【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-156
山     名:開聞岳日本百名山no,99
登  山  日:2013年5月3日
標     高:924m
登山標高差:807m
累積  標高:881m
三  角  点:二等三角点「開聞岳」(行政:鹿児島県指宿市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
公園登山者用駐車場発 5:14 0:00  登り
2:12
2合目登山口 5:20 0:06
5合目 6:08 0:54
8合目 6:54 1:40
9合目 7:11 1:57
開聞岳山頂着 7:26 2:12
開聞岳山頂発 7:45 2:31 下り
1:55
公園登山者用駐車場着 9:40 4:26

池田湖湖畔より望む(クリックで原画像へ)

(マウスクリックで拡大ます)

(マウスクリックで拡大します)

1.さぁ!G.W.後半・・・どうする?・・・・
 2013年のゴールデンウィーク前半、行き当たりばったりの韓国岳登山は、かかった費用の割にはあっけない山行であった。
(これは山が悪いのでなく、やましん隊長が、単に無計画なだけであったのだが・・・・)

こうなってくると、連休後半、完全燃焼したくなるのは、山中毒患者の悲しい性か・・・・・・
もう九州(西日本)本土で残るは開聞岳!(屋久島は遠すぎるので別格)
開聞岳は1000mに満たない南国の山なので、夏場の登山は避けたい。いまならまだ涼しそうである!
6日前行ったばかりの南九州へ、また行くのか!と、このアホと笑わば笑え!
アホで結構・コケコッコウ〜♪アホは死んでも直りません!(隊長、心の叫び)

 しかし、先週の韓国岳登山では四国九州間往復でフェリーを使ったので、費用もかかったが、時間もかかった。
それに開聞岳にはさらに3時間遅く出発し、2時間遠くに行かなくてはならない。
前回は午後3時の出発で、えびの高原着が午前1時30分だった。
今回、仕事終わりの午後6時出発なので、同じルートで行くと・・・・到着予想時刻午前6時30分!(完全に夜が明けてますがな・・・)

 うーーむ、こうなったら少々しんどくても、途中休憩も出来るフェリーをやめて、高速道路をぶっとばすか〜〜!
徳島から香川、瀬戸大橋を通り本州へ、山陽道経由、下関から九州道へ突入!そのまま南下、鹿児島へ向かう!
指宿までは約860km、運転時間10時間超!到着予想時刻午前4時20分。少しは仮眠が出来るか・・・・・・・
よっしゃ!これで行きましょう!。ということで、今回は陸路を走る超長距離ウルトラワープ登山決定!
(登山と、移動とどっちが主役やねん・・・・・)

2.登山開始
 ・・・・・・運転、長かった・・・・・背中と腰が痛い・・・・・午前4時20分。かいもん山麓ふれあい公園登山者用駐車場に到着!
昨日、18時にお仕事終了後、すぐに出発し、ほぼ10時間高速道を走りっぱなし(仮眠無し)。登る前から疲れてます・・・・・・。
あたりはまだ真っ暗。しっかし、この駐車場はだだっ広い芝生のコート???。
確かに簡単な白線は引いてあるが、あまりに広すぎてどこに止めて良いのかさっぱり解らん!。
先客の車4、5台はてんでバラバラに停まっている。
とりあえず、何回かパジェロを移動させ、下山後一番出しやすそうな、下の方に停める。

とりあえず、トイレを探していると、もう既に登山準備を始めている人がいる!聞くと、すぐに出発するらしい!
その後、車で寝るに寝られずゴロゴロしていると、空が・・・・、空が白んできてしまった・・・・(T_T)
ゲ〜ロゲロゲロ。これは・・・・完全徹夜特攻登山???
(登山途中でバテてしまうため、今まで禁じ手としてきたが、今回はやむを得ないか・・・・・)

仕方ない!準備しましょう!服も着替え、5時過ぎに出発準備完了!(空もだいぶ明るくなり、開聞岳もよく見える様になってきた。)
それでは出発しましょうか!

