【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-180
山     名:眉山
登  山  日:2016年2月11日
標     高:290m
登山標高差:287m
累積  標高:619m
一等三角点「眉山」(行政:徳島県徳島市)
四等三角点「三谷」(行政:徳島県徳島市)
四等三角点「長谷」(行政:徳島県徳島市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
天神社発 9:30 0:00 登り
1:54
パゴダの塔 10:17 0:47
眉山最高地点(290m) 11:24 1:54
地蔵寺 12:17 2:47 帰り
昼食
込み
中華そば いのたに 13:39 4:09
天神社帰着 14:08 4:38

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.悪ガキおっさん登山隊、本年発始動
 悪ガキおっさん登山隊、今回は久しぶりの登山!というか、2016年初めての登山。
 登るのは,、徳島市民なら毎日嫌と言うほど目に入る眉山!なーんだ、あのロープ-ウェイのある展望台ですか〜、といわれそうだが、
 今回はぐるっと1周。復路の市街地歩行も含め5時間程度を歩く予定。

 今日は、建国記念日の休日。悪ガキおっさん登山隊の1名の車で移動。
 阿波踊り会館横の天神社下のコインパーキングに駐車する。会館のトイレを借り、準備万端。それでは行きましょうか!

【天神社発】                                    【天神社境内右の登山口】


 最初は、石の階段が続き、アスファルト道を横切ったりする。岩場、快適な登山道などをゆっくりゆっくり登っていく。
 (だって、本気で登ったら、あっという間に終わってしまうし、汗をかいて、上で寒い思いをするだけだし・・・・)
 途中で、ロープウェイの下をくぐる。

【ロープウェイ下をくぐる】                           【快適な登り】


 4人揃って、バカ話をしながら登ること40分。山頂部の剣神社へ到着する。展望台で一休み。
 その後、パゴダの塔の一等三角点も確認する。

【山頂部到着】                                  【一等三角点】


 パゴダの塔にも展望台がある。ロープウェイ駅の展望台より若干狭いが、展望はこちらの方がよい。
 徳島市内全般が広〜く見渡せる。

【展望台からの眺め(パノラマ(4枚合成)】


 さて、ここで終わってはあまりに短すぎる。ということで、やましん隊長が以前通った、眉山縦走路を歩く。
 まずは、なんか工事をしている駐車場を抜けて、公園なども抜けて、遊歩道的縦走路を進む。
 途中、なんどかアスファルト道を横切る。

【山頂部駐車場】                                 【縦走路の山道】


 登り始めて1時間39分で、一つ目の三角点「三谷」282.9mと、金山彦神社を通過する。
 眉山縦走路は、山頂部に登っちまえば、快適な、散歩道になるので、市内のオアシス的な自然林を散策しながら進む。

【金山彦神社と四等三角点】                         【縦走路】


 天神社から登り始めて1時間54分で、眉山山頂(最高地点)290mに到着!。
 以前は、小松島方面の眺めがもう少し良かった気がするが、木が茂ったためか??
 (やましん探険隊、2005年3月13日眉山登山と見比べても、やっぱり気が大きく育っている。)

【眉山山頂(最高地点)】                            【小松島方面の展望】


 そこから500mほど道なりに進むと、四等三角点「長谷」を通過する。先ほどの三角点もだが、10年前に比べ三角点周囲の
 笹が茂って見えづらくなってますなぁ。でも登山道の方は、ロープなどが整備されて歩きやすくなっている。

 この先を進むと、地蔵越の峠へ一気に下る。

【三角点】                                     【下り】


 途中、鉄塔の下をくぐる。真下から見ると幾何学模様がおもろいですな。
 さて、最後の、下り。転ばないようゆっくり行きましょう!

【送電線鉄塔真下より】                             【地蔵越間近】


 もうあとちょっとで地蔵越の地点で、見覚えのある祠に到着。峠道はもう目の前である!
 げげっ!なんと、ここで歩き遍路道の案内板・・・・・・。
 ご存じの通り、やましん隊長、ただいま、へんろウォーキングもやってます。17番井戸寺まで済んでいるので、次回はこの地蔵越を
 越えて小松島へ向かう予定!。しかし、「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図では、峠最高部は車道を歩くはず・・・・・・
 えーい、結局、地図は万能じゃない!井戸寺周辺でも迷いまくったではないか!。
 ということで、ここからは、案内板通りの歩きへんろ道を地蔵寺まで下る事にする。(次回の登り時の予習ですな。)
 結構、急坂で岩ゴロな道。次のへんろウォークではこの道を標高差140m登るのか・・・・まぁしゃあないね〜

【歩き遍路看板発見してしまった】                       【地蔵寺へのへんろ道下り】


 下って来ました〜。下界に下りてくると目の前が地蔵寺!。大きな池と、トイレ有り。ここで休憩します。
 (ここまで登山開始から2時間47分)。時刻は12時17分!昼飯には丁度いいですなぁ!
 それでは計画通り、「名東軒」で中華そばを食いましょうか!!

 ・・・・・・・・・・・・あかん・・・今日は世の中、建国記念日の休日でした。・・・・・ 名東軒前には10人程度の行列が・・・・・・・。
 やましん隊長のモットーは、この世の中、行列に並んでまで食う物ようなはない!行列大嫌い!なのである。
 これから眉山北側の麓(ふもと)を天神社まで帰るのだが、1時間30分も歩けば帰り着く予定。
 途中で別の食事処もあるでしょう!ということで、今回は「名東軒」はご縁がなかったと言うことで、さいなら〜。
 さて、先を急ぎましょうか!

 戻り道は、出来るだけ大きな車道は避け、眉山に沿った道を歩くことにする。
 いままで通った事のない道も多く、、結構おもしろい。昔ながらの金持ちの家なども数件見かける。

【地蔵寺、池、便所】                               【味のある眉山直下の生活道】


 古風な煉瓦造りの立派な建物が・・・・佐古の浄水場でした。
 やっと着きました。名東軒から中華そばを食い損ねて1時間10分!徳島中華そばの老舗!「いのたに」に到着!
 時刻は午後1時40分。これなら空いているはず・・・・・。と思っていたが、さすが老舗。駐車場は一杯です。
 ただ、行列は無いみたいなので、昼食は「いのたに」で決まり!

【佐古の浄水場】                                 【いのたに】


 店内の券売機でブラチケットを買って、5分も待つと、空いた席に案内される。
 さすが、有名店。厨房では数名の店員が中華そばをどんどん作っている。客の回転が速い!
 数分で注文した、中華そば肉大、飯が到着!。胡椒をたっぷりかけて、おいしくいただきました!(塩分補給完了!)

 「いのたに」をあとに10分も歩けば、天神社へ帰着完了!

【いのたににて昼食】                               【天神社帰着】


 今日の山行は、昼食を含めて4時間38分!低山ながらも気持ちの良い山歩きでした!
 (帰りのアスファルト道は足に堪えますけどな・・・・)
 夕方18時からは居酒屋にて中学時代のマドンナも呼び出しての反省会!やっぱりビールは最高じゃ!

今回の散財
昼食 ¥850 いのたに 肉大、飯
合   計 ¥850 悪ガキおっさん探険隊の車で送迎なので、助かりました。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】