【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-152
山     名:祖母山日本百名山no,96
登  山  日:2012年10月06日
標     高:1756m
登山標高差: 664m
累積  標高: 951m
三  角  点:一等三角点「祖母山」(行政:大分県竹田市)
        四等三角点「千間平」(行政:熊本県高森町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
北谷登山口発 6:16 0:00  登り
2:21
千間平1447m三角点 7:13 0:57
三県境 7:32 1:16
国観峠 7:53 1:37
祖母山山頂着 8:37 2:21
祖母山山頂発 8:47 2:31 下り
1:48
風穴 9:42 3:26
北谷登山口着 10:35 4:19

国観峠より望む

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.秋の三連休!・・・どうする?・・・・
 2012年10月初め。それも3連休・・・・。少し気温も下がり、登山には最適な季節ですなぁ!
 しかしやましん隊長、最近仕事が・・・・溜まり溜まって・・・・・ピーンチ!(やばいな、この状況・・・)
 本来、この休みも出勤して資料作成などを行いたいのだが・・・・
 なんと、なーんと♪、システム課より、サーバー入れ替えのためこの3連休のうち2日はパソコンは使えませんとのこと♪
 ラッキー♪、・・・いやいや、仕事ができないのはやばいのだが、パソコンが使えないのなら仕方がない!
 と、いうことで、山へ、百名山へ行くぞ!

 この夏、本州へは何度か行ったので、今回は九州じゃ!。登山解禁になった韓国岳にも行きたがったが、地図を見ると・・・
 ・・・・・さすがに遠い・・・。それに、韓国岳と開聞岳は結構近いので、出来れば一回の遠征で登りたい。
 ということで、今回は百名山の中でも結構人気の無なさそうな祖母山に決定! 

2.出発
 さて、10月4日木曜夜、例のごとくパジェロロングに登山道具一式と登山資料を積載完了!
 10月5日、定時で退社!。高速道路を徳島道から松山道へとぶっ飛ばし、九州へのフェリー乗り場の愛媛県八幡浜港へ向かう!
 フルで仕事したあとの、高速道路移動は疲れるわ〜。飛ばしまくったおかげで20時55分にフェリー乗り場到着〜♪

 さぁ、以前も乗ったことのある宇和島運輸のフェリーは22時出港なので、事前にネットでプリントアウトした自動車運送申込書と
 車検証を持ってチケット売り場にゆっくり向かう。開いているチケット売り場へ用紙を出すと・・・・
 えっ、え〜!。なんとあと3分後に出発する九四オレンジフェリーを少し待たせるので、
 急いで九四オレンジフェリーのチケットを買えとのこと!。見るとそこは同じ建物内にある九四オレンジフェリーのチケット売り場!。
 1時間も早く同じ九州の臼杵港に上陸出来るとあって、大急ぎで申込書に記入し、パジェロをフェリーへ進める!(ラッキー!)
 やましん隊長に続いて、もう一台が駆け込み乗車!(宇和島運輸と九四オレンジフェリーの客の取り合いですなぁ)

 フェリー内は、案の定ガラガラ。こりゃ、少し出港を遅らせても客を乗せたいわなぁ〜。
 しかし、フェリーの客室、綺麗ですなぁ!(昔のイメージがあったので、あまりの変貌にビックリ!)
 二等客室でも絨毯コーナーに加え、展望テラス、BS放送のあるリクライニングシート室と豪勢!
 あまりに快適なので眠くなるが、ここで寝ては登山口で眠れなくなると困るので、テレビを見て九州への到着を待つ!
 
