【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-155
山     名:韓国岳(霧島山)日本百名山no,98
登  山  日:2013年4月28日
標     高:1700.06m
登山標高差: 442m
累積  標高: 520m
三  角  点:一等三角点「西霧島山」(行政:宮崎県えびの市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
登山口発 6:00 0:00  登り
1:14
韓国岳山頂着 7:14 1:14
韓国岳山頂発 7:42 1:42 下り
1:04
硫黄山石碑 8:37 2:37
登山口着 8:46 2:46

小林IC手前方面より望む

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.今年のG.W.・・・どうする?・・・・
 はぁ〜、毎度やってきました。ゴールデンウィーク〜。しかし今年は3連休のあと、3日出勤して、4連休。
それも、後半の4連休が、高速道路が混むとの渋滞予報が出ている。(このときにはあまり動き回りたくない)
それなら、最初の3連休に、どこかに登れるんじゃない!っと思うのが普通なのだが、3連休の初日、会社の休日巡視が
当番になっている。(うーーーっ、出鼻をくじかれてしまった!)

 仕方ないので、とりあえず連休初日午前中に会社の巡視をとっとと済ませ、12時に帰宅する。
ふと思い出し、パジェロのスタッドレスをノーマルタイヤに付け替える。GSへタイヤの空気を入れに行き、ガソリンも満タン。
ふぅ〜〜疲れた〜。ここで1時間ほど昼寝〜♪。(ぐーすかぴー♪)
目を覚ますと午後2時45分。・・・・・・・・このままで、この連休をだらだら過ごしてもったいないなぁ・・・・・・・・・
・・・・・・・・・もったいないぞう!何をやっているんだ!やましん隊長!
まだ、3連休の初日やないかぁ!。車も準備万端!山じゃ!山へ!行くぞぅ!
行き先は・・・・本州の高山はまだ雪が有るわなぁ。・・・・そうなると西!九州に行くぞ!
今回も超長距離ワープ登山決定です〜 (^_^;)

2.出発
 既に時刻は午後3時!出遅れてしまった。今から行けるのは・・・・・韓国岳か、開聞岳か???(この時にはまだ未決定)
とりあえず、急いで出発!適当に登山道具をパジェロに放り込み、愛媛県八幡浜を目指す!
時間を計算すると、宇和島運輸フェリーはだいぶ待たなくてはならない。九四オレンジフェリーなら18時45分の臼杵行きに
間に合いそうである。これに乗るため、高速の徳島道、松山道をぶっ飛ばす!

 18時、宇和島港着。案の定、この時間帯は客が少ない。車検証を持って、九四オレンジフェリーの臼杵行きチケットを購入する。
ゲゲッ!。パジェロロングは4.77mあるので、料金¥11,030円!(うーーん、高いが、山中毒なので仕方ない)
以前は気がつかなかったが、九四オレンジフェリーが豪華になったのは昨年の祖母山登山で書いたが、
なんとエスカレーターまで付いている。(ここまでせんでもええやろうに〜。その分、値段やすうしてえな。)

【ゴールデンウィーク初日でも夕方はガラガラ】             【エスカレーター】


それと、あまりに急いできたので、途中で弁当を買い損ねた。フェリー出発後、軽食コーナーに行く。
見ると、肉丼としらす丼が既に入り切れ〜〜(T_T) 米が、飯が食いたかった・・・・・・
仕方がないので「ぜいたく肉うどん」を食す。食べ終わってすぐに、「もうすぐ、軽食コーナーは閉店します〜」のアナウンス!
(まだ出航して1時間もたってないやろう!。やる気あるんか!)

【ぜいたく肉うどん、ぜいたくとは思わないが麺の量は多かった】   【閉店時間が早すぎる軽食コーナー】


 などとしている内に、2時間25分後、21時10分に臼杵港到着。既に何度も利用しているので道は解っている。
そのまま臼杵ICに入り、大分自動車道から、九州道をひたすら走る。
しかし、疲れたぞう〜。眠いぞう〜。開聞岳をカーナビの目的地にセットすると、到着時刻午前3時30分!(寝る間無いやん)
まぁ、今年度のファースト登山でもあるし、メタボデブのままのトレーニング不足なので、目標を韓国岳にロックオン!

