【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-184
山     名:剣山〜一ノ森〜槍戸山、往復
登  山  日:2016年7月18日
標     高:1955m
登山標高差: 588m
累積  標高:1136m
三 角 点 :一等三角点「剣山」
        三等三角点「一ノ森」
        四等三角点「槍戸山」
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越駐車場発 9:07 0:00 登り
3:08
剣山山頂 10:36 1:29
一ノ森山頂 11:34 2:27
槍戸山頂 12:15 3:08
一ノ森山頂 13:03 3:56 下り
3:18
剣山山頂 14:11 5:04
見ノ越駐車場着 15:33 6:26

一ノ森から槍戸山を望む

(マウスクリックで拡大します)

(マウスクリックで拡大します)

1.悪ガキおっさん登山隊!剣山周辺の一ノ森ってどうよ!?

 なんと!本日!九州から東海まで梅雨明け!(下山後に知ったのだが・・・・・)
 昨日までの梅雨空から一転、澄み渡る快晴!。
 例のごとく、悪ガキおっさん登山隊にて、剣山からひとつ先の「一ノ森」、さらにもうひとつ先の「槍戸山」まで行ってみる??

 朝7時に集合!。高速道路を飛ばし2時間足らずで見ノ越に到着する。気温は22度。下界よりかなり涼しい。
 昨日、7月17日は剣山の夏祭り。御輿が山頂の笹原を走り回ったはずである。(おそらく、駐車場も満杯だったはず。)
 日も変わり、今日は静かな見ノ越周辺。登山口の剣神社の参道に飾ってある提灯が、「兵達(つわものども)が夢の跡」っぽいですな。

 9時7分、登山開始。
 しかし、歩き始めると・・・・暑い!くそ暑い!。体からいやな汗が大量に出ていく。
 ゆっくりと登ること44分で、西島リフト駅に到着。晴天の下、三嶺、塔ノ丸がよく見える。

【剣神社参道】                                  【西島リフト駅より三嶺(みうね)を望む】


 刀掛けの松コースを登り、見ノ越より1時間29分で剣山山頂到着。
 ウッドテラスで近くにいた兄ちゃんにシャッターをお願いする。(しっかし、ええ天気やなぁ〜♪)
 木道を進み、剣山山頂の三角点も確認。
 (昨日、御輿はどの辺りを暴れまくったんだろう???)

【山頂ウッドテラスにて】                            【山頂三角点】


 悪ガキおっさん登山隊員の通称:「店長」(左)の要望で次郎笈をバックに記念撮影する。

 ちなみに悪ガキおっさん登山隊は、現在、「やましん隊長」、「店長」、「公務員」、「営業」で組織されている。
 本日、「営業」は家庭の事情により不参加。また次、行こうな〜♪

 剣山山頂から南東方向を眺めると、本日のターゲットの「一ノ森」、「槍戸山」が見える。
 (ここから見ると、すごく近くで楽勝に見えるんだが・・・実際は、違うんですなぁ〜。これが・・・・)

【次郎笈をバックに】                               【一ノ森(左)、槍戸山(右)】


 さて、一ノ森に行く前に・・・・・、以前から気になっていた、測候所跡に建設途中だった便所を見学する。・・・綺麗だ・・・。
 日本百名山で、山頂に温調便座付き水洗トイレが完備されているところも珍しいと思う。
 (これはこれで、とってもありがたいのだが・・・・)

【山頂トイレ】                                   【山頂トイレ内部】


 それでは、一ノ森へ行きますか!。
 剣山の山頂部は広い。昔々、平家の落人が、馬の練習に使ったという謂われから「平家の馬場」と名が付くほど広い。
 木道を歩き、東のテラスへ進む。快晴の天空遊歩道!ええ気分です!
 
【東のテラスへ進む】


 さて、ここで剣山山頂部と別れを告げ、一ノ森方面へ進む。というか、ちょっと登って、がぁーっと下る。(もったいないないなぁ〜)
 とは言っても、四国笹(ミヤマクマザサ)に囲まれた一本道。気持ちエエです。

【剣山山頂から下る】                              【気持ちの良い道】


 少し登り返すと、「二ノ森」到着。そこからさらに下ると、一ノ森への最後の登りが見える。

【二ノ森】                                     【二ノ森を下った所から、一ノ森を望む】


 一ノ森への最後の登りの手前のコルで、いつも帰り道に使っていた行場経由のルートを確認すると・・・・・
 やっぱり、全面通行止め!美馬市のホームページで確認した通りである。
 これで、帰りも、もう一度、剣山に登り返すことに決定!
 こんな立派な看板作る暇があったら、早く、道直してくれ〜。(悪ガキおっさん登山隊、心の叫び〜!)

 ここまで来ると、剣山名物「白骨林」があちこちに見える。

【帰りの行者ルートは通行止め】                       【白骨林】


 剣山、東のテラスから43分で「一ノ森」山頂到着〜♪。まだ11時34分なので、飯を食わずに先に進む。
 左手に一ノ森ヒュッテが見える。いつかは泊まってみたいもんである。

【一ノ森山頂】                                   【一ノ森ヒュッテ】


 一ノ森の三角点は、山頂ではなく、尾根沿いの200m先にあるので、そちらへ進む。
 途中、日本庭園の様な場所を通過する。う〜〜む、わびさびを感じますなぁ。

【途中の日本庭園】


 振り返ると「次郎笈」「剣山(太郎笈)」「二ノ森」「一ノ森」が一望できる。
 景色も良いのだが、やっぱり山は晴れの日にこなあきまへん!

