【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-149
山     名:立山日本百名山no,49
登  山  日:2012年8月3日
標     高:雄山(3003m)
        大汝山(3015m)
登山標高差:565m
累積  標高:1004m
三  角  点:一等三角点「立山」(行政:富山県立山町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
立山駅発 7:00      
室堂出発 8:20 0:00 登り
2:09
一ノ越通過 9:04 0:44
雄山山頂 10:03 1:43
大汝山山頂 10:29 2:09
野営地管理所 12:21 4:01 下り
2:50
室堂帰着 13:19 4:59
立山駅帰着 14:47    

室堂より(クリックでフルサイズ)

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.さて、百名山に行きますか!
 先月の剣山登山でダイエットは微妙〜♪、しかし、季節は夏!夏山登山!百名山!ですぞ!。
 お盆は逆に忙しいし、今行かねばいったいいつ行くのか?!やましん隊長!!
 と言うことで、今回はお盆前に北アルプスでも入門編の立山じゃぁ〜!
 立山室部アルペンルートは、いろいろ乗り継ぎが大変で、大混雑するとのイメージから、今までほっておいた山!。
 しかし、WEBから立山黒部のオフィシャルページで立山駅ケーブルカーの予約ができるとのことで、
 今回は、立山、室堂にロックオンじゃぁ〜〜♪♪

2.登山準備
 さて、行くと決めたら、行かずばなるまい!。といっても立山は一般観光でも大人気の山!。休日は厳しい〜〜!
 こうなったら、平日に強行突破しかない!。8月3日の金曜日!有給休暇を申請する。
 当然、火曜、水曜日夜中に登山道具一式をパジェロロングにぶち込み準備完了!
 さて、例のごとく、超長距離ワープ登山!。木曜日、定時でお仕事終了後、富山へ向けてワープ9で発進じゃ!

 ・・・遠い・・・さすがに富山は遠い・・・・・530km・・・・・されど、昨年登った雨飾山浅間山よりは近いはず!
 眠い目をこすりつつ、北陸道をぶっ飛ばす!。走行時間、約6時間!。24時頃、立山ケーブルカー駅無料駐車場へ到着!
 当然、手前のセブンイレブンでアテとビール3缶を購入済み!。なんでこんなに車が多いのかと疑問に思うほど
 混み合った駐車場で一人宴会開始!。WEBで朝7時のケーブルカーを予約済みなので安心して深夜1時に入眠、爆睡!

【立山駅手前のセブンイレブン】                      【一人宴会】    


3.登山開始
 目覚ましのセットは6時にしたはずであるが・・・・なぜか周りがやかましい!。時計を見ると5時!
 WEB予約を知らないのか、当日券を求める多くの登山客が富山駅へ向かっている!
 臨時で早朝運転があるのか心配になったため、とりあえず立山駅へ確認に行くが、やはり始発は7時!
 とは言っても、もう目が覚めちまったよ!どうしてくれるの!これって!!

 仕方がないので、トイレ行ったり、登山準備したりして時間をつぶす。
 6時20分からチケット窓口が開くらしいので、かなり早めに窓口に行く。
 時間きっかりに当日券の販売を開始したが、WEB予約券窓口はまだ開いていない!
 最近、おっさん化が著しいやましん隊長!。駅員を捕まえWEB予約の発券を催促する。
 うっとおしいおっさんが来たなぁ〜との表情をしつつもすぐに窓口がオープン。やましん隊長が一番乗りで購入じゃ!

【当日券を求め並ぶ列】                          【WEBきっぷゲット!】


 あとは7時まで待つのみ。足揃えをし、6時30分には立山駅で仁王立ちのやましん隊長。今日は行きまっせ!!
 7時ちょうどにケーブルカーも出発。7分で美女平到着。7時15分に2台の臨時バスが出発し、8時に室堂到着!

【立山ケーブルカー】                            【美女平よりの臨時直行バス】


 さて、とうとう来ました!立山室堂!。山のライブカメラで見ていた世界が目の前に広がっている。(こりゃええでぇ〜〜♪)
 天気もいいし、結構涼しい。それでは、まず雄山山頂からいただきましょうか。

【室堂ターミナル駅より】


 とっととピークを目指したいので、浄土山へは行かず、鞍部の「一ノ越」を目指す。道は岩をコンクリートで固めた遊歩道で歩きやすい。
 おっと〜、雪が残ってます。滑らないように、足を蹴り込んで進む。(結局4カ所ほど雪渓を渡る)

【まずは一ノ越を目指して】                         【雪渓が残っている】


 登りがきつくなる手前に祓堂(はらいどう)に着く。以前は神域を汚さぬよう、ここで身を清めたと言うが、
 欲まみれのやましん隊長、身を清めたら何も残りまへんなぁ。汗もかかず、室堂より44分で一ノ越に到着〜♪

【祓堂】                                     【一ノ越】


 一ノ越の先には北アルプスの山々が並んでいる。うーーん!広域地図を持ってきていないので同定はできないが、ええ景色じゃぁ!
 ここまでは結構ハイペース。このまま目の前の急登を登れば雄山山頂!。気合い入れていくぞ!