【21時発九四オレンジフェリー内:車両駐車場】             【客室内】


 2時間25分後、予定通り、23時25分に九州、臼杵港へ到着!
 ここから、祖母山への登山口のある宮崎県高千穂町の五ヶ所〜北谷へ車を進める。
 途中、大分県竹田市のローソンで一人宴会のあて、ビールと翌日のおにぎりを購入する。

 しかし、一般道、それもくねくねの山道・・・・時間がかかります。最後のダートの林道で子鹿を轢きそうになり、急ブレーキもあったが
 臼杵港より2時間かけて北谷登山口にやっと到着。(時刻は1時30分・・・・)。先客は林道途中から一緒になったRV車1台のみ。
 曲がりなりにも百名山、3連休の初日の夜に登山口がガラガラとは・・・・。まぁ明日の朝には満杯になるでしょう!

 ということで、やましん隊長、恒例の登山口、一人宴会開始!。ゲゲッ!、寝袋が・・・・無い。(乗せ忘れたか?・・・・)
 仕方がない。登山衣類はバック一杯持ってきているので、ダウンジャケットを着てビールも飲んで・・・寝る!(深夜2時30分就寝)

【五カ所から北谷への林道:ダート道】                  【一人宴会開始】


3.登山開始
 寒い・・・・。寒いぞぅ!!。何でこんなに寒いんだぁ〜!。時計を見るとまだ4時半。(2時間しか寝ていない・・・・)
 寒くて寝られない。就寝前、パジェロの外温計が9度だったので、いまは5度以下かも・・・・
 トイレへ行くため車を降りるが、やっぱり車は2台のみ。(この登山口はそんなに人気がないのか??)
 なんとかもう一度寝ようとしたが、結局寒くて眠れず、やむを得ず、5時半にパジェロのエンジン始動。暖房をかける。
 ありゃ??、なんで、運転席の窓が開いてるの?
 そういえば、昨夜、林道を走行中、エアコンを止めて、窓を開けたなぁ〜。(燃費節約のため)
 寝袋なしで・・・・、窓を開けて・・・・・そりゃ寒いはずじゃぁ・・・・・・

 ごそごそとしているうちに、隣の車の人も目覚め、朝食の用意をしている。こちらの朝食はおにぎり1個。(あっという間に終了)
 だいぶん明るくなってきたので登山準備を整え、6時15分に千間平コース経由で祖母山へ出発じゃ!

【北谷登山口】                                【登山口の分岐、左の千間平コースへ進む】


 最初は杉林の中をゆっくり登ってゆく。体もだんだん温まってきたので上着を脱ぎTシャツになる。
 この千間平コースはよく整備されており、1合目から9合目まで標識柱がいい目安になる。

【最初は杉林の中をゆるゆる登る】                    【合目標識】


 進むにつれ両側に笹が茂り、見晴らしがきかないが、道は明瞭。
 所々、粘土質の滑りやすい場所もあるが、道中央の窪みに落ち葉が溜まり、階段状の滑り止めとなって結構登りやすい。
 (ここ数日、晴れているし、秋の落ち葉の時期なので条件がよかったのかも・・・)
 4合目の標識を過ぎ、登り始めて1時間弱で1447mのピークへの分岐があるのでこちらへ進む。なんか気持ちよさそう!

【両側に笹の壁が・・・】                           【1447mピークへの分岐を進む】


 ここは綺麗に刈り込まれてますなぁ。見晴らしのきかないこの千間平コースで休憩所に最適!。
 四等三角点「千間平」1445.83mも確認じゃ!

【1447mピーク】                                【四等三角点:「千間平」】


 このピークから北西方面を見ると・・・・おそらく左の山並みが阿蘇山、右の山並みがくじゅう連山(でしょう!)
 もう少し晴れてくれていたらいい眺めなんでしょうが、ぎりぎり見える程度ですな。

【1447mピークより北西方向の展望】


 先を急ぎましょう!。1447mピークへ登って来た道とは違う、祖母山方面へ下る道があるのでそちらへ進む。
 すぐに元の登山道と合流する。平坦な千間平を進み、少し登って5合目標識を過ぎると「三県境」に到着!
 大分県、熊本県、宮崎県の県境。広場にはなっているが、見晴らしもなく、分岐があるのみ。先に進む。

