【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-187
山     名:東かがわ市
        大池オートキャンプ場テント泊
登  山  日:2016年12月10日〜11日
標     高:
登山標高差:
累積  標高:
三 角 点 :
登山時間データ 時刻 時間 備考
大池キャンプ場着 14:00    
マルナカへ買い出し 15:00
宴会開始 16:15
就寝(やましん) 22:30
起床 8:00
大池駐車場発 9:00

1.初のテント泊を体験する。

 今回は、ろくに登山もウォーキングもしていないのだが、悪ガキおっさん登山隊の中で、キャンプ好き一人と、
 香川県の大池オートキャンプ場でお試しテント泊をしたので、一応登山の分類で記録する。

 場所は東かがわ市、引田にある「大池オートキャンプ場」。18区画のオートキャンプサイトと80区画のフリーテントサイトがある。
 今回は、個別街灯と、水道、流し台のあるオートキャンプサイトを依頼する。(100V電源は不要なので断った。)
 車2台乗り入れ(4500円)、2人入場料(600円)、合計5100円とちょっと高め。
 フリーサイトだとテント2張(2800円)、2人場料(600円)、合計3400円で済むが、
 今回は区画のはっきりしたオートキャンプサイトを選択する。(やっぱり、専用流し台がある方がいいよね〜。)

 昼過ぎ、悪ガキおっさん登山隊のD氏宅へ到着。互いの荷物を確認し出発する。
 40分ほどでキャンプ場到着。管理人からいろいろ説明を受ける。
 円形でサイトが密集している部分は避け、池沿いのP区画を申し込む。
 ここだと、北風が寒そうだが、景色はいいし、たき火をたけば大丈夫でしょう!

【オートキャンプサイトP区画から大池を望む。】


 オートキャンプP区画は広く、格子煉瓦の駐車場(パジェロサイズが2台はゆったりと駐車可能。
 テント場と、調理、たき火エリアも広く、詰めれば4人用で6張りは十分可能。

 やましん隊長、11年前に買って、未だ未使用のアライの究極の一人用テント、「トレックライズ ゼロ」を組み立てる。
 何度か、自宅の室内で組み立てているが、アンダーマット、フライシート、ペグまで打つのは始めてたが、
 やってみたら何とかなるもんで、20分程度で完成する。地面は真っ平らな芝生!。
 アルミ蒸着スポンジシートを敷き、モンベルの南極用#0の45000円の寝袋と、蕎麦米枕を入れて完了。

 D氏も2〜3人用テントを組み立てている。
 やましん隊長、以前家族旅行で、息子から「父さん!イビキうるさい!」と;怒られたので、今回はD氏とは別テントにした。
 D氏は手慣れているようで、ほぼ同じ時間で組み立て完了

【やましん隊長:ソロ用テント】                          【D氏モンベルのテント】


 さらに、D氏持参のターフを組み立て、ペグ打ち、ツナ張りを終え、一息つく。
 あとは各々、持参した肘掛け付きキャプテンチェアー、机、焚き火台、ランタンなどを配置完了。

 さて、時刻はまだ15時。車で5分のマルナカに買い出しに行く。
 ビール、日本酒、刺身、肉、チャンポンアルミ鍋などを買い込む。

 それでは、少し早いが、焚き火台で炭でもおこしますか!

【オートキャンプエリアP区画】                          【買い出し後、火おこし中】


 だんだん日も傾き、寒くなってくるが、炭火がいこっているので、焚き火台に近寄り、防寒着も追加で着込みまったりする。

【まったり〜】


 時刻は16時15分。まだ明るいが、別に早く寝ても問題ないので宴会開始。
 刺身からスタートし、焼肉、チャンポン鍋と進んでいく。
 酒が・・・酒がつきてしまった。結構寒かったので、思いの外、酒が進んでしまった。

 仕方がないので徒歩で往復30分かけて、マルナカまで酒を追加購入する。
 やっぱり、キャンプの時は、これぐらいで限界やろうと思う量の2倍は酒持っていかなあきまへんな!

【刺身からスタート】                                【焼肉開始】


 チャンポンも終了し、あとは大人の火遊び。薪を放り込み、暖を取る。
 22時30分、やましん隊長の血中アルコール濃度が臨界点を突破したので、先に就寝する。

【大人の火遊び】                                 【就寝直前】


 翌朝、5時起床。テントの内面、フライシートの内面とも露がべったり。人間の出す水分はすごいですなあ!
 トイレに行ってから、2度寝し、8時起床。後片付けを済ませ、9時にキャンプ場をあとにする。
 ゴミ袋は有料だがゴミは捨てられるし、灰捨て場も完備。快適なキャンプ場でした!(その分、金は取られますが・・・)

 次回は、悪ガキおっさん登山隊全員で来たいなぁ〜♪

今回の散財
大池オートキャンプ場駐車料2台÷2 ¥2,250 1台だと3500円、2台だと4500円
大池オートキャンプ入場料(大人1名) ¥300  小中学生200円、幼稚園以下は無料
マルナカ、酒、食料品全般 ¥3,977 刺身、肉、鍋、ビール、酒、焼酎等
合   計 ¥6,527
炭、飲料水などは持参のだが、結構かかってますな!

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】