 ・・・・・・・・・ありゃ????前方に・・・青いジャージの子供の大群が・・・・・・地元小学生の夏山登山か????(ゲロゲロ・・・・)
 これでは・・・ハイペースは・・・無理じゃな(T_T)。しゃあないなぁ。子供には勝てません。ゆっくりペースをあわせて登ることにしましょ。

【一ノ越より南東方面】                           【雄山へ先行する小学生の団体】


 この小学生との登りは・・・・・・すさまじく・・・・・遅い・・・・・。止まったり、進んだり・・・・・・・・。
 その上、稜線の吹きっさらしの風に冷やされ、めちゃくちゃ寒いぞう。(でもヤッケを出すのが面倒なので我慢したりする。)
 振り返ると室堂、ミクリガ池などががよく見える。(雪渓が牛の模様に見えるのは、やましん隊長だけか???)

【雄山への登山途中から室堂を眺める】


 やっと来ました。登り始めて1時間43分。立山雄山山頂部到着!
 小学生も途中で道を譲ってくれたりしたおかげで、一ノ越から雄山まで1時間で雄山山頂部に着きました!
 さて、三角点はと?。案の定、おばさんが一等三角点にリュックを立てかけて占領しているのでいるので
 「写真を撮るので、ちょっとどいてもらっていいですか〜?」と、強引にどけてもらって写真を一枚!。
 一等三角点「立山」2991.6m確認!(隊長のおっさん化にさらに磨きがかかっています!)

 しっかし社務所は小学生でいっぱい。体操服一団が神主にお祓いを受けている間に巫女さんから山頂お札を慌てて購入!
 (山岳信仰お札ゲットじゃ〜!。・・・・・・しかし、あとでみてびっくりするのだが・・・・・・)

【一等三角点】                                 【雄山神社山頂社務所:小学生でいっぱい】


【雄山山頂】


 そのあと、さらに鳥居部分で500円支払い、雄山神社峰本社、山頂エリアへ入る。階段を少し登って狭い山頂へ!
 いわゆる立山主峰雄山山頂(3003m)到着!ここでは写真を一枚撮ればもう満足なのだが、
 神主が、「今からお祓いをするので座って下さい。」と言う。仕方がないので座ると、ありがたい祝詞(のりと)をあげてくれる。
 最後に、御神酒をくれるとのことで、期待をしていたが、5滴あるかないかのわずかな量・・・・これでは飲んだ気になりまへんな。

【山頂入場料支払いゲート:鳥居】                    【祝詞中】


 さて、写真も撮ったし、もう用はありまへん。しかし小学生の大軍団と一緒に下山するわけにも行かず、立山最高峰の大汝山へ進む。
 特に危ないところもなく、いかにも稜線という気持ちのいい道を進む。

【社務所は依然、小学生で満員状態】                  【雄山から大汝山への道】


 ガイドブックにあるように雄山から20分足らずで大汝山到着〜♪。・・・・しかし、ここでは大学生??の集団が山頂で芋こぎ状態・・・・
 とりあえず、立山最高峰、大汝山(3015m)山頂到着!直下で写真を撮ってもらう。

 さぁ、もうこれで目的は達した!。・・・・・しかし、また雄山まで戻って、あの小学生の団体と一緒に下るか???
 ・・・・それは勘弁願いたい!。ということで、事前に考えていた真砂岳手前から野営場へ下る大走りコースで下ることにする。
 大汝休憩所をから、さらに北へ稜線を進む。風が冷たいが、景色は最高!。徐々に剱岳が見えてくる。
 (今のメタボ親父では遭難確率100%だが、そのうち登ったるけんなぁ〜!)

【立山最高峰:大汝山山頂】                        【稜線より剱岳を確認する】


 富士の折立はしんどそうなのでスルーパスし、大走りへの下りへ歩みを進める。真砂岳手前の稜線と雪渓はええわぁ〜〜♪♪
 だらだらゆるゆる、稜線歩きを堪能する。

【真砂岳手前の絶景】


 ここから見る室堂は全景がデジカメ1枚に収まる箱庭!。下界が雲海に隠れているので、まさに天空の別世界のよう・・・・・!

