【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-154
山     名:大麻山
登  山  日:2012年1月3日
標     高:538m
登山標高差:521m
累積  標高:704m
三  角  点:四等三角点「大川筋」(行政:徳島県鳴門市)

登山時間データ 時刻 時間 備考
神社駐車場発 10:17 0:00  登り
1:06
登山口鳥居 10:27 0:10
大麻比古神社奥宮 11:23 1:06
卯辰越 12:24 2:07 下り
1:39
神社駐車場着 13:02 2:45

大麻山山頂 奥宮 裏の山頂らしき場所

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.人間は毎日1kg太れる!
 2012年12月31日、体重計に乗り、青ざめるやましん隊長。また・・・また太っている。この2日、会社もお休みで
 食っては飲んで電子書籍スキャンして寝て、食っては飲んでスキャンして寝て・・・・、2日間で2kg太っている!。
 これではまずいので、大晦日、300回のハーフスクワットをしたり、1時間以上歩いたりと涙ぐましい努力をする。
 
 さて、めでたくもない新年を迎え、・・・さすがに正月は・・・食っては飲んでネットして、食っては飲んでネットして・・・・・・・・
 2013年1月3日、体重計に乗って、再び青ざめる!通算この5日間で5kg太っている〜〜(T_T)
 いやぁ〜〜!人間というもんは、なんぼでも太れるもんでんなぁ〜!(人体の不思議に感動!
 ・・・・・・・・・・・・・!などとふざけている場合ではない。人間ドックでもイエローカードのやましん隊長、このままではまずい!
 ということで、今年は初詣も行っていないので、それも兼ねて、近場の大麻山でなまりきった体を絞りに行きましょか!

2.登山開始
 くどいようだが、大麻山はトレーニングがてら結構登っている。
 2004年10月10日(神社駐車場より山頂ピストン)
 2007年7月16日(卯辰越より山頂へのピストン)
 2009年2月15日(神社駐車場〜山頂〜卯辰越〜神社駐車場)
 2009年12月5日(登山口より山頂ピストン)
 2011年5月7日(神社駐車場〜山頂〜卯辰越〜神社駐車場)
 2011年10月23日(神社駐車場より山頂ピストン)

 今回は2011年5月7日に登ったルートと同じやな

 さて、大麻山は徳島県で初詣の参拝者が一番多い事で有名。当然ながら、神社周辺は年始は大渋滞する。
 時計を見ると9時30分。普段の初詣なら、一旦、鵜の田尾トンネルで香川県に入り、卯辰越から裏口突入するのが定番。
 しかし、それでは時間がかかる!。今日は正月も3日目、それほど混雑もないでしょうと予想し、大慌てで登山準備をする。

 たどり着きました、大麻比古神社。予想通り、9時台はほとんど渋滞していない。(とは言っても、広大な駐車場はほぼ満車だが・・・)
 早速、登山ウェアに着替え、登山靴の紐を締め、GPSの測位も完了。
 周りは、初詣に来たおめかししている家族連ればかり。その中を、リュックに両手ストックで突進するやましん隊長。
 うーーん、たこ焼きのええ匂いやぁ〜♪、(いかんいかん、今日のミッションはなまりきった体を絞ること。たこ焼きもエビ天も、お好み
 焼きも、焼き鳥も、・・・・・・・・・・全部食いたいぞぅ!!!)(今日は朝飯抜き〜、腹減った〜)

 あまりに目の毒(鼻の毒?)なので、大急ぎで大麻山へ進む。本殿前は参拝者と、御札購入者であふれかえっている。
 周りの視線があまりに痛いので、本殿で拝みもせず、奥宮方面へ突入する。

【駐車場まで屋台が出ている】                      【本殿は参拝者で一杯】  


 一旦、境内を抜ければ、一気に閑散となる。(ていうか、人気が全くない)
 登山口まで歩いてくると、いつも鳥居前には車が数台止まっているのだが、今日は屋台などで車が入れないのか、1台もない。
 おや、降りてくる登山者発見。やっぱりこんな日でも、登る人はおるんですなぁ!

【大麻比古神社境内を抜け、登山口へ】                【登山口の鳥居】


 もう何度も登っているので、登り部分の説明は割愛!(ほかの日の登山記録を見てちょうだい!)
 途中1名に追い抜かれる。(トレーニングウエァのみ、水も持っていない。マラソンでも出る人かいな?)
 下山者ですれ違ったのは10人程度。正月に奥宮参りはもう少し多いと思ったのだが、逆に静かに登れるのでうれしい)
 今回は一応参拝も兼ねているので、メイン、表参道を登る。登山口より56分で大麻山山頂、奥宮到着!

