【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-151
山     名:常念岳日本百名山no,56
登  山  日:2012年9月15日
標     高:2857m
登山標高差:1570m
累積  標高:1770m
三  角  点:なし
登山時間データ 時刻 時間 備考
駐車場発 5:18 0:00  登り
4:39
一の沢登山口発 5:30 0:12
胸突八丁標識(下) 7:44 2:26
常念乗越 8:47 3:29
常念岳山頂着 10:07 4:39
常念岳山頂発 10:47 5:29 下り
休憩
込み
4:23
常念乗越 11:45 6:27
胸突八丁標識(下) 12:53 7:35
駐車場着 15:10 9:52

常念乗越手前より (本当の山頂はこのピーク奥)
クリックでフルサイズ

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.夏が・・・、夏が終わってしまった〜・・・・
 2012年9月12日、富士山に初冠雪のニュースが・・・・。夏が、夏山登山期が終わってしまった〜。
 だが、下界はまだまだ30度を軽く超える残酷暑!。これはまだまだ大丈夫じゃない?
 そこで、せっかくの9月の三連休!どこか、今のメタボ状態でも登れる百名山に登るぞ!。
 
 ・・・・うーーむ・・さて、どこに登ろうか・・・・・・。大型台風も沖縄に近づいているので九州は雨でだめ〜。
 本州中部は何とか天気も良さそうなので、まだ登っていない甲信越の百名山の登山資料をプリントしまくる。
 
2.登山準備
 さて、9月13日木曜夜、こそこそとパジェロロングに登山道具一式と登山資料をぶち込み準備完了!
 翌、9月14日金曜日、仕事はハードであったが、そんなことは関係ない!。さて、例のごとく、超長距離ワープ登山と行きますか!。
 定時きっかりでお仕事終了!甲信越へ向けてパジェロをぶっ飛ばす!
 ・・・遠い・・・・・先月富山の立山に登ったときと同じ程度の移動距離なのだが、今日の仕事の疲れか、しんどいぞう!
 途中、天気予報を確認し、今回のターゲットを北アルプスの常念岳に決定し、中央道へ突入する。
 常念岳・・・この山は悔しい思いのある山・・・・。
 2009年9月20日、ETC1000円乗り放題開始で大渋滞に気後れし、せっかく長野県まで行って、登山口手前で敵前逃亡!
 いずれは登らねばと気にかけていた山!。今回は、そのときの屈辱を晴らすぞ!

 24時、豊科IC到着。(このIC、来月から安曇野ICに名称が変わるんですな。まぁそっちの方が聞こえはええわな〜。)
 恒例ですがサークルKで、あてとビール購入。一の沢登山口まで車を進めるも、再奥は車はなし。(もちろん駐車禁止)
 Uターンし、少し下の林道脇の空き地に駐車。先客は2台。すぐにエンジンを止め、いつもの一人宴会開始〜〜♪
 (しかし、今回買ったアテは見かけよりジャガイモが大量に入っている。ビールの泡で腹がふくれ、満腹じゃ。)
 アラームを5時にセットし、深夜1時半就寝。2時半にトイレに起きる。満点の星空に感動するが、またすぐに寝る。

3.登山開始
 カシャカシャ、やかましい音で目が覚める。時刻を見ると4時半!。まだ外は夜が白みかけたばかり。
 しかし、結構な数の登山者が下の駐車場を出発し、登山口方面へ進んでいる。(こんなに早いのか?)
 仕方がないので、やましん隊長も大慌てで準備をし、5時17分に駐車場出発!
 10分ほどで一の沢登山口に到着。
 
【一人宴会】                                  【一の沢登山口】


 トイレを借り、登山届の書き方で係員の老人に叱られ、時間がもったいないので爺さんの言うとおりに適当に書いて出発する。
 (基本は日帰り、疲れたら常念小屋で1泊と書いたら、「正確に書け!」と怒られた。悔しいので「解った!。疲れてても日帰りする!
  下山してきたら、確認するのか!?」と聞いたら、「そんなことするか!」とまた怒られた。なんか理不尽・・・・・。)

 登山道に入り、数分も歩くと「山の神」の鳥居発見。とりあえず拝む。無事に下山できたら、お賽銭入れよう。

【登山届提出所】                             【山の神】


 最初は多少アップダウンはあるものの、緩やかな沢沿いの道を進む。が、やはり登り始めると一気に汗が噴き出す。
 何カ所か、一の沢の支流に架けられたぼろっちい丸木橋を渡ったりする。

【最初はなだらか】                              【支流の渡し】


 全然手が入れられていないのかと思いきや、新しく作った階段などもある。
 まぁこの長い距離を整備するのは骨が折れるわなぁ。
 途中、笠原沢の看板発見。「常念小屋まで2.2K、駐車場まで3.5k」とある。距離的にはだいぶん来たと思うが・・・・
 標高は・・・・・・今回の登山標高差1600mのうち、まだ700mしか登っていない。(あと、どんなきつい登りが待ってるねん?!)

