【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-176
山     名:千羽ヶ岳(せんばがだけ)
登  山  日:2015年4月18日
標     高:245.34m
登山標高差:282m
累積  標高:949 m
三  角  点:三等三角点「一ツ橋」(行政:徳島県美波町)
       :四等三角点「大磯」(行政:徳島県美波町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
日和佐某駐車場発 9:30 0:00 登山
2:47
日和佐城 9:49 0:19
朝日ヶ丘広場 10:09 0:39
指の鼻休憩所 10:26 0:56
大磯休憩所 10:43 1:13
千羽富士(128.6m) 11:03 1:33
荒瀬休憩所 11:08 1:38
通り岩休憩所 11:45 2:15
千羽ヶ岳(245.3m)(千羽休憩所)着 12:17 2:47
千羽ヶ岳(245.3m)(千羽休憩所)発 12:50 3:20 下山
3:06
昼食
込み
鉄塔広場(最高地点290m) 13:37 4:07
舗装道路へ出る 14:27 4:55
JR山河内駅着 15:01 5:31
JR日和佐駅着 15:18 5:48
日和佐某駐車場着 15:23 5:53

千羽休憩所より
ロープウェイ廃墟、南阿波サンライン展望台を望む
クリックで元画像表示


クリックで拡大します

クリックで拡大します

1.2015年初登山??
 やましん隊長、・・・・・・・昨年10月から・・・・山に、山に行けてまへん!(前回も同じことを言っていますが)
 
 そんな折、悪ガキおっさん登山隊の1名よりTEL有り。「千羽海崖、歩けへん??」とのこと。
 千羽海崖、ネット検索では、トレイルランのショートコースの記事ばかりが目立つが、
 以前から参考にさせて頂いている「倶楽部まーくつう」さんの登山記録を見てみると・・・・・・・
 げげっ!登山時間5時間45分、累積標高1,171mとな!!(最高標高は290mなのに?)
 これって、登って、下っての繰り返しで一番足に堪えるパターンでは????
 うーーん、これは心してかからねば!!。
 ということで2015年初登山は、春の潮風を全身で感じる千羽海崖(千羽富士、千羽ヶ岳)に決定!
 
 ちなみに、この半年、体験は高度肥満を維持、登山のトレーニングなど、全くする暇がなかった。
 果たして大丈夫か???(そりゃあかんだろなぁ〜〜)

2.登山開始
 朝7時半、自宅へ悪ガキおっさん登山隊の車がお出迎え〜〜♪(これは楽ちん)
 今回は、3名が参加。他1名は体調がすぐれずで不参加です。

 早速、高速道路経由で、日和佐へ向かう。
 しかし、道も良くなりまして、今は2時間弱で日和佐(美波町)まで行けるんですなぁ。
 話をしている内に、9時過ぎに日和佐に到着。近くのLAWSONでおにぎり、麦茶を購入し、
 某駐車場へ車をデポする。天気は最高!足揃えを済ませ、9時30分登山開始!

 「うちがいそばし」を渡り、案内板に従い右に曲がり、日和佐城に向かう。
 緩いアスファルト道をだらだら登る。途中、朝の散歩のおばさん、ジョギングしている兄ちゃん達とすれ違う。

【駐車場出発】                                 【うちがいそばし】


 日和佐城へのアプローチの車道は思ったより長く、駐車場から19分で日和佐城到着!
 隊長はさして興味も無かったが、他2名は日和佐城に興味津々。トイレを借りている間に日和佐城に入ってしまったらしい。
 仕方がないので、天守閣?まで行って見ると、入り口の自動ドアに「入場無料」の張り紙が!。これは行かねばならんでしょう。
 こっそり入り、食堂などには目もくれず、螺旋階段をグルグルと登ると最上階に到着する。
 四方はガラス張り。四国霊場薬王寺、日和佐の町並み、東を見れば大浜海岸、大海原が見える。
 今まで、そばを通る機会は何度もあったが、中に入ったのは今回が初めてである。これはこれで満足かな。

【日和佐城駐車場:左はトイレ】                       【薬王寺方面】


 それでは目的の千羽海崖を目指しましょう!
 日和佐城の駐車場に城山遊歩道の案内がある。
 この道を入ると案内板の裏に「四国の道・千羽海崖を望む道コース」とある。ここで正解!

