【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-147
山     名:筑波山日本百名山no,44
登  山  日:2012年5月19日
標     高:877m
登山標高差:663m
累積  標高:833m
三  角  点:一等三角点「筑波山」(行政:茨城県つくば市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
つつじヶ丘登山口 9:00 0:00 登り
1:35
女体山山頂 10:01 1:01
御幸ヶ原 10:24 1:24
男体山山頂 10:35 1:35
御幸ヶ原発 10:55 1:55 下り
1:09
筑波山神社 11:55 2:55
筑波山神社入り口バス停 12:04 3:04

(マウスクリックで拡大します)

1.やましん隊長、怪しい計画・・・・
 うげげげげげ・・・・・・。やましん隊長、最近仕事が立て込んでいる。(ストレス一杯、煮詰まってどろどろ状態。)
 しかも5月18日はお仕事で茨城県まで出張〜〜!
 しかし〜〜♪♪、しかし、その日は金曜日!今回のお仕事は夕方からの会食付きなので日帰りできず、一泊せざるを得ない!
 これって・・・・これってもしかして・・・・翌日の休日、筑波山に行けるんじゃぁないの?!
 帰りの飛行機を数便、遅らせるだけなのだが、やはり少し気が引けるので、同行する上司に
 「翌日の土曜日、夕方まで関東地方に居ていいですか〜〜?♪♪」と聞いてみると、あっさり承認。
 (これにて筑波山行き、決定!百名山ひとつゲット確定じゃぁ!)

 とりあえず、筑波山は日本有数のお手軽百名山なので、気合いを入れずに計画を立てる。
 んっ!出張先から筑波山までは東に約50kmほど・・・・しかし、なぜか、公共交通機関が見つからない!
 いろいろ聞いても、やっぱり一旦東京(秋葉原)まで戻ってきて、つくばエキスプレスと筑波山直行シャトルバスで
 Vの字に移動しなければならない。(うーーん、これには結構金も時間もかかる・・・・・特に時間がもったいないなぁ)
 まぁ、筑波山はロープ-ウェイにケーブルカーも完備なので、ちゃっちゃと済ましちゃいましょう!

 それほど汗もかかないであろうが、一応、登山ウェアとお手軽リュック、デジカメにGPS、各種交通機関の時刻表などを
 印刷し出張用バックに忍ばせる。登山靴は・・・・・・・、さすがに仕事用スーツに登山靴はマズイよな・・・・
 しかたがないので以前買っておいた、ビジネス兼ウェーキングシューズっぽい靴を履いていくことにする。
 (・・・・・この選択肢があとで後悔することになるのだがこの時点では知るよしもない・・・・)

2.登山準備?
 さて18日出張当日!朝5時半起床!徳島阿波踊り空港まで車を飛ばし、始発東京行きの飛行機に乗る!
 12時に出張先にたどり着き、夕方までで、なんとかお仕事も無事終了!さて、夜の会食開始!。
 そんなこんなで宴も進むうち、親会社の副部長が、明日の筑波山行きを聞いて
 「どうせ行くのなら登っちゃったらぁ〜〜♪♪」
 ・・・・なんて・・・なんて一言を・・・・・この一言で・・・火が付きましたぞぃ!
 明日は登りだけでも自力で登ってやるぞ!
 あ〜あ、決めちまったよ!(仕方のないやましん隊長、でも内心、背中を押してくれた副部長に感謝してたりする)
 会食終了後、速攻でホテルにチェックイン!明日、自力で登るのなら、出来れば朝早くから登りたい!
 ということで、目覚ましを朝4時半にセットし22時に就寝じゃ!(結局、なかなか寝付けず、23時にやっと睡眠)

3.登山開始
 起きました。朝4時30分。意外と明るい。慌てて登山ウェアに着替え、4時50分にチェックアウト!
 JR東北本線の駅まで来たが・・・・・なんと・・・・・・駅のシャッターが・・・・・閉まってます・・・・・・(T_T)早すぎました。
 仕方がないので、20分程ぼけーっと待ちぼうけ〜。やっとシャッターが開き、始発の電車に乗り込む!
 上野で山手線に乗り換えJR秋葉原駅に到着!。 

 大急ぎで駅のロッカーに仕事用バッグを放り込み、登山リュックだけ持って、つくばエキスプレスの快速にすべり込む!
 これでなんとか筑波山シャトルバスの始発(8時)に間に合いそうである。一安心じゃ〜♪
 (駅員が筑波山キップ(つくばエキスプレス、シャトルバス、ケーブルカー、ロープウェイ往復割引券4,300円)を売って
  いたが、登りだけでも自力で登るつもりなので、買わないで素通りする。)
 はじめて乗るつくばエキスプレスの車窓から見える風景は・・・・・田舎じゃな・・・・・(田んぼと林が多い)

 つくばセンターに7時50分に到着。バス乗り場1番に直行!。おおっ!「筑波山直行」シャトルバスが待機している。
 既に結構大勢の年配者が乗っている。(ほぼ全員が完全登山装備!しっかりした登山靴を履いている)
 やましん隊長だけ中途半端な格好で浮いてしまっているが、今更仕方ありまへん!