【新しい階段】                                 【笠原沢標識】


 さらにダラダラ歩き続けると、アザミなどの雑草の中を進んだりする。小さな沢を何度も渡ってゆくが、なかなか標高が上がらない。

【雑草の中の道】                               【何カ所もある立派な橋】


 あまりに退屈なので、見かけた高山植物を撮影したりする。
 青いのはたぶんトリカブト、白いのはわかりまへん。(興味ないもん)

【花:1】                                    【花:2】


 登山口から2時間歩いてやっと胸突八丁の看板に到着。まだ、2090m〜?。800m登ってきたけど、まだ800mあるんかいな。
 ここまで来たからには行かなしゃあない!。急な坂をのろのろと登ってゆく。
 途中、見晴らしのよいところで常念岳が見えるが、山頂部はなんか雲があるなぁ。晴れてほしいけど、雨よりはましか!

【2時間歩いて胸突八丁】                          【常念岳山頂方向:雲あり!】


 胸突八丁と言ってもなだらかなところもある。しかし、基本は登りが続く。いったい、いつまで登りがつづくのか・・・・

【胸突八丁の登りでも緩いところ】                    【きついところ】


 おおーっ、やっと山頂部のお出ましじゃぁ〜。稜線まで後もう少し・・・・・・

【稜線まであとちょっと】


 ふ〜〜ぅ、しんどかった〜。胸突八丁を登ること1時間!、稜線鞍部の常念乗越(じょうねんのっこし)(2467m)に到着!
 録画済みのNHK「週間 日本の名峰 〜常念岳〜」で見たとおりの景色が広がっている。奥に常念小屋発見!
 しかし常念乗越は風の通り道。冷たい強風でめちゃめちゃ寒いわ!。
 あわてて先日モンベルで買った3Dサーマルジャケットとパーカーを着込む。

 少し休憩がてら、そこら辺にいた山ガールにいろいろ聞いてみたが、昨夜の常念小屋は平日なので14畳の部屋に4人しか
 寝なかったとのこと。(なんとうらやましい)。
 ただ、今朝は早朝から常念岳山頂へ登ったが、少し待っても結局ガスが晴れず、降りてきたらこんなに晴れて悔しい〜!とのこと。
 まぁ、世の中、そんなにええ事ばっかり続きませんわ。
 
【稜線の常念乗越到着!】                        【常念小屋】


 しかし、やましん隊長も、今から1時間かけて山頂まで残り標高差400mを登るが、それまで晴れていてくれるか!?
 それに、ここまで3時間、標高差1200m登ってきて、もう既に体は死に体同然(へろへろ)

 とは言っても、ここで引き返えせるわけがない。行きましょう!
 景気づけに、そばにいた山オッサンに今から登る山頂部をバックに写真を撮ってもらう!

 気合いを入れ直し、登り始めたのはいいが、道はすぐにガレ場と化し、登りにくくなる。
 足下を確認しつつ、うつむいて登っていくと、すぐに目標の赤ペンキを見失い、さらに登りにくいところを進むことになる。

【山頂まであと1時間!】                          【ガレ場の登り道】


 あまりにしんどく、少し登っては休憩を繰り返す。
 振り返れば横通岳がででーーんと見守ってくれている。
 あちらもいい山ですなぁ〜!(体力的、精神力的に登るつもりは全くないが・・・・)

【隣の横通岳】


 常念乗越から山頂のように見えていた手前のピークを越えると、やっとこさ本当の常念岳山頂が直視できる。 もう一踏ん張り!。

 やっと・・・やっと山頂直下にたどり着く。岩峰を山頂方面へ登ってゆくと東側がかなりの崖になって結構怖いぞ。

【手前ピークより真・山頂を望む】                     【山頂より東の崖】


 おおー!山頂らしきピークに人が集まっている。やっと、やっと到着!
 駐車場より4時間39分で常念岳(2857m)山頂到着!
 三角点の資料は持ってきていなかったので、疲れた足で結構危ない山頂周辺をうろうろ捜索する。
 周囲の人にも聞いてみたが、結局、常念岳には三角点はなく、前常念岳にあるとのことで、とりあえず納得する。

【常念岳山頂】                                【山頂到着じゃ】


 もう・・・、もう登らなくていい・・・・・。急に気が抜け、ぼけーと周囲を見渡す。
 穂高、槍の方面は残念ながら山頂部に雲がかかり、絶景とは行かなかったが、真上が晴れてりゃ結構ええ気分ですなぁ!
 周囲の人も、なんだかドーパミン出まくり状態で、妙に自己満足に浸りきっている。

【山頂でまったり】


 穂高も槍も雲がかかり、残念ではあるが、山頂部だけ、水平にすっぱり見えないという景色もまた一興と言うことで、パノラマをひとつ。

【常念岳山頂より、山頂がスパッと雲に隠れた穂高連峰のパノラマ】


 もひとつ、山頂から南方面、蝶ヶ岳方面。東側のみガスってます。
 
 それではお約束の金ちゃんヌードル大魔王降臨です!山頂の岩陰でこそこそお湯を沸かす。
 やましん隊長、常念岳山頂にて金ちゃんヌードルを食う!
 (これだけ何年も宣伝しても、徳島製粉からはラーメン1個、爪楊枝1本ももらってません!(なんかちょーだい・・・))