【遊歩道入り口?】                              【四国の道案内板】


 「展望地に至る」。そうですか、至るんですか!。いったいどこの展望地ですか!説明不足!
 こういったツッコミを入れたくなる金のかかった看板は大好きである。

 遊歩道はトレイルランコースになっているためか、非常に綺麗に整備されている。
 このあと、登り階段があったが、まだまだ余裕である。

【説明不足の案内板】                            【綺麗な遊歩道】


 日和佐城から10分ほどで「朝日ヶ丘広場」に到着。
 「これが展望地?まだ先?」などと、しつこくツッコミ続けるやましん隊長。(性格悪し)

 その先、10分足らずで「50kg爆弾投下跡」に到着。結構広々している。
 案内板には「投下」としか書かれていないが、「投下爆弾爆発跡」ってすると、もう少しインパクトがあると思うのだが。

【朝日ヶ丘広場】                               【爆弾投下跡】


 またまた10分ほど進むと「指ノ鼻休憩所」に到着。
 日和佐城からも竜宮公園からも近いので展望休憩所がいくつか設置されている。

【指の鼻休憩所】


 このあと、せっかくゆるゆる登って来たのに、結構下る。もったいない・・・・。
 少し登り返し、その先に、、分岐があり、左に進むと行き止まり地点に「大磯休憩所」がある。
 ほんの2,3分の寄り道だし、せっかくなので行って見る。(だって、もう、あずまやが見えてるし・・・・)

 あっというまに「大磯休憩所」到着。他の休憩所とほぼ同じ。展望良し。それではUターン。元のコースに戻りま〜す。

【大磯休憩所へのアクセス道】                       【大磯休憩所】


 そこから約20分間、緩いアップダウンを進み、最後にややきつめの登りをこなすと・・・・・
 ひょっこりと広場にでる。あれっ?ここどこ?見ると、三角点が・・・・・
 到着しました!「千羽富士」山頂到着、四等三角点「大磯」(128.64m)発見!

 日和佐城から約1時間で到着です!。せっかくですので記念撮影。(見晴らしはまったく良くないですが・・・・)

【千羽富士山頂】                               【山頂記念撮影】


 どんどん行きましょう!
 千羽富士からは少し急な下り。(またまたもったいない・・・・・・)
 山頂からたった4分で、次の「荒瀬休憩所」に到着!。ここは見晴らしがよい!

【荒瀬休憩所からの眺め】


 しかし、まだまだ先は長そう・・・・・。それに、目前の登り斜面がきつそうですなぁ!

 気合い入れて、ゆるゆると登りましょう!
 ・・・・・しっかし、なまった体にこれはきついわ〜〜・・・・・。だんだん会話が無くなってくる。あ〜しんどいぞう〜!

 おおっー、下から見えていた反射板に到着!

【遊歩道】                                   【反射板】


 ふう〜、大磯休憩所から34分、やっと次の「通り岩休憩所」につきました。
 見える景色は相変わらず。とっとと先へ急ぎましょう!

【通り岩休憩所】                                【ちょっと休憩】


 地図を見ると、後は緩やかなアップダウンのはず・・・・・・。腹減った。次の休憩所はまだかぁ〜!
 ・・・・と思っていると、通り岩休憩所からちょうど30分で、ひょっこり目の前に「千羽休憩所」の標識が・・・・
 やっと到着!千羽ヶ岳山頂到着!わっかりやすい場所に三等三角点「一ツ橋」(245.34m)発見!

【千羽ヶ岳:千羽休憩所】                          【三角点】


 南を見ると、南阿波サンラインの展望台が見える。昔、あちらから、よくこの山(というか崖)を見てたことを思い出す。)
 いつか行ってみたいと思っていたが、やっと念願が叶った!
 それと、かなり昔、下の海岸からロープウェイがあったはずだが、下の施設は取り壊されてしまったらしい。
 ただ、上の展望台は今も残っている。うっひょ〜〜、秘密基地みたいでわくわくしますなぁ。
 行っては見たいが、今は展望台への道は廃道になっているらしい。

【千羽ヶ岳より南を望む。】                         【ロープウェイ展望台(廃屋)】


 南向きは、一面の大海原。少しもやっているのが残念ですが、パソコンの壁紙にでもしましょうか。

 時刻は12時20分。それでは食事にしましょうか!
 やましん隊長はいつもの「金ちゃんヌードル大魔王」とおにぎり1個です。
 3時間弱、歩き続け、体が塩分をほしがっているので、スープもきっちり飲み干しました。

 いい天気、いい景色、腹も満たされ、満足〜♪満足〜♪

【千羽休憩所から南の大海原】                       【昼食です。金ちゃんヌードル大魔王降臨です】


 さて、そろそろ残り後半戦に突入しますか!
 というのも、今回の山行は、全行程約13km。ここから終点のJR山河内駅まで、まだ6kmある。(まだ半分ですなぁ)
 エネルギー充填完了!それでは再起動です!

