【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-153
山     名:次郎笈
登  山  日:2012年10月13日
標     高:1930m
登山標高差: 530m
累積  標高: 825m
三  角  点:四等三角点「次郎笈」(行政:徳島県那賀郡那賀町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越発 9:00 0:00  登り
1:57
西島リフト駅 9:46 0:46
次郎笈剣山分岐 10:22 1:22
次郎笈山頂着 10:57 1:57
次郎笈山頂発 11:34 2:34 下り
2:06
次郎笈剣山分岐 12:21 3:21
西島リフト駅 12:53 3:53
見ノ越着 13:40 4:40


(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.のんびり紅葉を楽しむ
 2012年10月初め、旧友から久しぶりのメール。次郎笈登山のお誘いである。
 時期はまさに紅葉の秋!。おそらく見ノ越駐車場は早々に一杯になるであろうと予想し、6時45分に自宅に迎えに来てもらう。
 今回は、旧友が車を出してくれるとのことで、のんびり登山となりそうである。

 2時間かかって見ノ越到着!。早めに到着したのでまだ駐車場はガラガラ〜♪。(そのうち一杯になるでしょう!)
 足揃えを済まし、9時ちょうどに見ノ越を出発する。
 剣神社から出来るだけ汗をかかないようにゆっくり登ってゆく。

 しかし天気予報通りの快晴!気温も9度。快適である。
 見ノ越より46分で西島リフト駅へ到着。塔ノ丸と三嶺もよく見える。あちらにも多くの登山者が行っているでしょう!

 今回は、旧友とののんびり登山なので、無理をせず西島リフト駅から次郎笈へ直行する。
 途中の木々は紅葉の真っ盛り。なかなかいいもんである。

【西島リフト駅から三嶺、塔ノ丸を望む】                 【紅葉してます】 


 途中見晴らしのいいところからパノラマをひとつ。(晴れていれば、どんな山も最高です。)

【次郎笈、三嶺、塔ノ丸パノラマ】


 このあと、すれ違った登山客(やましん隊長と同年代の男性)から「やましんさんですか?」と声をかけられる。
 げげ!ばれている!。まぁホームページに顔をさらしているし、山に来れば私の顔を知ってる人にも会うわなぁ!
 記念撮影を頼まれ、握手をして分かれる。なんか喜んでくれたみたいで、悪い気はしない♪

 さて剣山と次郎笈への分岐を過ぎる。
 やましん隊長はここから見る次郎笈が一番好きである。それもバックは雲ひとつ無い青空! 最高である!

【剣山、次郎笈分岐より次郎笈の雄姿を望む】


 次郎笈への登りをほぼこなしたところで、振り返れば剣山(太郎笈)が気持ち良い秋空の中にデーーンとしている。

【振り返れば剣山】


 やっと来ました。見ノ越より1時間57分で次郎笈山頂(一応1929m表示)到着!(柱が低くなっている・・・・)
 そしてすぐ横に四等三角点「次郎笈」(1930.01m)確認。
 三角点が1930mだし、最新の国土地理院の地図も1930mに訂正されているので、新しい山頂標柱が欲しいですな。

【1m低い表示の折れて低くなった?山頂標柱】            【四等三角点】


 山頂より少し南へ進み、休憩場所に良さそうな場所で昼食とする。当然金ちゃんヌードル大魔王様降臨!
 それに加え、おにぎり2個も食し、腹一杯である!。秋晴れの下の昼食!うまい!(同行の友人も金ちゃんヌードル!。)

 さて、食った食った。それでは次郎笈を下りましょう!
 とは行っても、以前、丸石へ登った時に次郎笈の西斜面の紅葉が綺麗だったので、次郎笈から一応丸石方面へ下る。

【金ちゃんヌードルの印籠が目に入らぬか〜!】            【次郎笈から丸石方面への下り】


 次郎笈の巻き道と合流し、さらに50mほど西へ進んで振り返ると・・・。やっぱり、ここの紅葉は綺麗ですなぁ。
 本当はもう少し西に下った方が、全体が綺麗にみられるのだが、しんどいので、ここでUターンする。

【次郎笈西斜面:紅葉】


 さぁあとは帰るだけ!。紅葉を楽しみつつ、まったりーまったりー歩く。

【気に入った紅葉と空】


 次郎笈山頂より1時間19分で西島リフト駅へ到着!。
 トイレを借り、下り始めるが・・・・あれ!ストックがない!(危うく忘れるところじゃ!やばいやばい!)
 その後、40分ほどかけて見ノ越の帰着完了!
 案の定、駐車場は満車!路肩にも多くの車が駐車している!(やっぱり、早起きは三文の得じゃな)

【西島リフト駅より、剣山を見る。こっちも紅葉してますなぁ】  


 あとは・・・・お風呂!。今日はつるぎの宿「岩戸」の風呂で汗を流す。(400円なり〜)。(でも、ここ、露天が無いのね・・・)

【つるぎの宿 岩戸】                             【岩戸のお風呂】


 その後、自宅まで送ってもらい、そのまま徳島市内の友人宅まで同行。
 6時前から蔵本の居酒屋で、くだを巻きながらビールを飲む!
 9時過ぎからは、店を変え、アコースティックギターのライブ演奏を聴きながらまたビールを飲む!(飲んでばっかり・・・・)

 ※紅葉と快晴!、登山後のうまいビール!やっぱりやめられまへんなぁ!

今回の散財
ガソリン代 ¥0 今回は友人の車なので無し
高速代 ¥0 同上 
おにぎり、お茶等 ¥877 山頂昼食用
居酒屋(1軒目) ¥11500 車を出してもらったので、ここの飲み代はこちら持ち
飲屋(2軒目) ¥2000? これぐらい出した、かすかな記憶が・・・・・
タクシー代 ¥5500? これぐらい払った、おぼろげな記憶が・・・・・・
合   計 ¥19,887 今回は飲み代絡みがほとんどですな!

 ☆翌朝、二日酔いで、だる〜〜いぞ。(今回は(今回も)飲み過ぎです)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】