【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-161
山     名:剣山
登  山  日:2013年8月17日
標     高:1955m
登山標高差: 564m
累積  標高: 641m
三  角  点:一等三角点「剣山」(行政:徳島県那賀郡那賀町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越発 10:53 0:00  登り
1:34
西島リフト駅 11:41 0:47
剣山山頂着 12:27 1:34
剣山山頂発 13:11 2:18 休憩
0:44
下り
1:00
大剣神社 13:23 2:30
西島リフト駅 13:35 2:42
見ノ越着 14:11 3:18

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

1.今年の盆休みは・・・・くそ暑いぞう!
 などと、連日の猛暑を理由に、毎日、冷房の効いた部屋でゴロゴロ、アイスクリームなどを食いまくり!

 今年のゴールデンウィーク、5kgの減量の成功し、夏山登山にやる気満々であったが・・・・・・
 きっちりリバウンドしてしまった!(再びBMI値30オーバー!これはあきまへんでぇ〜(T_T)
 さて、それでは、お盆も明けた次の土曜日。体のなまり具合の確認のため、剣山に行きましょか!

2.登山開始 
 今回は、パジェロロングは入院中!(リコール及び、もう一つの不具合修理のため入院)
 うちの婆さまが軽自動車を買い換えると言うことで、今まで乗っていた三菱ミニカ(11年、3万5000km)を廃車するとのことで、
 やましん隊長のセカンドカーとして車検名義変更、任意保険も加入し、主に通勤に使用することにした。
 ガソリンもかなり値上がりしてきたし、今回は三菱ミニカにがんばってもらいましょう!(なぜ三菱ばかりなのか!?)

 自宅より1時間半ほどミニカをガンガンぶっ飛ばし、見ノ越到着〜♪!しかし!標高1400mでも直射日光が熱い!
 足揃えを済ませ、10時53分、見ノ越を出発する!。

 今回も、出来るだけ汗をかかないよう、ゆっくり、ゆっくり登ってゆく。47分かかって西島駅に到着♪
 なぜか、西の雲行きが怪しい〜(T_T)。 三嶺もなんか雨降ってそうですなぁ〜。

【セカンドカー、ミニカ本格投入!】                     【三嶺、雲行き怪し〜】


 さすがに、午後から下り坂の天気予報のため、それほど登山客は多くない。
 (お盆の間は、芋漕ぎ状態だったやろうなぁ〜)
 降雨、雷雨も心配なので、一番最短コースの刀掛け松の直登コースを登ることにする。

 しかし・・・、しかし・・・しんどいぞう!。体重が重いのか、スタミナがないのか、疲労が・・・・この程度の山でバテてきている・・・

【リフト上、西島駅】                              【刀掛けの松】


 体重リバウンド、トレーニング不足なので仕方ないのだが、これではあまりに情けない。
 西島駅より40分ほど、だらだら登って、やっとこさ山頂直下の神社、民宿に到着する。(ほんま、情けないですなぁ)

 神社の大岩の横の階段を上りだだっ広い「平家の馬場」に到着。

【山頂直下の剣山本宮】                           【山頂部:平家の馬場】


 同じ場所を往復してもおもしろくないので、まずは西のテラスに行き、ぐるっと廻ることにする。
 うーーむ、怪しい雲が迫ってきてますなぁ!
 しかし、西のテラスは結構、閑散としている。ここで昼飯にする????
 ・・・・とも思ったが、結構風が強いので、やっぱり東のテラスで昼食をすることにする。

【西のテラスへの木道】                           【西のテラス】


 西のテラスから山頂方面を見ると、空の真上だけ青空・・・・・(とりあえず、記念の一枚)

【西のテラスより山頂部、空を望む】


 何度も来ているのでそれほど感動もないが、とりあえず山頂、三角点へ向かう。
 なんか混んでいるので、不思議に思っていたのだが、何かのツアーで、登山ガイドが三角点の1m積み上げ土俵の有意性について
 熱く語っていた。剱岳など、何度も標高が変わっているのに、なぜ1955mにこだわるのか、よく解らないまま通り過ぎる。
 この団体とは下山時にも遭遇することになる。

 (※翌朝の徳島新聞を見ると、美馬市観光協会主催「夏休み親子でわくわく剣山」の記事があり、まさにその団体さんでした。
   ちなみに、登山ガイドは剣山頂上ヒュッテの新居綱男さんだったらしい。


 ぐるーと木道を迂回して、やっとこさ東テラスに到着。こちらもそれほど人はいませんなぁ

【つるぎ山一等三角点】                           【東テラス】


 ここで、リュックを下ろす。・・・さ・・・寒いぞう!。汗をかいたTシャツに冷風が当たり冷たい!(下界は猛暑のはずだが・・・)
 慌ててリュックの中からヤッケを取りだし着込む。春秋山用にリュック内に入れたままにしていたが、役に立ちました。