【一ノ森三角点手前から】


 一ノ森山頂から3分も歩けば、三等三角点「一ノ森」発見!
 今までここには2回来ているが、2回ともここから引き返している。

 昔、知り合いの山好きのおっちゃんから「一ノ森行ったら、槍戸にも行ってきなよ〜」と言われていた。
 しかし、登山道が明瞭なのはここまで・・・・・。
 この先は、笹が腰まであり、道が見えない。足で地面を探りながらの歩きとなる。
 う〜ん、どうしたものか・・・・・。行くべきか、行かざるべきか、それが問題だ・・・・
 っと、そこで通称「公務員」のK氏が「行こう!、行こう!」と叫ぶ。これで槍戸山行き決定!

 笹がわずかにへこんでいる部分をかき分け、結構下る。
 地面が見えないので、注意深く足を進めるが、笹の下の道には段差があったり、石があったりで、思ったより時間が掛かる。
 「店長」が、「本当に行くの〜?」と、あまり乗り気でないが、渋々ついてくる。

【一ノ森三角点】                                 【一ノ森より槍戸への下り】


 こ、これは手強い!。笹の藪漕ぎに不安が募るが、ここまで来たら行かねばなるまい!
 槍戸までは、忠実に尾根を進めば良いはずだが、なぜか、途中で道がいくつも分岐合流している。
 皆さん、この笹で道を見失い、好き勝手な所を歩いたんかなぁ?

 途中まで来ると、白骨林の倒木が目立つ。笹をかき分け、倒木を乗り越え・・・・槍戸はまだか?

 すこし開けた所で、一人の登山者と出くわし、ビックリする。こんなところで、たった一人で・・・・・・自殺志願者か????
 話を聞くと、「今日は剣山は人がいっぱいでしょう。人混みはいやなので、富士の池から一ノ森に登って来ました。」とのこと。
 単なる、静かな山登りが好きな単独登山のおっちゃんでした。

【道はどこだ〜???】                             【倒木がなんぼのもんじゃい!】


 さっきのおっちゃんから、槍戸山はもうすぐそこと聞き、俄然元気が出てくる。
 いかにも山頂らしきピークへあともうすこし!

 やっと着いた!。一ノ森の三角点から34分で槍戸山山頂到着!
 初めての道なので、もっと長い時間歩いた気になっていたが、思ったより短時間で着いたのでホッとする。

【槍戸山、山頂間近】                               【槍戸山、山頂到着です!】


 振り返ると剣山周辺の山並み全体が見渡せる。白骨林も結構残っている。

 しかし、夏場にこの藪こぎはしんどかった〜。ここは早春か晩秋、ささが枯れた時期に来るべきですな。
 ・・・・・・そういえば、来たからには戻らねばならない・・・・・今から、また藪漕ぎ・・・・それも登り返し・・・・・しんどいなぁ!

【槍戸山からのパノラマ】


 ゼイ!ゼイ!ゼイ!、しんどいぞう!。藪を登ること32分で一ノ森三角点まで戻って来た。一ノ森の山頂で昼食休憩とする。

 やましん隊長は、お約束の金ちゃんヌードルとおにぎり2個!。
 炭水化物ダイエットも今日はお休み。シャリバテしないよう、しっかり食う!
 糖質制限中に急に炭水化物を大量に取ると、栄養不足だった脳が喜ぶのか、だんだんハイになってきたぞ!(脳内麻薬か?)
 食事終了後、暑くて、疲れ切って、無口になってしまった他2名を尻目に、一人ラリっているやましん隊長。

 一ノ森山頂を出発し、39分で剣山山頂まで戻って来る。「店長」「公務員」はかなりバテた模様。テラスでしばし休憩する。

【一ノ森でも金ちゃんヌードル】                         【お疲れの他2名】


 すでにやましん隊長は今晩の「ビール!」のことしか頭にない!。早く飲みて〜ぞ♪

 剣山山頂から1時間18分で見ノ越へ下山完了。
 その後、夫婦池のラ・フォーレつるぎ山の日帰り温泉で汗を流し帰路につく。

【下山完了】                                    【ラ・フォーレつるぎ山のお風呂】


 晩は、新しくできた居酒屋に再集合し、久しぶりのビール三昧!くぅ〜〜!やめられまへんなぁ!

 (翌朝、体重が1kgリバウンドしていたのは言うまでもない・・・・・。あんなに汗かいたのに・・・・・)

今回の散財
飲料水、食料 ¥1,521 おにぎり、麦茶、塩飴
入浴代 ¥500 ラ・フォーレつるぎ山にて日帰り入浴
爽健美茶 ¥160 ラ・フォーレつるぎ山にて入浴後、自販機で購入
合   計 ¥2,181
今回、ガソリン代、高速代は他の面々が分担してくれたのでゼロです。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】