【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-182
山     名:高越山
登  山  日:2016年4月16日
標     高:1,133m
登山標高差:1,018m
累積  標高:1,215m
三 角 点 :四等三角点「大張」(行政:徳島県吉野川市)
        一等三角点「高越山」(行政:徳島県吉野川市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
ふいご温泉上登山口発 9:16 0:00 登り
2:59
中ノ郷 10:34 1:22
高越寺 12:01 2:45
高越山山頂 12:15 2:59
山頂駐車場着 12:44 3:28 昼食
山頂駐車場発 13:16 4:00
高越寺着 13:38 4:22 休憩
高越寺発 13:54 4:38 下り
1:57
ふいご温泉上登山口着 15:51 6:35

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.悪ガキおっさん登山隊、高越山(阿波富士)に登る

 悪ガキおっさん登山隊の今年の第1目標は西日本最高峰、石鎚山へ登ること。
 それには事前に標高差1000m程度の山で、トレーニングしておいたほうがええですな!
 ということで、今回は暑くなる前の近場の高越山に登ることにする!

 ちなみに、やましん隊長は高越山はいままで2度ほど登っている。
 2010-05-29(ふいご温泉上登山口より)
 2013-05-23(ふいご温泉上登山口より)

 あまり展望の良くない山だが、アップダウンが少なく、登り一辺倒なので、個人的には登りやすい。
 天気も日中は持ちそうなので、悪ガキおっさん4名で「おこおっつぁ〜ん」に行きますか!

 8時30分、D氏の車のお迎え(ありがたや〜)。途中のコンビニでおにぎり、カップ麺、飲料水等を購入し、
 ふいご温泉より少し上登山口近くの路肩に駐車する。(4〜5台程度駐車可)

 足揃えを済ませ、9時16分、登山開始。
 悪ガキおっさん登山隊の内、N氏とO氏は高越山登山は初めて。D氏は一度、途中までは登っている。

 前半は鉄塔巡視路をゆるゆる上っていく。樹木に覆われ、陽射しはきつくないが、ほぼ無風状態。
 さすがにだんだん熱くなってきた。余り汗をかかないようにゆっくりゆっくり登っていく。

【ふいご温泉上、高越山登山口】                       【鉄塔】


 さすが送電線鉄塔巡視路。綺麗に整備されている。No,43からNo,47の鉄塔下をくぐりながら、登っていく。
 高越山と、巡視路の分岐をすぎて、少し進むと、中ノ郷の林道に飛び出す。

 う〜む、桜の花は、ほぼ終わりかけ・・・残念。(一週間早ければなぁ)

【保守点検道】                                  【中ノ郷(林道)】


 林道を右に少し進むと「中前寺」に到着。ここまでで1時間22分。ここで、10分程度休憩する。

 さぁて、残り半分、がんばりますか!後半はだんだん道がきつくなるため、さらにゆっくり小幅を心がけて登る。

【中ノ郷、中前寺】                                【登山道:尾根道】


 急な斜面だが、道はつづら折れになっているため、ゆっくり登ればどうってことはない。
 さらに登ると、まだ新しい「先ず合掌」の看板発見。ここからが霊域ということか。

【つづら折れの登山道】                             【おそらく、霊域境界】


 前半はくだらないバカ話をしながら楽しく登って来たが、さすがに皆さん、口数が減ってきたかな?。

 前回、途中まで登った事のあるD氏が、自分のGPSを確認し、前回の断念ポイントに到着確認。(D氏終焉の地と命名)
 ここでラーメンを食って帰ったとのこと。日没間近なので引き返したらしい。良い判断。山は逃げまへん。
 今日はリベンジできそうじゃな!

 さらに登ると、一昨年、住民有志の手によって改修された休憩所を通り過ぎ、女人結界門に到着。

【D氏終焉の地をクリア】                            【女人結界門】


 その後、「高越大権現」の鳥居通過〜♪。
 しかし、この鳥居、だれがどうやってここに建てたんだろうか?。昔の人はすごかった!
 登り始めて2時間45分で高越寺に到着〜♪

【高越大権現の鳥居】                              【高越寺の山門】


 お寺は後からゆっくり参拝するとして、まずは山頂へ向かう。
 鐘楼横の高越神社への参拝階段を上ると、4分ほどで「高越神社」到着。
 神社の左に、山頂への登山道があるので進む。

【高越神社への参拝道】                            【高越神社】


 やっと、山頂部に到着!。まずは右手の一等三角点「高越山」を確認。なんか、ちっちゃな標識が増殖してますな。

【右(一等三角点)、左(山頂)標識】                      【一等三角点】


 登山口から2時間59分で、高越山頂(1,133m)到着!。ここから、阿波町、脇町が少しだけ見える。

【高越山山頂】                                  【山頂からの見づらい展望】


 ここで終わりにして、高越寺まで帰って昼食にしても良かったのだが・・・、やましん隊長、少し欲が出まして、
 山頂尾根を走破しようと、他3名を強引に誘う。(ここまで来たら、丸ごと頂かねば!)