【千間平を進む:平坦】                           【三県境:見所無し】


 三県境から少し下る。(もったいない〜)。少し登り返し、7合目標識を過ぎると急に開けた場所へ飛び出す。
 うーーむ、ここが国観峠かぁ。北へ下る分岐とお地蔵さんがある以外は何もない広場。(せめてベンチでも置いてほしい。)

【相変わらずの笹の壁道、見晴らしなし】                【国観峠の広場】


 国観峠からやっと祖母山の全体が見える。残り標高差300m。
 もうあと少し・・・・・しかし、ここからは粘土質のずるずる滑る急坂が連続する。とても道中央は登れないので、
 所々道脇に新しい迂回路が出来ている。(苦労して登ったあとで脇道に気づいたりする。とにかく登りにくい!)
 8合目から9合目、最後の登りなのだが結構時間がかかる。(疲れる〜〜(T_T)〜)

【国観峠より祖母山山頂を望む】                     【山頂への最後の登り:8から9合目付近、滑る!】


 ありゃ!?。9合目を過ぎ、登り続けていると、急に道がガレ道になる。(これなら歩きやすい。もうすぐ山頂だからか?)
 道もなだらかになり周囲の木々も低くなってきた。

 ふ〜ぅ。着きました!。登り始めて2時間21分、祖母山山頂(1756m)到着!

【最後の登り:粘土質の道から岩ゴロ道に変わる】           【山頂到着】


 山頂部には石造りの祠があり、その奥には、ありました!一等三角点「祖母山」(1756.36m)(行政:大分県)発見!
 一応、祖母山は、宮崎県の最高峰でもある。

【山頂祠】                                   【一等三角点】


 天狗岩、烏帽子岩、障子岳、古祖母山方面はアップダウンが多く、長そう。(もちろん一生歩く予定はない。)
 東の尾平登山口方面を観る。尾平登山口は北谷登山口より標高が500m程度低いので、道が険しそうである。

【古祖母山方面、展望】                           【尾平登山口方面】


 さて、時刻はまだ8時半過ぎ。昼飯には早過ぎるなぁ!。一人っきりの山頂は寂しいし、することもないのでとっとと下る事にする。
 しかし、あのずるずる道は下りたくない!。ここは、急坂覚悟で風穴コースから下りましょう!

 このコース、笹藪が多いと聞いていたが、山頂直下に少しあっただけで、あとは少し紅葉付いてきた自然林の中を下る。
 予想していたよりは結構気持ちのいい道である。(登りの千間平コースは笹壁の道がだらだら続き退屈であった。)

【下山は風穴コースへ】                           【自然林の道:でも少し急坂】


 左手を観ると、祖母山山頂直下の岸壁で紅葉が始まりかけているのがわかる。
 さらに下る。落ち葉が多く、滑らず安心して歩けるが、急坂なので、ストック2本を片手持ちし、木の根っこなどを掴みながら降りてゆく。

【祖母山山頂部】                               【急な下り】


 何カ所か、アルミ梯子が設置されている。ありがたいが、いったい誰がここまで運んでくれたのだろう?
 あと、気持ちの悪い植物もあったので写真を撮る。(何かの実?)

【アルミ梯子】                                 【何かの植物の実】


 急な下りを1時間、やっと風穴までたどり着く。せっかくなので中まで降りてみる。
 確かに涼しい空気が吹いてくるが、ただそれだけ・・・。蛇などが出てきても困るので、すぐに出る。
 
【風穴】                                    【風穴内部】


 下り後半は、少し緩やかになり、歩きやすくなる。笹道もあるが、綺麗に刈られており、通行に支障はない。
 すぐに沢沿いの道となり、赤テープを頼りに下る。(案内板も無いことはないが、千間平コースに比べ不親切)

【少しある笹道】                               【沢沿いの道】


 さらに下るにつれ、大きな岩を下ったり、沢を渡ったりする。(濡れた岩の上を歩くのは嫌いじゃぁ〜!)

