【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-150
山     名:剣山日本百名山no,93
登  山  日:2012年8月18日
標     高:1955m
登山標高差:555m
累積  標高:732m
三  角  点:一等三角点「剣山」(行政:徳島県那賀郡那賀町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越発 10:31 0:00 登り
1:31
西島駅 11:16 0:45
大剣神社 11:38 1:07
剣山山頂通過 12:02 1:31
次郎笈分岐着 12:17 1:46 下り
食事込
1:22
次郎笈分岐発 12:21 1:50
見ノ越着 13:24 2:53

下山後もガスってます

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.実力確認登山・・・・
 2週間前の立山登山は最高であった・・・・・。しかし、これがまた次への登山への渇望へとつながる・・・・・・
 うーーーーーんが!山に登りてぇぞぅ!。しかし、未だ盛夏!くっそ暑い!。それに涼しそうな本州の3000m級への登山には
 溜まり貯まった仕事の都合上、なかなか行けまへん・・・・・・・・・。
 しかたがないので、近場の地元の剣山(徳島県最高峰)へ、ちょこっと行って見たりする。

 登山口は例のごとく見ノ越、剣神社。10時31分登山開始。
 下界は快晴であったが、つるぎ町の天気予報は「午前晴れ:午後弱雨」。
 うーーむ、1ヶ月前に同じ剣山に登った時の雨を思い出す。今日はなんとかもってくれよ〜。

【見ノ越、剣神社より登山開始】                      【45分でリフト上、西島駅に到着】


 さて、雲の隙間からちらほら日射しもさしてきている。いつも同じコースではおもしろくないので、今日は大剣神社経由にする。
 久しぶりなので100円のお賽銭を投入。(・・・・・この後、雨が降りませんように・・・・・・・)

【西島駅より大剣神社へ】                         【久しぶりの大剣神社】


 2006年の大晦日、雪の中を大剣神社経由で登ったのを思い出す。(あの時は、神社から山頂までラッセルで苦労したが
 今日はただの夏山登山道で、団体さんのあとをダラダラついて行く。
 刀掛けの松コースと合流し、いわゆる山頂部に到着する。山頂ヒュッテ別館:雲海荘は本日貸し切りとのこと。
 「本日午後、雷雨注意!」との注意看板が気になる・・・・・・

【大剣神社の上部より】                           【貸し切りの雲海荘】


 登り始めて1時間31分、いつもの〜のどかな〜剣山山頂に到着♪。「ゆっくりゆっくり」を心がけたので、ほとんど疲れはない。
 しかし、お盆休みの後遺症か、かなりの人が登ってきている。(中にはかなり軽装な人も・・・・・)

【山頂部:平家の馬場】                           【まだまだメタボなやましん隊長:なかなか痩せられまへん】


 これだけいっぱいだと落ち着いて昼飯も食えないので、次郎笈方面へくだる事にする。
 先日の立山登山では長い下りに足がヘロヘロ、翌々日、太もも前面が筋肉痛でトレーニング不足を実感した。
 いろいろなホームページに登山のためのトレーニング法とかストレッチとかが載っているが、
 結局のところ、登山のトレーニングは登山しかない!と思い知った。せっかくの下りなので、トレーニングがてら、ゆるゆる降りる。

 15分もくだれば次郎笈へと西島駅への分岐に到着。
 なーんか雲行きが怪しいので、今回も金ちゃんヌードル大魔王はお持ち帰り、おにぎり1個だけを慌てて食す。

【次郎笈方面へのくだり】                          【次郎笈、西島駅への分岐】


 げげっ!とうとう来たか!?、大きな雲の塊が迫ってくる。次郎笈も見えなくなる。大慌てで西島駅へ出発する。
 しかし、時既に遅し!。急に大粒の雨で土砂降りになる。樹木の下で防水効果の切れたヤッケを着るが、太刀打ちできるはずもなく、
 這々の体で、あずまやまにたどり着き、しばし雨宿りをする。(3分ほど待ったが、すぐ横で雷は鳴るわ、雨は土砂降りのまま・・・)

【げろげろ、大きな雲の塊が・・・・・】                   【土砂降りの中、あずまやで雨宿り】


 待つことが嫌いな性格のやましん隊長、せっかく雨宿りできる東屋にいるのだが、1分が1時間にも感じてしまう。
 (誰か話し相手でもいれば、ここでラーメンでも食って時間をつぶせてよかったのだが・・・・・)

 結局、土砂降りの中、下山再開!上半身はヤッケで何とかしのいでいるが、下半身は、パンツから靴の中までぐっちょぐちょ!
 リフトの西島駅にも多くの客が待っているようだが、皆さんずぶ濡れ。

 その後、10分ほど遊歩道を下った頃、やっとゲリラ雷雨が・・・・・止みました・・・・・。
 (あたりは霧が立ちこめ、静かな世界・・・・。・・・・・・さぁ、はよ帰ろう・・・・・)

 剣山山頂より1時間22分、濡れネズミ状態で見ノ越に下山完了。

【雨の止んだ下山遊歩道】                         【見ノ越駐車場より剣山を望む:曇ってますなぁ】


 駐車場で上から下まで着衣一式をすべて着替えて、やっとさっぱり〜♪
 これなら、帰りの風呂はいりまへんな!(汗も雨で流れてますがな)

 その後、パジェロで貞光へと降ってゆくが、途中何度もゲリラ豪雨。(車が洗えてラッキー)

 ※剣山は2回続けて雨に降られてしまった。その分、県外の百名山で晴れてくれればいいのだが、
  そううまくはいかないのが世の常か


今回の散財
ガソリン代 ¥3,000 レギュラーガソリン byパジェロ3000
高速代 ¥350  
食料 ¥806 おにぎり、麦茶等
合   計 ¥4,156 風呂パスなので割安です。
 
【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】