【JR東北線、早すぎで、駅、閉まってるやんか!】            【筑波山直行シャトルバス始発】


 快晴の中!バスに揺られて55分。着きました。筑波山、女体山側ロープウェイ乗り場「つつじヶ丘」!
 トイレを済ませ、情けないウォーキングシューズのヒモをグイグイ締め直し、9時ジャスト登山開始!

【やましん隊長のなめきった靴:これで大丈夫か?】          【つつじヶ丘:女体山の頭が見えてます】


 さすがは百名山。既に大勢の人が登っている。登山道も丸木階段で整備されていて、ウォーキングシューズでも問題ない。
 しかし、天気は快晴!日差しが強い!それに暑い!(すぐに上の長袖シャツを脱ぎ、Tシャツ1枚になる。)
 このつつじヶ丘からのコース、時期が良かったのか、名前の通りツツジが満開!(とりあえず写真を撮る)
 
【名前の通り、ツツジが満開】


 しかし、さすが関東!若いね−ちゃんも大勢来ている。それほどきつくない登山道を山ガールに吸い寄せられダラダラと登って行く。
 (またまたエロ坊主、復活!)
 そのうち、奇岩がお出まし。まずは弁慶七戻りだが、下をくぐって振り返ってビックリ。なんじゃこりゃ!今にも落ちそうやんか!
 (昨夜もこの周辺、震度4の地震があったばかりやろう!いけるんかいな????)

【弁慶七戻り】                                【弁慶七戻り、振り返ってみると・・・・恐ぇ・・・】


 続いて、「母の胎内潜り」・・・・下をくぐると、生まれ変わった気分になれるとのことであるが、実際くぐっても当然何も起こらない。
 道も途中緩やかになり、いろいろな奇岩怪岩が出迎えてくれるが、岩自体より、看板の説明文の方がおもしろい。
 この山は大昔から登られていたようで、それも若い男女の出会い系スポットだったらしい。なんかエロい想像をしてしまう。
 (エロ坊主、パワーアップ!当然、若いね−ちゃんの後ばかりを選んで登って行く!ストレス発散!変な元気が出てきたぞ!)

【母の胎内潜り】                               【国割り石】


 しかし、女体山に近づくにつれ、だんだん道が険しくなってきた。でも逆に山ガールが渋滞している箇所もあって微妙に嬉しいぞ!。
 
【北斗石】                                   【山ガールについて行く】


 着きました〜。つつじヶ丘から1時間1分!筑波山最高峰「女体山」山頂到着!(名前がエロい!)
 岩山の中に一等三角点「筑波山」発見!
 女体山御本殿の裏の山頂は岩山で、人数が多い割りに結構狭い。標高の割りには高度感がある。

【筑波山:女体山山頂】                           【一等三角点】


 快晴の中、ここからの眺めはええですなぁ!
 ただ、残念ながらかなりもやっていて、富士山も東京スカイツリーも、遠くのもんはなーんも見えまへん。(すこし残念)
 
【女体山よりつつじヶ丘方面を望む】


【女体山より男体山方面を望む】


 さて、あとはもう一つの山頂、男体山にでも行きましょうか!(名前だけだと、まったく魅力を感じないが、セットなので仕方がない)
 途中、有名なガマ石を見つける。うーーん、確かにガマにも見えるが、これも奇岩怪石か???
 (帰ってから調べると、このガマの口に小銭を入れると金持ちになれるらしい。知らんかったー。予習不足!)

 とりあえず、せきれい茶屋まで来ましたぞ!ここでセキレイが男女の仲をとりもったことから付いた名前らしいが、
 昔の男女はこの辺でいろいろええことしてたんでしょうなぁ。(またまたよからぬ想像〜♪)

【ガマ石】                                   【せきれい茶屋:ガマのお守り買う】


 女体山よりだらだら下って、鞍部に到着♪。御幸ヶ原です。なんか・・・昭和の匂いがぷんぷんしてます。
 やっぱり、人口が多い=観光客もそれほど減っていない で、生きながらえているんでしょう。
 (やましん隊長、こういったレトロスポット大好き人間なので、ケーブルカーも、ロープウェイも今後も残って欲しいですな。
  7年前、静岡単身赴任時代、箱根駒ヶ岳ケーブルカーも潰れちゃったしね・・・・・・・・・・)

 さて、御幸ヶ原を突っ切り、しばらく登り返すとあっというまに男体山御本殿に到着!
 なぜか本殿裏のかなり低い位置に男体山山頂の標識・・・・・・なんか寂しい
 その後、男体山御本殿でお詣り。そして横の社務所でお約束の御札購入!(1000円なり)。これも自宅の居間の鴨居に飾るぞ!
 (富士山、白山、乗鞍、御嶽、石鎚などなどずらっと並んでますが、山同士で喧嘩せんかなぁ??)