【蝶ヶ岳方面】                                 【常念岳山頂で金ちゃんヌードルを食うの図】


 馬鹿なことをやっていると、一瞬だけ槍ヶ岳がちらっと見え、周囲で「槍だ!」とのどよめきが起きる。
 そのうち登ってやるからなぁ!
 (などと威勢のいいことを言っているが、常念岳ごときでヘロヘロになり下山をどうしようか悩んでいる現状は勘案していない。)

 さて、飯も食ったし、山頂に住むわけにも行かないので下山するか!
 40分の飯休憩で若干体力回復したので、ぼちぼちと降りてゆく。
 下山時は登るときより見通しが効くので、ほぼ正規のルートをトレースするが、やはりガレ場は歩きづらいな(ガスって来たし)

【一瞬だけの槍】                               【山頂より下り道】


 ガスが切れ、横通岳を見ると、これまた「週間 日本の名峰」で見た常念乗越の名物。
 東から登ってきた暖かい空気を、西から乗越を吹き抜ける冷たい空気が押し返す光景が広がっている。

【常念乗越、横通岳】


 常念乗越まで下り、常念岳山頂を振り返ると、同じ風景が広がっている。
 西からの風に押され、東の雲が巻いている。

【常念乗越より常念岳方面】


 テント場のトイレ(使用料100円)を借用し、スッキリ!。それでは、ガス渦巻く一の沢へ下りましょうか!

 ・・・・ゲロゲロ・・・・・案の定、左の膝が痛くなってきた。両手ストックを駆使しているが、それでもしんどいなぁ。
 それに、今夜、常念小屋で泊まるつもりの登山客の団体が大勢登ってくる。登り優先で、道を譲らなくてはならないので、
 何度も足止めを喰らい、なかなか下ってゆけない。(200人以上に挨拶をするのもくたびれますなぁ)

 しかし、今夜の常念小屋の宿泊者は収容人員200人を軽くオーバーしてますな。
 今朝、話をした山ガールが言っていた金曜夜のスカスカ状態とは大違いの混雑状態が想像できる。
 (無理しても、下山してよかった〜と本当に思う。)

 下山中、膝休めも兼ねて、高山植物の花などを写真撮ったりしてみる。(当然名前は知らない。興味もないが・・・)
 せっかく撮ったので、とりあえず調べてみようと思う。

【下山:ガスってます】                            【花:3】


【花:4】                                     【花:5】


 やっとこさ胸突八丁(下)掲示板を過ぎるが、まだまだ長〜〜い下りは続く。
 途中で、登りの時には気づかなかった「王滝ベンチ」を見つける。ベンチという割にはかなり古い。
 座るのをちょっとためらうぐらい古〜い。

 結局、常念岳山頂より4時間40分ほどかけて、一の沢登山口までたどり着く。時刻は15時。
 登山口近くの「山の神」にはちゃんと下山のお礼をし、100円のお賽銭を入れることは忘れませんでしたよ!
 
【王滝ベンチ】                                 【一の沢登山口到着】


 ふぁ〜〜ぁ、疲れました。
 とりあえず、風呂じゃな!。カーナビで近くの日帰り温泉を探し、「ほりでーゆ〜四季の郷」で入浴〜〜♪♪(500円なり)
 
 体がさっぱりしたので次は腹ごしらえじゃ!。昨夜、豊科ICを降りたときに見つけていた「ステーキ宮」で肉を食うぞ!
 ノンアルコールビールと、やわらかロース450gの「宮ポンドステーキ」とライススープセットを注文する。
 出てきた肉が・・・でかい!(満腹!食べ応えがありました!)。今回も不健康登山の極み!
 
【入浴:ほりでーゆ〜四季の郷】                      【晩飯:450gのポンドステーキ】


 さて、それでは疲れた体にむち打ち、徳島まで帰りましょう。(今回は宿泊なしです。)
 豊科ICを17時40分に出発したので、近畿地方の渋滞もそのうち無くなるはず。
 途中、あまりにしんどく、何度かPA、SAで寝ようとするが、結局寝付かれず、すぐに運転再開。深夜1時に自宅帰着〜。
 ビール3缶飲んで・・・・・バタンキューでござる。
  ※今回はしんどかった〜!減量不足、トレーニング不足!。明日、明後日の筋肉痛も決定!

今回の散財
ガソリン代(往復1184km) ¥22,200 レギュラーガソリン byパジェロ3000
高速代 ¥16,525 各種割引後 
食料 ¥1,626 サークルK、あて、ビール、おにぎり、飲料水等
トイレチップ ¥100 常念乗越テント場トイレ
山の神 お賽銭 ¥100  
風呂代 ¥500 ほりでーゆ〜四季 
晩飯代 ¥4,221 ステーキ宮 宮ポンドステーキセット他
お土産代 ¥1,040 ご飯にしょうが(みどり湖PA)
夜食代 ¥1,340 弁当、ビール
合   計 ¥47,652 無駄遣いバージョン継続中!(財政赤信号!)
 
【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】