 千羽休憩所からは、北方面へ下って、下って、少し登って、下って〜〜。
 ちょうど、南阿波サンラインのトンネルの上あたりでそのトンネル横に降りる分岐がある。
 いざとなったら、ここから降りて、日和佐まで歩く計画も持っていたが、他の2名はやはりJR山河内駅まで行きたそうなので、
 当初の計画通り13km歩くことにする。

 しかし、JR山河内駅へ行くには、標高290mの鉄塔広場を通過するため、今からきつーーい登り返しが待っている。
 でも登らなければ帰れない!登りましょう!(気合いは入っているのだが、なまった体がそろそろバテてきている。)

【南阿波サンライントンネルへの分岐】                  【鉄塔広場への登り】


 整備された階段を、ゆっくり登り続け、一息ついたところで沢をまたぐ。
 そこから、290mの広場までまたひと登り。これが最後の踏ん張り所。

【登り途中の沢】                               【鉄塔広場への最後の登り】


 千羽ヶ岳より下って登って47分。到着しました。本日の標高最高地点!鉄塔広場(290m)でございます!
 (あぁ〜、もう登らなくていい・・・・・・・後は楽に下るだけ・・・・・・(と、この時は思ってましたが、これが間違い))

 地図を確認し、一番北の鉄塔の奥に、「山河内駅4.2km」の標識を確認する。
 さぁ、下るぞーー!

【鉄塔広場】                                  【鉄塔広場北奥の標識】


 ・・・・鉄塔広場からのこの下り、結構きつい・・・・疲れた足に堪えます。
 両太ももの前の筋肉が・・・・・ピクピクしてきた。やばいですなぁ。

 下り終わると、今度は沢に沿って、ゆるーく登る。
 おや?廃屋がありますなぁ。廃屋マニアのやましん隊長、写真を撮りまくる。

 急に、最後尾の1名が「わぁ!ヘビ!」と大声で叫んだもんで、とっさに足にチカラを入れてしまい、
 ・・・・・・・両太ももの前筋が攣ってしまった。イテテテテ・・・・・。あぁ、ビックリした。
 しばらく休憩し、ストレッチした後、再出発する。

【鉄塔広場からの急な下り】                        【廃屋】


 その後、廃屋前の小さな橋を渡ったあたりで、道が怪しくなったので、GPSを手持ちし、地図と見比べながら進む。
 100m程進むと、やっと「四国の道」の標識があり、ほっとする。

 後は杉林の中を抜け、鉄塔広場から50分かかって、やっと舗装道路に出る。

【杉林の中の登山道】                            【舗装道路が見えた!】


 あーやっと、やっと人里に降りてこられた。あとは駅を目指してゆるゆる歩くだけ。(相変わらず、太ももはピクピクしていますが・・・・)
 
 おやっ?田んぼに水を張ってますなぁ。進んでいくと、網を張った中で錦鯉を養殖しています。
 もっと下ると。「錦鯉 白沢村の看板が立ててありました。へぇー、こんなところで鯉の養殖ねぇ〜。

【人里に帰ってきた!】                           【水田で鯉の養殖】


 歩きスマホで、山河内駅の時刻表を確認する。15時11分発に間に合うが、そうそう道草もしていられない。
 トレーニング不足の、疲労した足を引きずり駅を目指す。踏切が見えた!。後もう少し!

 山河内の集落は国道がトンネルでバイパスされているので、落ち着いた雰囲気の小さな集落。
 レトロな看板を楽しみながら駅を目指す。

【踏切です】                                  【山河内集落】


 15時1分、発車10分前にJR山河内(やまがわち)駅に到着。GPSの電源を落とす。
 10分後、いわゆる汽車が来ました。(1両編成)
 時刻表にワンマンと書いてあったが、なぜか前後に計2名乗務員が乗っていた。(新入社員教育か?)

【JR山河内駅】                                【1両、来ました。】


 この車両、こんな田舎を走っているのに、内装はかなり綺麗。
 悪ガキおっさん探検隊は今日の山登りで、汗くっさいので、他の人に迷惑にならないか心配していたが、乗客はたった2名。
 我々も入れ5名を乗せ、汽車は日和佐へ出発する。
 運行時間6分で日和佐駅到着〜♪。運賃1人210円なり(1区間で210円って高いなぁ。)

【JRの汽車室内】                               【日和佐駅帰着】


 駅から駐車場までは徒歩2分。無事戻ってこれました。

 しかし、今日のコースは千羽海崖トレイルランニングショートコースとほぼ同じ。
 このコースを2時間程度で走るとは・・・・・

 何はともあれ、気持ちのいい山行でした。
 懸念していた累積標高ですが、私のGARMIN GPSmap60CSxでは+949.3mになりました。(気圧測定)
 登山時間5時間40分、歩行距離13.6km。 今日も、よう歩きました。

 当然ながら、その後、お風呂、宴会(ビール飲みまくり)はお約束♪♪

今回の散財
ガソリン代高速代(分担) ¥1500 悪ガキおっさん登山隊員の車。他2名にてガソリン代、ETC代分担分
昼飯 ¥462 日和佐LAWSON 麦茶、金ちゃんヌードル、おにぎり1個
JR山河内→JR日和佐 ¥210 JR四国、牟岐線 山河内駅→日和佐駅
お風呂 ¥600 御所の郷
打ち上げ ¥4,000 御所の郷、お食事処で打ち上げ!
合   計 ¥6,772 宴会代が一番金かかってますな〜   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】