【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-146
山     名:寒風山・笹ヶ峰
登  山  日:2012年4月28日(G.W.初日)
標     高:寒風山 1763m
        笹ヶ峰  1859.5m
登山標高差:774.5m
累積  標高:1356m
三  角  点:一等三角点「笹ヶ峰」(行政:愛媛県西条市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
寒風山隧道駐車場登山口発 7:38 0:00 登り
3:21
桑瀬峠 8:24 0:46
寒風山山頂着 9:21 1:43
笹ヶ峰山頂着 10:59 3:21
笹ヶ峰山頂発 11:25 3:47 下り
3:15
寒風山山頂着 12:56 5:18
桑瀬峠 13:45 6:07
寒風山隧道駐車場登山口発 14:40 7:02

(マウスクリックで拡大します)

1.みなさま・・・G.W.です・・・・
 さぁ、そろそろ本格的登山開始の時期ですぞ!皆の衆!
 ・・・・しかし、前回のページでトレーニングしてますってなんて格好いいことを言っていたが、最近まったくしていないぞ!(開き直り!)
 うーーん、今更後悔しても仕方がない。とりあえず、ゴールデンウィーク中の天気予報を見ると、四国は初日のみが快晴らしい。
 
 さて・・・どこに登るか???。当然本州とか遠くの百名山は高速道路の渋滞がいやなのでパス。
 仕方がない!徳島県内の剣山か三嶺でも登るりましょうか!
 と言うことで、ゴールデンウィーク初日の前夜、こそこそと登山道具一式をパジェロにぶち込む。
 あとは明日の朝考えましょう!と言うことで缶ビール6本!(飲み過ぎやぁ〜)。その後、爆睡!

2.ターゲット変更!登山開始
 早朝5時。時計のアラームに起こされる。うーーん、体がだるい〜〜。しかしとりあえず行かねば!
 5時15分、自宅出発!徳島道を西へかっ飛ばす。・・・・しかし、どこに行こう?。
 ・・・悩んでいる内にやっぱり徳島県外に行きたくなってきた!
 ・・・しばらく悩んだ末、今回のターゲットは7年前、隊員1号と登った寒風山・笹ヶ峰に決定!

 西条ICを降り、寒風山トンネルを抜けいつもの寒風山隧道、高知県側出口まで約2時間!。結構な台数の車が停まってます。
 まだ朝7時過ぎ。皆さん好きでんなぁ。

 さて、こちらもGPSの測位と登山準備を済ませ、7時38分、登山開始!
 希望としては、2005年と同じルートを進んで、笹ヶ峰まで行ってみたい!(しかしどの程度しんどかったかあんまり覚えとらんぞ!?)
 まぁ、寒風山まで登ってから笹ヶ峰に行くかどうか決めましょか。

 今年初めての本格的山歩きなので、以前、松山市のご老人に教えて頂いた「子供が時のように遊ぶようにゆっくり登る。」を
 心掛ける。(というか、なまりきった体では以前のように早歩きはできまへん・・・・)。 ああ・・体が重い・・・・。
 
 といいつつも7年前より少し早く桑瀬峠に到着〜〜♪(これって、もしかして調子いいんでないかい??(^_^)v)

【いつもの桑瀬峠】                              【桑瀬峠】


 ここまでは前哨戦。さて、ここから寒風山への登りじゃ!。気合い入れていくぞ!
 とはいってもゆっくりゆっくりを忘れず、だらだらと登り続ける。途中急な登りやステンレスのハシゴなどなども出てくるが、
 笹原に出たらあともう少し!。

 快晴(快暑)の中、桑瀬峠より1時間足らずで寒風山山頂に到着!(おお!ここまでも7年前より早い♪)
 若干、足に疲労が来ているが、これなら笹ヶ峰まで充分行けそう!

 寒風山山頂には既に何名かの先客が休憩したり写真を撮ったりしている。
 やましん隊長、先日、道後温泉でお土産で売っていた「運動不足・不健康Tシャツ」に着替え、証拠写真撮影!
 (副隊長からは、恥ずかしいからやめて〜、と言われていたが、こんなおいしいアイテムを使わない手はない!)
 そばにいた大柄な人に写真を撮ってもらおうと近づくと、なんと外国人!(やばい!やましん隊長、英語は超苦手である)

 しかし、お願いする動作を撮ってしまっていたので、「プリーズ、カメラ、シャッター、ディスボタン、ワンセカンド、プッシュ、OK?」
 などと、恥ずかしい英語でお願いして、不健康Tシャツでの記念写真ゲット!
 
【寒風山手前、笹原、あともう少し】                    【寒風山山頂、不健康やましん隊長、見参!】


 写真さえ撮ってしまえば、こんなくそ暑い綿シャツは脱いでしまうに限る。リュックに入れようとすると、先ほどの外人が
 「もう入れちゃうの?ここ(山頂)のためだけ??」と日本語で残念がってた。(なんや!日本語しゃべれるんかい!)

 時刻は9時半、数名居た先客の目当ては、やはり笹ヶ峰!。先ほどの外国人も笹ヶ峰に行くようである。
 少々疲れているが、まだまだ時間はたっぷりある。ここで行かねば男がすたる!やましん隊長も笹ヶ峰へ向けて突撃じゃぁ!