【室堂全景】・・・・・この画像だけクリックすると撮影時フル画像・・・・・著作権フリーです


 こんな稜線でもけなげに咲いている高山植物があるんですな!(あまり興味がないので名前はよく知らないが、イワギキョウか?)
 それでは真砂岳(2861m)手前の2860mピークの巻き道に入り、そこから大走りコースへ突入じゃ〜!

【たぶんイワギキョウ】                           【真砂岳手前ピークの巻き道へ】


 この大走りコース。広い立山のカルデラ?の中央を下る尾根道。見た感じ、非常に気持ちがよさそう!
 しかし、実際は小さなジグザグを下る、長〜い長〜い尾根道。見晴らしがいい分、下っても下っても、なかなか標高が下がらない。

【大走りコース、長い下り】


 足が・・・膝に堪える!。小股でとぼとぼ下ってゆくが、これはしんどいわ〜(T_T)。
 雄山への急登のみを考え、両手ストックをパジェロに置いてきたことを、非常に後悔する。
 足休めに、またも高山植物の写真を撮ったりしている。(チングルマ、イワイチョウか?)

【たぶん、チングルマ】                            【おそらく、イワイチョウ】


 途中、おにぎり休憩などをとって、とにかく滑って怪我をしないように気をつけて下る。
 結局、大走り分岐から70分かかって、やっと下り終え、野営地への橋を渡る。

【やっと下りきったぞ!膝ガクガクやん】                  【野営地への橋】


 ここまで長かったぁ〜・・・・・。もうここで昼寝したいぞぅ・・・・・・・・などと愚痴を言っても始まらない!。
 ここから室堂ターミナルに帰るには、再度、登り返さなければならない・・・・・・・。既に太ももがピクピクしてますがな・・・・。
 室堂へ向け、階段をだらだら、ふらふら登ってゆく。(ほんま、しんどいいわ〜)

【野営地にはカラフルなテントが・・・うらやましい・・・】         【まずはターミナルへ向けての最初の登り】


 やけくそで進んでいくが、そろそろ疲労の限界???。(いつ座り込むかわかんねぇぞ!)
 雷鳥荘を過ぎた展望休憩所で一旦ギブアップ!、休憩する事にする。先にいた年配のペアにデジカメのシャッターをお願いする。
 (せっかく今まで歩いてきた稜線が真後ろにあるのに、写真を撮らないのはあまりにもったいない!)

 少し話し込み、女性の方から北海道の魚の干物と冷たいミカンを頂く。ありがたい♪(塩分、水分で生き返った〜♪)
 さらに何本か干物を頂き、先を進む。

【雷鳥荘の休憩所で意地を張ってのガッツポーズ!】         【雷鳥荘直下の池:名前は忘れた・・・】


 体を引きずるように、ミクリガ池へ向かう。
 途中で、現在立ち入り禁止になっている地獄谷の展望台に来たのでやっぱりパノラマ写真を撮る。
 
【地獄谷パノラマ:奥は大日連峰】


 やっと、みくりが池温泉に到着。・・・・・・・・げげっ・・・・ここで・・・・・・・また・・・・・・小学生の大群が・・・・・・・・・・・・・・
 なかなか前に進めない。この場所が室堂の絶景スポットと言うことで、結構混雑している。
 やましん隊長も、とりあえずパノラマを撮影する。(・・・・・疲れ切っているのに・・・・)

【みくりが池温泉】                              【みくりが池です】


【お約束のみくりが池と立山連峰の絶景写真です。(ヘロヘロなので、シャッターは適当・・・・)】


 やましん隊長、もう子供に配慮する体力的余裕がない!。大人げないが、小学生を追い抜き、室堂ターミナルへやっと到着。
 運良く、5分ほどで美女平への直行バスへ乗ることができたが、やましん隊長、すでに思考能力も疲れている。
 美女平がケーブルカー乗り場と言うことも忘れ、バスの運ちゃんに美女平で何に乗り換えればいいのか聞きまくる。
 しばらく考え、美女平が今朝ケーブルカーを降りた場所と言うことを思い出し、しばし赤面・・・・・。

【室堂ターミナルへ生還】                          【ケーブルカーで早く下りたいぞ!】


 あとはとんとん拍子に立山駅まで帰着!。しかし〜下界はくそ暑いわ!。自販機で冷えたジュースを一気飲みする。
 やっとパジェロまでたどり着き、人目もはばからず(といっても誰もいなかったが)汗くっさいTシャツと靴下を着替える。
 ふぅ〜、大走りのあの長い下りと室堂への登り返しは反則やでぇ〜
 自分で選んだコースなので誰にも文句が言えないのが悔しい!
 