【だだっ広い駐車場】                             【未明の開聞岳】


 駐車場から6分も歩けば有名な2合目登山口。あたりは、まだかなり暗い。少々薄気味悪い。
最初緩やかな登りを進んでいくと、掘割になった道を何カ所か通る。(ここまで掘れるって、どんだけ人来てんねん)

【2合目登山口】                               【掘割になった道】


 登山道には1合目毎に標識が立てられていて解りやすい。が、先週の韓国岳に比べ、なかなか合目が進みません。
1時間弱登ってきて、やっと5合目!それまでずっと樹林の中だったが、ここだけ展望台が作られている。

【合目の標識】                                【5合目展望台】


 この5合目からの景色は有名。テレビ番組でも必ず紹介される。(というか、ここぐらいしか途中見所がない)
約1時間登り続けているので、無睡眠の体、特に足のふくらはぎがだいぶ疲れてきている。(単にトレーニング不足なのだが)

【5合目展望台より北東方面を望む】


 6合目を過ぎたあたりから所々、岩場の道が出てくる。6合目でストックをリュックにしまい、手袋をつけ、よじ登っていく。
段差の大きなところを越えると、足のふくらはぎがつりそうになり(イテテテ)
次の合目までの時間が長く感じる。ふう〜しんどいなぁ〜

9合目の見晴らしの良いところを過ぎると、これまた名所の木製階段ばしこの登場です。

【7合目過ぎの岩場】                            【9合目過ぎの木製はしご】


 9合目過ぎて、結構疲れているのに、まだまだ岩場が出てくる。最後まで楽さしてくれへん山ですな。
最後の岩場を登り切ると、枚聞(ひらきき)神社の赤い鳥居登場!ここはもう山頂部!やっと着いた〜♪

【9合目過ぎても岩場あり】                         【山頂部の鳥居】


 登山時間2時間12分で、開聞岳山頂到着!2等三角点「開聞岳」も発見!
2時間程度の山なので、トレーニング不足でも行けるでしょうと思っていたが、結構疲れました。

 見ると、山頂の標識部で・・・・ロケしてます。そばにいた関係者に聞くと・・・・・・
某NHKの某にっぽん百名山(全然、某の役目を果たしていませんが・・・)だそうです。6月3日放送予定とか。
(関係者の方は「今朝2時から登って来てるんですよ・・・・寒くて、寒くて・・・・。日が昇ってやっと暖かくなってきました」と疲労困憊気味)
以前、ラーメンの某ラ王のCM作成で槍ヶ岳山頂を占有し、非難を浴びた事件?が有りましたけど、
他の登山者も含め、こちらの番組はかなりお世話になっているので、みんなおとなしく見守っています。
 
 隊長も、この番組は欠かさず録画しているので、おとなしくロケ風景を見ていたが、
急にリュックの中のスマホのアラームが鳴り出し慌てて山頂部から移動し、アラームを止める。あ〜ビックリした!

【山頂到着!後ろでロケしてます】                    【2等三角点】


 山頂部の岩場は少し高い位置にあるので、ぐるり見渡せます。お約束のパノラマを2枚

【山頂部からパノラマ、主に南方面】


【山頂部パノラマ、北方面。ロケがなかなか終わらない】


 おにぎりを1個だけ食って、少し待っていたが、一向にロケが終わりそうにないので、下山することにする。
6合目までは岩場をへっぴり腰で降り、6合目以降はストックを出して快調に下る。
・・・が、下からどんどん登山者の皆さんが登ってくる。登り優先なので、譲るのが礼儀。なかなか下りられませんな。
しかし、あの狭い山頂に200人以上が登って行った・・・・。今頃いったいどうなっている事やら・・・・・・

結局、登りよりは少し短い1時間55分で下山完了!(おおっ駐車場の車が激増している。やっぱり百名山!)