 寒風山から笹ヶ峰への稜線に進むと、せっかく登ってきたのにかなり下る。(もったいないなぁ)
 その後も小さなピークが何カ所か有り、やましん隊長、だいぶ足が疲れてきたぞい!。それに直射日光が熱い!
 (よくよく考えたら、7年前登ったときは小学生の隊員1号と一緒だった。子供に併せて登ってきたので時間はかかったが、
  その当時、やましん隊長、もっと痩せていたはず。うーーむ、リュックが重い・・・、体の脂身も重い・・・)

 しかし寒風山から下っちまったから、今更引き返すのも癪(しゃく)である。
 暑いとは言ってもまだ4月、それに稜線は少し風があるので水分を取りつつ、キャラメルをなめつつ、ノロノロダラダラ進む。
 視界前方にはデデーンと日本二百名山、一等三角点の笹ヶ峰が待っている。

【寒風山から笹ヶ峰への稜線より】


 なんだかんだいっても、登りは何とかなるもんで、結局、登り始めて3時間21分で笹ヶ峰山頂到着!
 既に、かなり足に来ているが、再び「不健康」Tシャツ登場」!記念写真ゲット!

【笹ヶ峰山頂も間近】                            【笹ヶ峰山頂じゃ!】


 お約束の一等三角点「笹ヶ峰」も無事を確認。(7年前より少し根元部分が露出してきたか?)
 さて、もう一つのお約束!金ちゃんヌードル大魔王様御降臨!。黒いTシャツが汗の塩で白くなっているので塩分補給じゃ!

【一等三角点】                                【山胃袋の友、金ちゃんヌードル】


 さて、飯も食ったし、まだ足は回復しとらんので、写真など撮りまくってみる。(前回登山時も、同じ様な物を撮った気がするが・・・・・)
 6年前に登った平家平、冠山がよく見える。

【東方面】


 ぼんやりしていると、寒風山でシャッター通してもらった外人さんが到着している。聞くと、もう既に昼飯は食ってきたとのこと。
 それで遅かったのか〜。・・・などと思っていると、もう下山しそうな様子。
 この人について行ってみるのも一興と、やましん隊長も慌てて後を追いかける。

 途中聞いてみるとこの外人さん、なんとドイツ人でした。ええ体格しとるわ〜。日本に14年住んでいるらしい。
 などと話しながら下山するも、この人、登りはゆっくりでも下りは早いやん!(やましん隊長ついて行けずに置いてきぼり)
 いやぁ〜〜、足にきてますな。トレーニング不足!肥満体!こりゃあきまへん(T_T)。ふか〜く反省。

【笹ヶ峰から寒風山への戻り】


 途中、休み休み、写真を撮りながら小さなこぶを越えて行く。
 振り返ると朝よりもわずかに霞が薄くなり、青空が濃くなった笹ヶ峰の雄大な姿にしばし感動。

【笹ヶ峰パノラマ】


 うぉーい!疲れたぞぅ!。寒風山への最後の登り返しはしんどかった。(何度、休憩したことか・・・)
 やっとこさ寒風山山頂にたどり着くと、なんと、先ほどのドイツの人が居る。 なんと「いままで、ここで寝ていました」・・・・
 (これって、やましん隊長があまりにバテていたので、心配して待っていてくれたのかも?もしかしてこの人はとてもいい人かもしれない。)

 などと思っていたら、私の無事を見とどけたためか、ドイツ人さんはすぐに下山する模様。
 ちょっと待ってくれぇ〜、少し休憩したい・・・・・とも思ったが、やっぱりこの人、おもしろそうなので一緒に下山する事にする。

 ・・・・・のつもりで居たが、やっぱりついて行けず、途中で離されてしまった。あの人タフやなぁ。
 
 ヒザをかばいつつ、50分かけてノロノロと桑瀬峠まで下山。ここで休憩がてら、たぶん地元の老夫婦と山談義に花を咲かす。
 (ここで10分休憩。バテてます。)

 さて、あとは駐車場まで下るのみ。(とは言ってもこの足ではまだ小一時間かかるかも・・・・)
 途中、桑瀬峠から伊予富士への登山道を見ると、かなり崩れてきており、6年前通過した道は完全に途切れている。
 見ると、稜線の林に新しい道が付いている。せっかく笹原の良い道だったのに・・・・(残念、これ以上崩れないことを望む。)

【ドイツの人:寒風山山頂】                         【伊予富士方面への道が崩れている】


 や、やっと下りてきた。笹ヶ峰山頂から3時間15分。(ゲロゲロ・・・・)。
 7年前より40分も余計にかかってます。メタボ大王化、及び年食ったせいか?(・・・・悲しい)

 ありゃりゃ、駐車場でまたまたあのドイツ人とご対面!(またまた待ってくれていたのか?。今回はお世話になりっぱなしです。)
 その後、一緒に木の香温泉で露天風呂につかり、いろいろ話を伺う。(お互いの山のホームページ情報も交換)
 詳細は個人情報に関わるので書かないが、ほんと、おもしろい、いい人でした。

【登山口帰着】                                【木の香温泉:ドイツ人さん(後ろ姿)】


今回の山行は、快晴の中、危機的メタボ状態とトレーニング不足でへろへろだったが、
おもろいドイツの人と知り合えたのが最高の成果じゃな。


今回の散財
ガソリン代(推定) ¥5200 byパジェロ3000
高速道路代 ¥3000 往復
おにぎり、お茶、行動食 ¥843 キャラメル、チョコレート
日帰り温泉入浴料 ¥600 木の香温泉
風呂上がり瓶牛乳 ¥100 低脂肪乳
合   計 ¥9743      
  
【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】