 一旦下って、少し登ると、真新しい「奥の院」の木製鳥居有り。奥の院の字が妙に細い。(もう少し太い方が、威厳があると思うが)
 その奥に金属パイプ製の「奥の院 蔵王大権現 高越山」の鳥居有り。

【奥の院木製鳥居】                               【蔵王大権現高越山】


 その先に「奥の院」、そして背後に「高越大権現」の石室あり。
 なんか、高越寺、高越神社、奥の院、高越大権現、蔵王大権現とややっこしいなぁ。

【奥の院】                                     【高越大権現】


 高越大権現を過ぎ、さらに奥に進むと、細い尾根道を下り、山頂駐車場に到着。
 ここに「先ず合掌、これより霊域」の門がある。さっきの登山道の「先ず合掌」の標識もやはり霊域との境界なんでしょう。

【これより霊域、奥が高越山頂】                       【山頂駐車場】


 時刻は12時44分。ちょっと頑張りすぎたか。皆さん、空腹感がありありと表れている。(やましん隊長も腹減った〜)
 高越寺まで戻らず、霊域門近くの、展望台として整備したであろう高台にベンチがあるので、ここで昼食とする。

 今回は、N氏が持参したバーナーでラーメン4人分のお湯を沸かす。
 やましん隊長は、いつものごとく「金ちゃんヌードル」とおにぎり2個!。いただきま〜す!

【駐車場高台の休憩所】                            【湯沸かし中】


 食った、食った!。リュックは軽くなったが、腹が出てしまい、ウエストバックがきついな。(少し緩めてと・・・)
 それでは、高越寺経由で帰るとしましょうか!

 帰りは、山頂駐車場から、ほぼ水平の参道を進む。
 たしか、ここには展望台があり、昔々、今は無き「山川少年自然の家」で泊まった子供達が、早朝登山をし、
 展望台から「おこおっつあ〜ん!またくるけんな〜!」と大声で叫ぶ行事があった。
 今日も叫んでやろうと思っていたが・・・かびょ〜〜ん・・・・。なんと、階段の木は腐り、立入禁止!!
 2004年7月19日にGPSのテストで歩いたときには健在だったのだが・・・・・残念!

 しかたないので、やましん隊長、立入禁止看板の前で超大声で叫ぶ!
 「おこおっつあ〜ん!またくるけんな〜!次来るまでに、展望台、直っとってよ〜!」
 ええ年こいたおっさんが、何をやっているんだか・・・・・・

【展望台立入禁止】                               【12年前は・・・・・・こんなんでした】


 駐車場からは15分ほどで高越寺帰着。他の人のHPにあったように、境内の鳥居が無くなっている。
 2010年5月時点の写真では、まだちゃんと残っていたが、2013年5月登山の時点ですでに無くなってますなぁ。
 (気づかんかった〜。でも、あのへんな形の鳥居、どこにいったんやろう???)

【高越寺帰着】                                  【鳥居の台だけ残ってますなぁ】


 休憩がてら、境内を彷徨く。
 おおっー!こんな山のてっぺんで、井戸がある!(飲料可なのだろうか?)
 休憩所??にも入らせて頂き、一息つく。ここには自動販売機もある!

【高越寺境内の井戸?】                            【休憩所?】


 さて、それではそろそろ帰りましょうか!。
 13時54分高越寺から登って来た道を下る。

 登りでは気づかなかったが、あぶなっかしい倒木があったんやな。
 (ゆっくり、下向いて歩いてたんで、全然気づかんかった〜〜!)。

【下山開始】                                    【倒木〜】


 中ノ郷まで下って、しばし休憩。登り時にはパスした「赤樫」を見に行く。樹齢約1000年、幹周り6mとのこと。
 悪ガキおっさん登山隊員は木登りをやりたそうである。
 (たしかに登れなくはない・・・・でも、樹齢1000年。木の枝、腐ってないか?。それに、絶対、罰が当たるでぇ〜〜!!)

 さて、下りも残り半分。とっとと下りましょう。

【赤樫】                                      【萬代池】


 高越寺から下る事、1時間57分。無事下山完了!。
 ちょいと時間は掛かったが、4人で大声でバカ話しながらの、お気楽トレーニング登山!。おもろかった!

 さて、それでは、「ふいご温泉」で臭っさい汗を流しましょうか!。たしか2年前にリニューアルしているはず。
 入浴料550円。露天風呂なし。無色透明無臭の緑ばん鉄泉らしいが、なんともいえない、ひなびた感が漂ってますなぁ。

【下山完了】                                   【ふいご温泉】


 締めくくりは、お約束の生ビール!(たまりませんなぁ〜♪)
 皆さんお疲れさん!

【お好み焼き(鉄板焼き)で宴会!】


次は、西日本最高峰!石鎚山に行くぞ〜!(あくまで予定)

それまでに、もう少しトレーニングしておこーっと・・・。(翌日、翌々日、足が筋肉痛で・・・・・だめだこりゃ)

今回の散財
昼食代 ¥650 おにぎり2個、チョコレート(非常食)
入浴代 ¥550 ふいご温泉入浴
飲料水 ¥260 お茶、麦茶ペットボトル(ふいご温泉自販機)
ガソリン代 ¥500 燃料代(M氏車代)
宴会代 ¥4100 お好み焼き屋、メニュー各種
合   計 ¥6060
 

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】