 さて〜♪、気を取り直して・・・・♪
 今回はいつもと違いまっせ♪。昨年、浅間山草津白根山登山のあと、本当は旅館で泊まって料理にビールと行きたがったが、
 結局空いている宿を探せず、ヘロヘロの状態で徳島まで帰った反省から、今日は宿を予約してある!
 立山ICからほど近い、湯神子(ゆのみこ)温泉。実際行ってみると、思ったよりまともな宿で安心する。
 (値段の割に、お一人様でも部屋食はすごい!・・・と自宅で副隊長が悔しがっていた。)

【立山駅から宿へ向かう】                          【湯神子温泉:本日の宿〜♪】


 今日は朝からおにぎり2個、塩飴5個なので腹ぺこである。チェックイン時に飯の時間が早くならないか聞いてみたが、6時からとの事。
 仕方がないので、まずは風呂に浸かり、くっさい汗を流す。
 
 パソコンも持ってきていたので、今日の山行を記録していると、30分早めに晩飯が出ると連絡あり!(ラッキー!!!♪♪♪)
 ビール大瓶3本と500ml1缶を浴びるように飲んでご飯もおかわり3杯!満腹じゃぁ!
 結果・・・・・・・爆睡!(おやすみなさい!)
                                          【晩飯(あと、ご飯に吸い物、デザートが出ました。)】
【湯神子温泉大浴場:外に露天もあります】                    (マウスを乗せると朝食に変わります。)

                                              
 翌朝、6時に起床!。朝風呂にゆったり浸る。(まったり〜、まったり〜)
 この宿、昨夜、高校インターハイの客が多かったと言うことで、早朝からユニフォームを着た学生が出発していた。
 そのせいか、朝食も7時からと説明を受けていたが、6時30分に「朝ご飯、もう出来てますよ〜。」とのこと。
 これ幸いと、朝食もしっかりおかわりいたしました。(今回は食べ過ぎ、飲み過ぎじゃぁ〜)

 さて、それでは徳島まで帰りましょうか。(540km、遠いわ〜)。
 携帯で高速の渋滞情報をチェックすると、やっぱり宝塚トンネルで朝から渋滞している。とにかく朝7時にチェックアウト!
 途中情報を確認しても、中国道も阪神高速も20kmの渋滞。覚悟を決めて中国道の渋滞に突入する。

 結局、富山立山から徳島自宅まで7時間30分で無事帰還。車の運転も疲れたわ〜

【立山雄山山頂神社の御札】
※山岳信仰、山頂神社御札マニアのやましん隊長
 今回、立山雄山神社の御札をゲットしたが
 巫女さんに、「どれも同じですよー。」と言われて
 適当に手にした御札を購入したが、
 ・・・・同じだったのは値段だけ・・・・・・

 やましん隊長が買ったのは
 ・・・・・「商売繁盛」・・・・・・・

 サラリーマンが「商売繁盛」買って、どないすんねん!
 「家内安全」でも「交通安全」でも「悪霊退散」でも
 よかったのだが・・・
 (・・・・・・ええ山ネタが出来ました。・・・・・・)
 (自宅に帰って、夜、またまたビールを飲んで・・・・・。まさに不健康登山の見本じゃな!) 
今回の散財
ガソリン代(往復1070km) ¥18,300 レギュラーガソリン byパジェロ3000
高速代 ¥16,275 各種割引後 
食料 ¥1,140 セブンイレブン、あて、ビール、おにぎり等
立山〜室堂往復WEBチケット  ¥4,190 ケーブルカー、バス室堂往復 
立山頂上雄山神社御札 ¥1,000 会社員なのに「商売繁盛」を購入〜(T_T) 
飲料水  ¥245 セブンイレブン、自販機
湯神子温泉一泊(部屋食)   ¥15,506 夕食部屋食、ビール飲みまくり 
お土産代 ¥4,092 せんべい、つくだ煮、白エビおすましの素等 
合   計 ¥60,748 金銭感覚リミッター解除、無駄遣いバージョン
※今回は(今回も)、・・・・・疲れたぞぉ〜!金もかかったぞぉ〜!
 (でも、山中毒患者なので致し方ない!)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】