♪


今回の散財2山目、草津白根山分)
ガソリン代(推定) ¥12,600 byパジェロ3000(2山目移動、および帰路、約736km)
有料道路代 ¥1,730 峰の茶屋→三原(610円)、三原→万座温泉(1020円)、志賀草津道路(100円)
草津白根駐車場 ¥410  
高速代 ¥8,225 休日、深夜割引適応
夕食 ¥980 レストランおばすて、親子丼ラーメンセット
お土産 ¥4,325 ふりかけ、牛すじ煮込み、佃煮、クッキー等
合   計 ¥28,270     
 往路、1山目とあわせて¥48,346円!.(パジェロ走行距離、1356km!これはしんどい!)
 
 今回は百名山2山なので少しはお得?と自分をほめていたが、 翌日、起きてきた副隊長より、
 「なんで、1泊してもう一つ登ってこんの?まだ休みあるのに!」と厳しい一言・・・・・・
 でもね、3山も登ったら、帰ってホームページ作るのが大変・・・・・。それに、たぶん初日の山行内容、ほとんど忘れる自信がある!
 (最近、年のせいか、物忘れが良くて、自分でも呆れてます・・・・・・。)

 あ〜ぁ、今年の百名山もこれで終わりか〜。
 (本当に終わり??、どうする!?、どうする!やましん隊長!)


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】