【御幸ヶ原】                                  【男体山山頂?】


 さぁ、あとは帰るのみ。御幸ヶ原まで下りてきて、テーブルで休憩。朝、コンビニで買ったおにぎり3個の内、バスの中で1個しか
 食べてなかったので、ここで残り2個を平らげる。(体力的エネルギー充填完了!妄想的エネルギーは既に満タンじゃ!)

 昨日の午後、この周辺はにわか雨が降っていたので、ケーブルカーで下りるつもりでいたが・・・・登山は登って下ってこそ登山!
 ・・・などとかっこいいフレーズが沸いてくる。しゃぁないなぁ〜。筑波山神社まで、歩いて帰りましょうか!。

 しかし、この下り、つつじヶ丘からの登りよりかなり標高差があるし、急な道。
 丸木階段が整備されている部分も多いがが、トレーニング不足、体重オーバーのやましん隊長には結構きつい!(靴もへぼい)
 案の定、ヒザが痛くなってくる。(お手軽登山と決め込んでいたので、ストックなんか持って来ちゃいねぇよ)

【筑波山神社への下り】                           【ながーい下り】


 それと、山渓社の日本百名山登山ガイドには、筑波山神社より登り、つつじヶ丘へ下るコースが載っているためか、
 団体さんが大勢登って来る。挨拶も忙しいし、当然登り優先!すれ違い時、待たねばならない!
 
 結局、60分かかって筑波山神社に到着〜〜。あーしんどかった。(やはり痩せねば!)
 さすがに本殿は立派であるが、山頂で御札は買ったので、ここではお賽銭10円で済ませる。
 あとはバス停に向かうのみ!8分程、お土産物屋の通りを過ぎ、大きな鳥居をくぐると、朝、停まったバス停に到着!
 時刻表を見ると5分後に筑波行きシャトルバスが来る予定!(ラッキー)

 しかし、シャツは汗びっしょり。仕方ないので、登り開始時、速攻で脱いだ薄い長袖シャツに着替える。(ズボンはそのまま)
 
【筑波山神社 本殿】                            【筑波山神社入口バス停:つくば方面へ】


 あとは、つくばセンターまでゆらゆら揺られ、つくばエキスプレスで秋葉原までたどり着いた。
 さすがに腹が空いたので、ロッカーから荷物を取り出す前に飯でも食おうとリュック姿で秋葉原界隈をさまよう。
 (途中気がついたが、50歳手前のおっさんが、リュック背負って秋葉原って・・・・・超オタクやん・・・・・・・・)
 あわててカレー屋に飛び込み、ポークカツカレーを食って、急いでJR秋葉原まで帰る。(なぜか冷ややかな視線を感じる。)

 帰りの飛行機は携帯から1便早めに予約変更したが、それでも出発まで3時間ある。
 東京を少しぶらついても良かったが、あまり見たい物もないし、もう歩きたくない。かなり早いが羽田へ向かいましょう!

 ・・・・・結局、羽田に15時に着いてしまった。出発までまだ2時間半もあるやん!
 どないしょうと思っていたが、結局、空港のイスで1時間程爆睡!(人間疲れとったら、どこでも寝られるもんですな)

 靴は滑るし、下りは長いし・・・なめてかかって返り討ちじゃな!
 とは言っても、百名山ゲットー!!(疲れた分、妙に満足している)

今回の散財(出張分以外です)
おにぎり3個、お茶3本 ¥713 コンビニ
コインロッカー代(秋葉原駅) ¥300 小型用
つくばエキスプレス(秋葉原→つくば) ¥1,150 快速
筑波山シャトルバス(つくばセンター→つつじヶ丘) ¥850  
がまがえるのお守り ¥450 せきれい茶屋
筑波山頂神社お守り(家内安全) ¥1,000  
筑波山神社お賽銭 ¥10  
筑波山シャトルバス(筑波山神社入口→つくばセンター ¥700  
つくばエキスプレス(つくば→秋葉原) ¥1,150 区間快速
ポークカツカレー ¥580  
合   計 ¥6,903       

 結局、筑波山では自足で登り下りしたので、筑波山キップを買うより安くすみました!(買わないで正解!)
 時間調整はしんどかったけど、こんな時でもないと、わざわざつくばまで行く気が起こらんし、まぁ良かった良かった!


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】