【下山時、2合目登山口】                         【登山者駐車場:臨時売店が出ていた】


終わった〜!。今年のG.W.の山登りはこれでおしまい!(の予定・・・?)
今回は先週の韓国岳と比べ、結構疲れたし、十分に登った感を味わったので満足です!

うーーんここから見る開聞岳、結構いい山容で感動!汗臭い着衣一式を着替えながら悦にいる。

【かいもん山麓ふれあい公園登山者用駐車場からの開聞岳山容】


 さて、それでは帰るか!その前に・・・・開聞岳山頂にも鳥居があり、この山をご神体とする枚聞(ひらきき)神社が
開聞岳登山口からすぐ近くに、あるので、山岳信仰御札マニアのやましん隊長、御札をゲットしに神社へ向かう。

 おや、結婚式をしてますなぁ。ともかく、お参りをして、神符守札所へ向かう。結婚式に忙しいのか、宮司さんがなかなか来ない。
しばらくしてやっと来てくれたので、各種ある(商売繁盛、家内安全、病気平癒その他多数)御札の内、今回は間違えないよう、
「家内安全」版をお願いする。ところが、宮司さんがあちこち探しまくるが、在庫が見つからない。(我が家の家内安全の危機かも!)
しかたがないので、別の御札(全般OK版)を1000円にて購入。(各種版が1200円で全般OK版が200円安とはこれいかに?)

【枚聞神社:後ろに見えるがご神体開聞岳】               【本殿】


 お守りもゲットしたし、せっかく指宿まで来ているんで風呂でも入ろうかと思ったが・・・・・・
スマホで高速道路の状況をチェックすると・・・・ゲゲッ、何じゃこりゃ!。何件も事故、渋滞のマークが・・・・・・・
さすがに昨夜徹夜なので、今日は早く帰ってゆっくり眠りたいなぁ。
仕方がないのでお風呂をあきらめ、とにかく帰ることにする。(時刻は10時10分)
ただ、本州の渋滞がひどいことと、完徹登山で疲労困憊なので、帰りは、フェリーを使うことにする。

 途中、池田湖畔を通ると、ポピーが満開!開聞岳と花畑がいい感じで写真を撮る。

【池田湖畔、花畑と開聞岳」】


 その後、燃料を満タンにし、高速道路に突入する。案内表示板の通り、八代付近で大渋滞に引っかかる。
ノロノロ〜ノロノロ〜。疲れた体にこれはしんどい!(トンネル内の事故が起因らしいが、迷惑千万である)
結局、20kmの渋滞を抜けるのに3時間!
予定していフェリーにはとても間に合わないので20時50分別府港発のフェリーを予約する。

 あーしんどいぞう〜。指宿から420km、8時間かかってやっと別府に到着!時刻は18時10分。
ここまでくればもう安心!。フェリーの予約済みチケットの購入まで2時間有る!
これだけの時間があれば十分風呂に入れるんじゃない?

 前回まで九州の登山からの帰り、硫黄の臭いをかぎつつ、風呂に入らず帰ったので、今日は是非とも風呂に入りたい!
別府ICを下りてから、日帰り温泉を探しウロウロすると、海地獄の看板にそれらしい表示を発見!
見つけました!「鬼石の湯」!本場、別府の温泉!うれしい!車を駐車場に止め、いそいそとお風呂セットをもって庭を進む。

奥にありました。結構こじんまりとした日帰り温泉施設発見!。人が一杯です。600円の入浴料を払って、5分ほど待たされ、
やっと入浴♪♪。疲れた体を湯船に浸し、極楽♪極楽♪。(人が一杯なので写真はなしです。)
食塩泉とのことらしいが、内湯は少し硫黄、硫化水素臭がある。ええ湯です♪満足じゃぁ!