 2011年に2回登った時、かわいらしい猫が4匹いたが、まだ生きているだろうか???
 見当たらないので、先客のカップルに聞くと、「さっきまで倉庫の方で鳴き声がしてましたよ〜」とのこと。
 当然、餌をやってはいけないのだが、今日は正月、少しは大目に見てくれるでしょう。
 おやつに持ってきたソーセージを出して「にゃぁにゃぁ」言いながら探すと、奥宮下で鳴き声が・・・・・いました。
 「今日だけ特別・・・」といいつつ、ソーセージをちぎってやると2個ほどくわえて奥に引っ込んだ。
 残りもちぎっておいてきたが、今何匹残っているんだろう?

【大麻山山頂、奥宮到着】                         【猫生存確認】


 さて、リュックの中には金ちゃんヌードルが出番を待ているが、いかんせん、今は体重が5kg増えた状態。
 それに、山頂は小雪が舞っており、やっぱり寒い・・・・。今は我慢して下りましょう!
 (脳裏には、屋台のたこ焼き、イカ天がグルグル回っている。はたして、この欲求に耐えられるだろうか)

 例のごとく、来た道では下らず、裏手の北西へ下る道へ進む。少し降りると、左巻道へのケルンがある。
 やましん隊長、ここで考える。「そのまま、大麻比古神社の境内に帰ったら、絶対屋台で買い食いする自信がある!」と思い直し、
 次のケルンで真西(卯辰越)方面へ進むことにする。(これなら、直接駐車場に入るので、たこ焼きの誘惑を振り切れるかもしれない)
 小雪が舞い、気温は低いが、日射しがあるので、結構快適に卯辰越え向けて、登って〜下って〜を繰り返し標高を下げていく。

【巻き道への目印のケルン】                        【卯辰越への途中の休憩所】


 あともう少しで卯辰越の手前で、をたつ祠を確認。ここから真南のアルファルト道へ直降出来るのだが、ここまで来たので、
 車道の尾辰越までもう一踏ん張りする。
 大麻山山頂から1時間1分で卯辰越へ到着〜!(しかし、ここは風の通り道、寒い〜)

【をたつ祠】                                   【卯辰越】


 さぁ。あとはアスファルト道を駐車場まで下るのみ。長い下りは足に堪えるが、30分ちょっとで駐車場に帰着!
 それではとっとと帰りましょう!。駐車場を出て対向車線を見ると〜、長ーーい渋滞。(早めに家を出とって良かった〜)

【駐車場(北口)帰着】                           【ドイツ館前の道路、大渋滞】


 なんだかんだ言っても500m程度の大麻山となめていたが、累積標高は700m、歩行距離は8.1km、少し汗をかいたので、
 久しぶりに近場のあせび温泉にでも行くか!
 駐車場にはいつもより多めのの車が駐車していたが、お昼時とあって、それほど満杯というわけではない。
 入浴料は500円、正月と言うことでロゴ入りタオルを無料配布していた。(ラッキー)
 熱ーい湯に浸かり、足を冷水で冷やしを繰り返し、足の筋肉の疲れをとる。(この方法、結構ええですなぁ)

【あせび温泉全景】                             【あせび温泉入り口)


 しかし、腹減ったぞ-。たこ焼き、イカ天の誘惑は振り切ったが。中華そばに捕まってしまった〜!
 あせび温泉駐車場にある中華そば、うどん店(以前は中華そば専門だったはずだが・・・・????)
 500円の中華そばを食す!。スープの色の割には、登山後の体には、やや塩味が薄めに感じたので胡椒を大量投入!
 あと、この中華そば、メンマでなく、タケノコが入ってます。(変わってますなぁ)
 やましん隊長、汁一滴残さず完食!(体には悪いが、精神衛生上やめられない)

【あせび温泉駐車場の店】                         【500円中華そば】


 ※晩飯はお好み焼きにビール!(たぶん体重減ってねぇ-ぞ!こりゃ)

今回の散財
ガソリン代 ¥500 パジェロ3000
お風呂代 ¥500 あせび温泉 
食事代 ¥500 あせび温泉駐車場横の店(中華そば)
合   計 ¥1,500 近場、お手軽登山
 
【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】