えびのICで高速を降り、くねくねと舗装道路を登ると深夜1時30分、えびの高原に到着〜!。
登山口に一番近い(真ん前)の駐車場に車を止める。(先客無しの一人っきり・・・・・・風が不気味じゃ・・・・・・)

さぁそれでは例のごとく、えびのIC付近のセブンイレブンで買ったアテとビールで一人宴会開始!(これが楽しみ♪)
外温は9度。寝袋に潜り込み、飲み食いした挙げ句、2時に就寝(おやすみなさい)

【一人っきりの登山口前駐車場】                      【一人宴会開始】


 ふと、4時頃目を覚ますと2台車が来ている。まだ早いので、もう少し寝る。・・・・・が、寝られない!(目が覚めてしまった。)

3.登山開始(っていうほどのこともなかったですが・・・・)
 5時30分頃になると、かなり明るく、既に何名かは登り始めている。(車も4台に増えているが、百名山にしては少ないなぁ)
韓国岳は、現在縦走もままならず、ピストンなら2〜3時間で済む山なので、皆さん出足が遅いんでしょうか?。

 さて、それでは6時にもなったし、登山準備完了!。百名山ひとつ、いただきま〜す!

【登山口、出発】                               【硫黄山との分岐】


 4ヶ月ぶりの登山、やっぱりからだがなまってますなぁ。ウォーキングトレーニングはしていたが、リュックなどは背負っていたかったので
歩いていてもフラフラする。足下もごろごろ岩に気を遣いつつ、ゆっくりゆっくり登っていく。
登りはじめは少し肌寒かったものの、すぐに汗がにじみ出し、ヤッケを脱ぐ。
登山道は1合目毎に標柱が立っており、解りやすい。しかし、1合分の間隔、短くね??

【すぐに1合目の橋】                             【3合目で木々が低くなる】


 40分で5合目到着。ここは広々していて休憩によいが、朝飯抜きでも、まだ腹が減っていないので素通りする。
このあたりから、登りも緩くなるし、見晴らしも良いので周囲の景色を楽しみながらゆるゆる登る。
おお、もう8合目!

【5合目】                                    【8合目】


 そろそろ、山頂近くの岩場にくる。山頂どこ?
途中で一緒になった地元のおっちゃんに聞くと、「目の前」と教えられる。
(なんか、案内の標柱がいっぱいあって、逆にわかりにくいぞ

登り始めて1時間14分で韓国岳(1700m)山頂到着!一等三角点「西霧島山」発見!

 うーん、未だ時間は7時過ぎ、全然腹が空かない。
ということで、金ちゃんヌードル大魔王様は記念撮影のみ!お持ち帰り決定!

【韓国岳山頂】                                【一等三角点】


 山頂に誰もいなくなったので、山頂標識にカメラを置いて記念撮影する。(なんか寂しい)
山頂直下に大浪池が見える。(周囲がややもやってます。黄砂の影響??)

【山頂にて】                                  【大浪池】


 山頂から火口を見ると、登山口の北西方面がややえぐられているものの、あとはグルリ火口縁が残っている。

【韓国岳火口】


 さきほど一緒にいた地元のおっちゃんを見ると、もうひとつ先のピークにいる。
あまりにあっけなく、山頂に着いてしまい、物足りなかったので、次のピークまで行って見る。

途中、振り返ると、韓国岳山頂も火口壁の縁にあるのがよくわかる。

【奥のピーク】                                 【山頂を見ると】


 奥のピークで、地元のおっちゃんと新燃岳、高千穂峰を見ながら、しばしの休憩。
おっちゃんから2週間前にも登って撮った景色の写真を見せてもらう。(その時はモヤもなく、クッキリ!)
それに比べると、ちょっと残念ですが、まぁ、快晴ということで、今回のベストショット!