【坊主地獄温泉】                              【鬼石の湯入り口】


 その後、ラーメン屋でラーメン、餃子、ご飯の赤味噌ラーメンセット(750円)を食し、満腹満腹!
20時に別府港にて、宇和島運輸フェリーのチケット購入、20時50分出港、23時35分愛媛県八幡浜港着!
そこからさらに高速道路を運転。眠い!眠いぞう!(眠くないのがおかしい状況!)

 帰ってきた〜。深夜2時半に自宅に無事帰着!。
帰りをフェリーに変えたにもかかわらず、総運転距離は1529km!完全徹夜の特攻ワープ登山!
我ながら呆れるなぁ。しかし、これで完全徹夜の禁じ手の封印を解いてしまった・・・・・・・。
ということは、本州方面の800kmまで射程圏内????(早速、次の目標を探さねば・・・)

追伸1:ネットニュースで「富士山の弾丸登山はやめよう!」との記事が出てますなぁ〜
       やましん隊長が富士山に登ったときも当然、弾丸登山ではあったが・・・・・・・
       無睡眠時間、往復移動距離からすると、今回の開聞岳の方が遙かに過酷!!
       さしずめ、大陸間弾道ミサイル登山! てか?
      (山の遭難よりも高速道での居眠り交通事故リスクが絶対高いぞぉ!)

追伸2:今回はスマホ(CASIO G'zOne CAL21)に、山旅ロガーと地図ロイドアプリを入れ、GPSユニットとして、
        どの程度の実力か確認してみた。結果は下記、右のトラックログの通りです。
     現在使用しているGARMINのGPSはリュックの上部にむき出しで置いてあるが、スマホの場合、リュック天蓋部に収納となる。
     布1枚の差があり、スマホには若干不利になります。
     山旅ロガーGOLDと地図ロイドでリアルタイムトラック確認ができるが、表示したままだとあっという間に電池が無くなるので、
     機内モードにし、表示を消しリュックに放り込んでいた。
 
     GARMINのmsp60CSxとのログの比較するためトラックデータをスマホからGoogleDriveに飛ばし、
     両データをカシミール3Dで取り込んで表示し比較してみた。
     
      結論から言うと、うーーむ、やっぱり餅は餅屋、精度的に、その他安定性なども含めGARMINに軍配が上がった。
     このページトップのトラックデータがGARMIN、右下のトラックデーターがスマホ、山旅ロガーGOLDアプリの結果です。
     クリックして拡大版を比較してもらえば往復のトラックの重なり具合で精度の差は一目瞭然。

     ただ、スマホ電波圏内で、簡易的に使うには十分かも・・・・・・・・。(地図も数種類切り替えでき、山行後の確認には十分)
     でも、やましん隊長は、とりあえずGARMINを使い続けるでしょう。

【スマホ、山旅ロガーGOLD、地図ロイドのトラックログ表示】     【スマホのトラックデータをカシミール3Dで表示:クリックで拡大】


先週に続き、今週も山ひとつに6万円超!(移動時間片道(帰り)16時間超!)
でも、別府温泉入れたんで、隊長、満足〜♪(家計は当然火の車〜〜♪)


今回の散財
ガソリン代(往復1529km) ¥27,000 レギュラーガソリン byパジェロ3000
高速代(往路:山陽道経由、復路:別府経由フェリー使用 ¥15,850 各種割引後 
有料道路 ¥620 鹿児島周辺
フェリー代 ¥12,360 帰り便:別府〜八幡浜
前日夜食、翌日登山食料、飲料水等 ¥1,511 おにぎり、お茶
枚聞神社賽銭、御札 ¥1,100  
風呂代 ¥600 別府温泉 鬼石の湯
晩飯代 ¥750 別府みそや 赤味噌ラーメンセット
帰宅祝いビール、あて ¥1,244 、ビール、ハンバーグ、サラダ
合   計 ¥61,035  

 ☆今回もトレーニング不足は明白!。
  登山のトレーニングにはやはり登山しかない!との結論。
  さて、次はどこに行きましょか???


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】