【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-144
山     名:大麻山
登  山  日:2011年10月23日
標     高:538m
登山標高差:523m
累積  標高:551m
三  角  点:なし

登山時間データ 時刻 時間 備考
大麻比古神社駐車場発 10:20 0:00 登り
1:23
登山口 10:29 0:09
真名井の水 11:17 0:57
大麻山山頂着 11:43 1:23
大麻山山頂発 11:45 1:25 帰り
1:03
大麻比古神社駐車場着 12:48 2:28
※休日出勤後、立ち寄り

(マウスクリックで拡大します)

1.新登山靴、足馴らし。
 今日は日曜日だが、早朝より会社でお仕事〜。来週は忙しいので雑務を片付けておくつもりであったが・・・・・
 なんだ!なんだ!?9時過ぎにシステム課のメンバーとコンピューター業者がいきなり乱入!
 そういえば、今日、サーバーの保守メンテのメールが回っとったなぁ。これではネットワークが使えない。
 業務ファイルもプリンターも、すべてネット経由。こりゃ仕事になりませんな〜。

 暇が出来てしまった〜。山でも登るか〜?(それしかないのか!やましん隊長!)
 しかし昨日は雨だったし・・・・・・・、今日も曇り・・・・・・。時刻は既に10時前・・・・・・・・。
 (でもなぜかパジェロにはリュック、新しい登山靴、ストック、コンロ、楽天で1本26円で買ったクリスタルガイザー数本、
  金ちゃんヌードルに割り箸まで標準装備されている。)
 しかたがない!先日買った登山靴の足慣らしに、いつものトレーニング山、大麻山でも行きますか!

2.登山開始
 この山は手頃で、いろんなルートがあり、トレーニングにちょうど良いので、今まで何度も登っている。 
 2004年10月10日(神社駐車場より山頂ピストン)
 2007年7月16日(卯辰越より山頂へのピストン)
 2009年2月15日(神社駐車場〜山頂〜卯辰越〜神社駐車場)
 2009年12月5日(登山口より山頂ピストン)
 2011年5月7日(神社駐車場〜山頂〜卯辰越〜神社駐車場)
 この山は標高差が500m程度ということと、表参道が階段で整備されているので、毎日登る元気な老人などとよく会う。

 さて、靴下を分厚いウール製に履き替え、真新しい登山靴を履く。さすが未使用。かなり締め付けられる。
 まぁ、そのうち馴染んでくるでしょう。それに新しいカメラも安物だけあって使いやすい。
 それでは、そろそろ行きますか!

 駐車場から大麻比古神社の境内に入る。今は七五三の季節。着飾った子供を連れた家族が何組もお祓いを受けに来ている。
 そんな中を、登山フルバージョン(30Lザック、両手ストック)装備で進むが、周りから完全に浮いている。(これはちょっと恥ずかしい。)

 本殿右の奥宮への案内に従い進む。9分歩くと鳥居があり、ここが登山口。結構車が止まっている。
 
【大麻比古神社本殿、お祓い中】                     【登山口】


 鳥居をくぐると、道は二手に分かれるが、左の階段路はなぜかふさがれている。なになに?スズメバチの巣のため通行止め?
 うーむ、この山は神域。スズメバチとて殺生はあかんのかのう?
 今回は登山靴馴らしのため、出来るだけ階段でない山道を歩きたかったので、当然、右の道を進む。

 しかしすぐに参道と合流し、疲れるだけの階段道になる。これでは靴馴らしにならんぞ!

【スズメバチにて通行止め】                         【階段道の参道】


 しかし、10月も後半、なんでこんなに蒸し暑い!?。すぐに汗ボトになる。(たまに吹いてくる風は涼しいのだが・・・・・)
 標高300m付近で真名井の水への最初の分岐がある。こちらは山道なので、迷わず真名井の水方面へ右に進む。
 
【真名井の水への分岐→右へ進む】                   【いわゆる登山道】


 靴もだいぶん足に馴染んできて、だんだん緩くなってきた。
 緩やかな登りをぐんぐん進む。登り始めて57分で真名井の水に到着。祠横から水が出ているが、「正面の御扉を開けてお飲みください」
 と書いてあるので、扉を開ける。漏斗と柄杓がある。結構気が利いている
 
 ありがたい御神水なのだろうが・・・・・やましん隊長は結構、神経質で、名水といえども自然のわき水はあまり飲みたくない。
 (このため、多くのペットボトルを担ぎ上げる羽目になるのだが・・・・・)
 とりあえず、手にすくってうがいだけする。(確かに冷たい)

【真名井の水】                                【中を開けると・・・・】


 真名井の水からしばらく急な道を登ると、ひょっこり参道と合流する。あ〜あ、また階段道かと思ったが、すぐに裏参道の分岐があり、
 裏参道は山道なので、迷わずこちらへ進む。
 緩やかなのぼりをダラダラダラダラ登って行くと、登り始めて1時間23分で山頂へ到着!
 (階段ばかりの表参道だと、もっと早いのだろうが、登山の雰囲気が全くないのでこちらが好みである。)

【裏参道への分岐→右へ進む】                      【奥宮、山頂へ到着!】


 ありゃ、5月に見た白黒ぶちの猫がにゃぁにゃぁ鳴いてますなぁ。
 山頂奥宮で食事中だった他の登山客が見に行くと、どうも子供が生まれている様である。
 残念ながら、今回も猫の食べられそうなものは何も持っていない。これから寒くなるのに、どうするんだろう?

 さて、ここまで飲んだのはペットボトル1本のみ。(体は汗でびっしょりだが・・・・)。
 あまり腹が減っていないので、飯は食わずに、すぐに下山する事にする。
 奥宮から裏の北方面へ下る。急なつづらを下って行くと、ケルンの石積みのある巻道分岐に到着。
 この巻道を西へぐるーっと回って、表参道へ合流する。

【奥宮北の急な下り】                            【巻道分岐目印のケルン】


 その後は、足に堪える階段道を、ストックに頼りつつ下る。
 結局、雨に降られることもなく、無事登山口まで下山完了。あとは神社の駐車場までとぼとぼ歩いて、今回の山行は終了!

【登山口から神社方面へ】                         【境内への入り口】


 下山時、登山靴はさらに緩んできた。これでは次の山行の時に、だいぶん靴紐を締め直さなあきまへんな!
 でも、痛い部分などもなく、快調!快調!。カメラも特に問題なしですな!

 さて、この靴で次はどこに登る!?

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥64 byパジェロ3000(休日出勤後、立ち寄り)
合   計 ¥64     
 
 
【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】