【新燃岳と高千穂峰】


 ここから先は立入禁止なので、とっとと帰ることにする。
途中見晴らしの良いところからえびの高原、硫黄山のパノラマをひとつ。

【えびの高原】


 おおー、出発時には4台しかなかった登山口駐車場が満杯じゃ。少し離れた駐車場も結構な数の車が駐車している。

 ガサガサっと物音がするので見ると3頭の鹿がこっちを睨んでいる!。ここらの鹿は人を見てもすぐには逃げない。
いろんな人が餌をやって人に慣れているんでしょうなぁ。

【登山口駐車場満杯】                            【鹿】


 さぁて、降りて来ちゃいましたよ。時刻は未だ8時30分!
しんどい思いをしてえびの高原まで来た割には、あまりにあっけなさ過ぎるので、ちょっと硫黄山も廻ってみるか

【すぐそばの硫黄山】


 硫黄山・・・・登って来たのはいいが、上から見たほど迫力はない。
ふらふら散策すると、奥に石碑の様なものがあるが特にどうってことはない。奥に見えるには甑岳(こしきだけ)

【振り返ると韓国岳】                            【甑岳】


 それでは車まで帰りましょう!。同じ道を帰ってもおもしろくないので途中で見つけた小道を下る。
(が、結構歩きにくい。素直に同じ道を帰ればよかった。)
8分ほどで車道に到着。2時間46分の山行完了!

【硫黄だけより小道を下る】                         【車道まで下山完了】


 百名山をひとつゲットしたものの・・・・・・かかった費用、時間を計算し、山行の達成感と比較すると・・・・・・・
今回は不完全燃焼じゃぁ!全然物足らん!
とはいっても、今から開聞岳へ行くのに3時間、山行に6時間とすると、下山は18時になる。
そこから徳島まで帰るのは12時間!・・・・・・・・・・・・・・やっぱりやめましょ・・・・・・・帰ろ帰ろ。(仕事も溜まっとるしね・・・・)

 えびの高原から、えびの市へは降りず、北東の小林ICを目指して下る。
途中、韓国岳の後ろ姿に感動!(この方角からの山容は迫力有りますなぁ!)。今回のベストショット2!

【北東からの韓国岳】


 さて、後は徳島へ向けて帰るのみ!。カーナビに別府港を入力し、宇和島運輸フェリーの14時発八幡浜行きを予約する。
案の定、港に着くと結構車が並んでいる!。出港時、フェリー内は満車。(かき入れ時やもんなぁ)

 あと、宇和島運輸フェリーではWi-Fiが仕える様になったとの張り紙があり、往路の九四オレンジフェリーではスマホが圏外で
使えなかったので、これはラッキーと思っていたが・・・・・・何度かチャレンジしたが、制限付き接続となり
結局隊長のスマホ(au)ではWi-Fi接続は無理でした。残念!

【4/28 14時発フェリー内、満車!】                    【Wi-Fiの案内】


今回、連休初日の朝一番に会社の巡視を済ませ、すぐに動いていれば開聞岳も行けたのではと深く反省・・・・

1時間ちょっとで登れる山に6万円超!(移動時間片道10時間超!)
(副隊長からはボロクソ・・・・「もったいない!なんでもう一つ登ってこんのよ!」と厳しい指導・・・・・・(T_T))

今回の散財
ガソリン代(往復1165km) ¥22,879 レギュラーガソリン byパジェロ3000
高速代 ¥11,600 各種割引後 
フェリー代 ¥23,390 八幡浜〜臼杵、別府〜八幡浜
前日夕飯 ¥600 九四オレンジフェリー、肉うどん
一人宴会、翌日登山食料、飲料水 ¥1,350 セブンイレブン、ビール2缶、アテ、おにぎり、お茶
昼飯代 ¥498 別府港前LAWSON 天草幕の内弁当
帰宅祝いビール、あて ¥2,052 、ビール、ししゃも、はたはた
合   計 ¥62,369  

 ☆次回、開聞岳だと、ほぼ今回のルート+片道2時間・・・・・ゲロゲロゲロ〜〜。宿とってのんびり行こう・・・・・(副隊長には内緒)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】