 それでは昼飯としましょうか!お湯を沸かし、お約束の「金ちゃんヌードル」。おにぎり2個を食し、のんびりする。
 〜〜はぁ〜〜もうすこし晴れていたらと残念に思うが、雨が降らなかっただけでも儲けものか・・・・

 さて、それでは下りましょうか!。同じ道を下ってもおもしろくないので、大剣神社経由で降りることにする。

 ・・・・・・下ってきましたが・・・・・・大剣神社・・・・・・閉店してます・・・・・・・・。(まだ8月中旬やろう!やる気あるんかい!)
 などと、大人げなく吠えてしまったが、まぁいろいろ事情があるんでしょう。仕方ないので、お参りだけして通り過ぎる。

【昼食:お約束の金ちゃんヌードルとおにぎり】              【無人の大剣神社】


 山頂より24分で西島駅に到着。なぜか、少し天候が回復してきている。残念。もう少し山頂部でダラダラしていたら良かった・・・。
 ここまで下ってしまったら仕方がない。見ノ越まで、いつもの遊歩道コースをダラダラダラダラ下る。

 途中、何度も見た「祖谷川 源流の谷」の碑と、黒ホースからの原水を確認する。
 (やましん隊長は清潔志向。当然ながら、この怪しげな水は飲まない。上に山小屋もあるしなぁ。
  それに、源流じゃなくて、源流の谷って・・・谷か、水か、どっちやねん)

【西島駅(リフト上駅)】                            【下り遊歩道中の祖谷川】


 山頂より1時間で見ノ越に下山完了。(結構、急いで下ってきたので、やっぱりTシャツは汗びっしょり。)

 見ノ越より結構近い「ラフォーレつるぎ山」に入浴したいが、昨年7月、入浴を拒否された事もあり、少々悩む。
 あの後、ホームページを見ると日帰り入浴500円と書いてあるし、・・・・・どうなんだろう??。

 とりあえず、ダメ元で行って見る??? お風呂道具一式を持ち、夫婦池横の「ラフォーレつるぎ山」に突入する。
 フロントは・・・・無人・・・・。しかし、カウンターには「お風呂 500円」の立て札がある!。
 「御用の方はベルを鳴らしてください」とあるので、一回ならすが・・・・・・・・反応なし。
 納得いかないので何度も鳴らし続けると、やっと男性が出てきて入浴OKの返事をもらう。(ふ〜〜ぅ。一安心。500円払う。)

 以前にも入った事のあるこじんまりした浴場だが、汗が流せれば十分。熱めのお湯でくっさい汗を洗い流す。(極楽〜極楽〜)
 湯船に浸かっていると、フロントのベルの音が聞こえる。(次の入浴希望者が来たな〜。)
 しかし、なかなかベルが鳴り止まない。(私と同様、なかなかフロントの男性が出てこない模様。やる気が感じられない。)

 しばらくすると、やっと2人目の入浴者入場。浴場で山談義に花が咲く。
 この男性、基本はマラソンだが、夏場は暑いので山でトレイルランで鍛えているらしく、今日は朝5時に見ノ越を出発、
 7時間半かけて、剣山〜三嶺経由で菅生の「いやしの温泉郷」まで下り、バスで見ノ越まで戻って来たとの事。
 世の中には、すごい人がいるもんですなぁ。

 そんな話をしていると、またまたフロントでベルを鳴らしまくっている音が聞こえる。(なかなか鳴り止まない(笑))
 午後3時頃は、フロントの男性は休憩時間なのかなぁ???(やるのか、やらないのかはっきりして欲しい)

【ラフォーレつるぎ山】                            【浴場】


 今回の剣山登山から判断すると・・・やましん隊長は、今年、夏場のアルプスは・・・・無理!絶対無理!遭難確実!
 まずは、体重を15kg落とすことを目標に、いろいろ、あがいてみるか!
 ※しかし・・・・どうすれば痩せるんじゃぁ〜〜??。

今回の散財
ガソリン代 ¥1,226 レギュラーガソリン ミニカ
高速代 ¥400 ETC割引後(行きのみ)
おにぎり2個 ¥230 金ちゃんヌードルと飲料水は自宅買い置きを持参
風呂代 ¥500 ラフォーレつるぎ山
合   計 ¥2,356 ミニカ(軽)で出費も軽! 

 ※ミニカ効果は絶大。交通費はほぼ半額!これなら週刊剣山トレーニングも可能か?

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】