【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-163
山     名:剣山
登  山  日:2014年4月27日
標     高:1955m
登山標高差: 505m
累積  標高: 642m
三  角  点:一等三角点「剣山」(行政:徳島県那賀郡那賀町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越駐車場発 9:46 0:00  登り
1:22
西島リフト(上)駅 10:29 0:43
剣山山頂 11:08 1:22
休憩所着 11:46 2:00 下り
1:47
食事
休憩
込み
休憩所発 12:06 2:20
西島リフト(上)駅 12:13 2:27
見ノ越駐車場着 12:55 3:09

(クリックで拡大)

(クリックで拡大)

1.三嶺登山へ向けて(剣山で登山能力確認)
 えーっ、やましん隊長は、毎度毎度のメタボ親父です。(BMI=30以上をきっちり維持)
 そんな中、最近、同じ町内の幼なじみとひっさしぶりに飲み会をするようになり、先日の飲み会の席で
 山の話で盛り上がり、酔った勢いで、1ヶ月後に三嶺に登山することになってしまった!

 三嶺は、良い山である。やましん隊長も大好きである。是非登りたい!
 がっ!、昨年10月以降、半年間、登山なんて全くしていない!やばい!
 果たして、今のこの体型とトレーニング不足で、三嶺に登れるだろうか???
 こうなったら、鍛えねば!
 とりあえず、自宅の階段を100往復(約50分)登り降りして1週間。
 効果の確認のため、今年初登山として剣山にロックオンじゃ!

2.登山開始
 前日の土曜日は快晴であったが、休耕田のトラクター挽き、その後、休日出勤でつぶれてしまった。
 今日は午前中は晴れ、午後からも曇りの予報なので、まぁ大丈夫でしょう。
 
 自宅から、通勤用ミニカをぶっ飛ばし、貞光経由で見ノ越まで二時間弱で到着。
 それほど車も多くない。(一応、G.W.なんですけどね〜)

 しかし、下界に比べると、見ノ越でも結構寒い〜。薄手のポロシャツから、スェットに着替え9時46分登山開始!
 今回は、なるべく汗をかかないよう、ゆっくりゆっくり登ることにする。登山道に雪は無し。快調〜♪快調〜♪

 ・・・・・・・だったのは最初のうちだけで、やはりトレーニング不足は否めない。汗が噴き出し、足がだるい。体が重い。
 とりあえず、歩みを止めないよう、ゆっくり〜ゆっくり〜

【見ノ越駐車場】                               【登山道は若葉も無く明るい!】


 おっと、西島リフト駅手前まで来ると、登山道に雪が・・・・・、(といっても、特に登りにくいわけでもない。
 山頂方面を眺めると、北斜面、沢部分は雪が残ってますなぁ

【登山道の残雪】                               【山腹にも残雪が・・・】


 登り始めて43分でリフトの西島駅(上)に到着。
 体がしんどかった割には、過去の登山記録と比較してほぼ同じタイムで登って来ている。
 休憩せず歩き続けたのが良かったのか・・・・

 ここからは最短距離の刀掛けの松コースを進む。木屋平からの道も見渡せるが、久しぶりの開通で記念撮影でもしているのか
 所々に車が駐車している。(帰りは木屋平経由で帰ることに決めたが、下山した頃にはすっかり忘れて貞光へ下ってしまうのだが)

【西島リフト駅から、三嶺を望む】                     【木屋平から見ノ越への国道(祝開通!)】


 だらだらのろのろ登ってくると刀掛けの松じゃぁ〜。あ〜しんどい。
 それでも登り続けると・・・・・おお〜っ、雪が結構残っている!登りもあともう少し!

【刀掛けの松】                                【最後の登りで雪の道】


 ふ〜〜、山頂直下の神社の鳥居、ここまで来れば登ったも同然。
 剣山本宮で例のごとく、御札を購入する。1000円のものを2つ買ったが、消費税は要らないそうです。(宗教関係は非課税)

【剣山本宮手前の鳥居】                           【剣山本宮社】


 細い階段を登り切ると、平らな山頂部、平家の馬場に到着。登山客もまばらやね。

【平家の馬場】


 木道を躓かないように進むと、登り始めて1時間22分で剣山山頂到着!一等三角点も健在!
 やましん隊長、ストックでガッツポーズをしているが、結構、かなり疲れている。
 本当はここで昼飯休憩にしたかったが・・・・、風が強く、寒い!こんなところで落ち着いて飯など食ってられん。

【剣山山頂】                                 【一等三角点とBMI30型人型兵器】


 時間は11時過ぎ。夏ならこのまま次郎笈へ足を伸ばすのだが、とにかく風が寒い!
 ど〜しよ〜かな〜。とりあえず次郎笈方面に下るか。

 結局、寒風で体も冷え切り、次郎笈への分岐点で心が折れてしまった。(次郎笈行きは中止。トラバース道で西島駅まで帰ります。)

 このトラバース道にも雪渓があちこちにあるが、たいしたことはない。

【次郎笈は今回おあずけ!】                       【あちこち雪渓が】


 西島駅手前まで来ると休憩所があるので、ここで飯にする。
 それではお出まし頂きましょう!金ちゃんヌードル大魔王様ご降臨!(あと、おにぎり2個)
 
 最近、昼飯を食ったあと登山道を歩いていると、腹が下る癖がついてしまった。(年のせいですかねぇ)
 今日は朝、正露丸、昼飯後にストッパ(下痢止めEX)を飲んでみた。これは効果てきめん!。これは手放せませんなぁ。

【休憩室】                                   【昼飯です。腹一杯】


 さぁ、飯も終わって、最後の雪渓を越えると西島駅が見えてきました。さぁ帰るべ〜帰るべ〜。

【最後の雪渓】                                【西島駅まで戻って来ました】


 あとは登り道とは違う遊歩道を下るだけ。
 おや?あちこちで白骨林が切り株を残し切り倒されている!何じゃこりゃぁ!3〜4本、立派な木が切られてますがな。
 不思議に思いつつ進むと、理由がわかりました。でっかい、古い大木が倒れて遊歩道を塞いでました。

 上にも下にも回り込めず、ひやひやしながら折れた大木の下を通過。あー怖かった。

【何かが道をふさいでます】                         【この倒木の下をくぐれとな】


 何はともあれ、無事下山。しかし、この程度の山で結構バテてしまった。半年のブランクは痛い!
 三嶺登山までに、もう2,3山、登らなあきまへんな〜

今回の散財
ガソリン代 ¥1,400 レギュラーガソリン ミニカ
高速代 ¥410 ETC割引後(行きのみ)
昼飯 ¥700 おにぎり3個、飲料水
御札 ¥2,000 1000円御札2つ
合   計 ¥4,510 今回もミニカ(軽)、風呂抜きで出費も削減 

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】