【岩登り:ロープ付き】                            【最大徒渉箇所】


 なんて言ってる間に、・・あれ?何かポールが??・・・「おつかれさまでした。お気をつけてお帰り下さい。」・・・・・
 はぁ、これで終わりですか。やっぱり風穴コースを下って正解だったかも。思ったより早く、1時間48分で下山完了!
 ゲゲッ!。下山途中で数名の登山者とすれ違ったが、登山口は車で満車!(やっぱり、不人気でも百名山!)
 しかし、すれ違った人数から観ると、ほとんどの人は千間平コースを登っている模様。(皆さん、さぞ、滑ってるでしょうなぁ♪)

 登山開始から4時間19分で下山完了。まぁこれなら朝ゆっくり来ても、登って降りてこられるわな。

【風穴コース入り口ポール】                        【満車の北谷登山口】


 結局、リュックに詰め込んだ食料はすべてお持ち帰り。ペットボトルも2本しか飲んでいない。(秋は涼しくてええわぁ〜)
 まだ10時半なので、昼飯にもちと早いか?。とりあえず、汗臭い服一式をすべて着替え、登山口を出発する。

 昨夜、林道で不気味だった山の神にお礼をする。しかしこの林道、皆さん車、飛ばしますなぁ!。何台かとぶつかりかけ!
 両側のススキも伸び放題です。(パジェロのドアの取っ手にススキの穂が一杯噛み込んでました。)

【山の神に礼】                                【林道、舗装部分でも草ボウボウ】


 さぁ、徳島まで帰るぞ!。山間部の山道を臼杵までくねくね進む。2時間半かかって臼杵港に到着!
 この港、2009年、久住山阿蘇山に登った時、帰りに使った港。その時も、だいぶん待ったが、今回も出港まで1時間半待ち。
 帰りは宇和島運輸フェリーになりました。フェリー乗り場でうどんを食って、ぼけーっとしている間に八幡浜からフェリー到着。
 昨夜とは大違い!、たくさんの車が降りてくる。(でも、今から折り返しに乗る車は超少ない・・・・)

 14時20分乗船開始!。昨夜の九四オレンジフェリー同様、宇和島運輸フェリーも平成16年の新造船で中が超綺麗!
 しかもデザインが九四フェリーと酷似している。(同じ航路での競合2社なので、同時期に更新したのかも??)

【臼杵港フェリーターミナル】                        【宇和島運輸フェリー、「おおいた」】


 さて、さすがに昨夜2時間しか寝られず、風邪気味なので、フェリーの中では爆睡!
 気がつけば、もう八幡浜港は間近。これで眠気もスッキリ解消〜♪。
 あとは、3時間かけて、高速道路を徳島までぶっ飛ばし、20時に無事帰宅〜♪。
 このあとは当然、楽天で購入したラム肉の焼肉とビールで栄養回復じゃ!(脂肪はあり余っとるっちゅうのに・・・・)
 ・・・・翌日(日曜)、翌々日(祝日)は・・・・やっぱり仕事せなあかんわなぁ・・・・・・。(やっぱりやばいぞ!やましん隊長!)

今回の散財
ガソリン代(往復658km) ¥14,100 レギュラーガソリン byパジェロ3000
高速代 ¥5,800 各種割引後 
フェリー代 ¥22,060 八幡浜〜臼杵、往復
前日夕飯 ¥496 ローソン、助六寿司、お茶
一人宴会、翌日登山食料、飲料水 ¥1,340 ローソン、ビール2缶、アテ、おにぎり、お茶
昼飯代 ¥500 臼杵フェリー乗り場、肉エビ天うどん
帰宅祝いビール ¥942 、ビール
合   計 ¥45,238 たがの外れた百名山中毒、爆進中!

 ☆今回はフェリーも挟んだ金銭的時間的長距離ワープ登山!走行距離は短いが、睡眠時間も短いのう。 
 ※マイナーな百名山ひとつに4万5千円。あとまだ61山残ってますが・・・・・(T_T)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】