【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-191
山     名:東かがわ市
        大池オートキャンプ場テント泊
登  山  日:2017年4月22日〜23日
標     高:
登山標高差:
累積  標高:
三 角 点 :
登山時間データ 時刻 時間 備考
大池キャンプ場着 12:45    
マルナカへ買い出し 15:04
宴会開始 15:53
就寝(やましん) 23:30
起床 7:30
大池駐車場発 10:00

1.再び大池オートキャンプ場へ

 へんろウォーキングも休止期間に突入!。その代わりというわけでも無いが、
 昨年12月にも行った、大池オートキャンプ場でキャンプ泊を楽しむことにする。
 一緒に行くのは、前回同様、悪ガキおっさん登山隊のD氏!
 彼は現在キャンプ用品亡者と化しており、いろいろなアイテムを購入し続けている。
 前回は、やましん隊長自身のいびきで迷惑をかけてもいけないと思い、別々のテントにしたが、
 今回は、D氏が新規購入した8角錐のテントで一緒に寝ることにする。

 11時40分、D氏宅に到着。車2台にて、D氏の親類宅へ行き、タープを借りる。
 その後、コンビニで昼食を購入し、そのまま香川県東かがわ市の「大池オートキャンプ場」へ向かう。
 12時45分にキャンプ場に到着。本来はチェックインは午後2時からだが、すんなり受付終了。

 今回は流し台の付いたオートキャンプサイトでは無く、値段の安いフリーキャンプサイトにするつもりであったが、
 詳しく説明を聞くと、タープもテント1張と同じ1400円かかるとのこと。・・・・ということは・・・

 1)オートキャンプの場合
   車2台(4500円)+入場料(大人300円×2)=5100円
 2)フリーキャンプの場合
   車駐車代(500円×2)+テント・タープ(1400円×2)+入場料(大人300円×2)=4400円

 700円差だと、灯りと、流し台完備のオートサイトの方が良いので、オートキャンプを選択する。
 流し台があると、醤油、焼き肉のタレで汚れた紙皿、ビールの缶などを、洗ってからゴミ袋に入れられるので、
 車内が液漏れで汚れたり、臭くならない。また、自宅に戻ってからの、ゴミの処理も非常に楽である。

 オートキャンプサイトで、一番奥の静かそうな場所をセレクトし、車を移動。早速テントの設営に取りかかる。
 しっかし、4月とはいえ20度を超える真っ昼間!。テント設営だけでもすぐに汗が噴き出す。
 長袖のシャツを脱ぎ、Tシャツ1枚で作業を続ける。

 自作のアンダーシートを敷き、フライシート的なテント本体の下部8ヶ所をペグ打ちし、その後センターポールを立てる。
 張り具合を見ながら、ペグ打ち位置を再度調整後、インナーテントをフライシート内側のフックに引っかけて、設置完了。

【まずは8ヶ所のペグ打ち】                          【インナーテント設置後、スポンジシート、毛布を敷く】


 それでは、近くのマルナカに、食料、調味料、ビール、乾き物のあて、炭、翌朝の朝食、コーヒーなどを買い出しに行く。
 前回、ビールが無くなり、夜中に徒歩でマルナカまで再度買い出しに行ったため、今回はお持ち帰り覚悟で多めに購入。

 帰ってから、テーブル、椅子、焚き火台などを出し終わったのが16時前!。(まだ日は高い!)
 しかし、喉も渇いたので、ビールを飲み始める。
 (もうこれで、車の移動は出来ない。腰を据えてビール飲みながら、火起こしを進める。

【マルナカにていろいろ購入】                        【ビールも飲み始めると止まらない】


 鰹のたたきからスタート。だんだん日も傾き、気温が下がってきた頃、炭がいい具合にいこってくる。
 とりあえず、たくさん買ってあるので、おいしそうなものから焼き始める。

 牛肉 → ホタテ → 牛シマ腸 → 牛ミノ → 鳥のせせり → 赤エビ (贅沢してますなあ〜♪)

【鰹のたたきからスタート】                          【やはり牛バラはうまい♪】


 飲んでは、焼いて食って、飲んでは焼いて食って、だんだん腹が一杯になってきた。
 まだシャウエッセンが残っているが、これはお持ち帰りやね〜。
 最後に鍋焼きうどんで終了ですな。

 さて、金網を外し、薪を放り込み、火遊び開始♪
 さきイカと、ナッツ類をあてにビールを飲みながら火遊びを続ける。

 夜10時を過ぎ、他のオートキャンプサイトの客も寝てしまったのか、異様に静かになったので
 こちらもそろそろ寝るとしますか。
 とはいっても、なかなか眠たくならない。寝袋に入り、スマホで漫画を読んでいると、11時30分になってので、本気で寝ることにする。

【焼いた先から食いまくる】                          【たき火へチェンジ】


 夜中3時に一度トイレに起き、6時頃、鳥の鳴き声で目覚める。
 う〜〜ん、頭が重い〜。こりゃ2日酔いですな。しばらく寝袋でゴロゴロし、7時半起床。
 コーヒー2杯でやっと頭がスッキリしてきた。

 このあと、少しずつ片付けを始める。日も高くなり、直射日光が暑い!。
 嫌な匂いの汗が出ている気がするが、これで完全に酒が抜けた。
 10時に片付け完了!。それでは帰りますか!

【片付け開始】                                  【片付け完了】


 今朝の最低気温は8度。5月になると虫は出るし、昼間は暑くなるのでキャンプは不向きか・・・・
 やっぱりキャンプは冬ですな!

 参考までに大池オートキャンプ場の利用料金詳細を載せておく。(ホームページだけでは判らない料金もあるため)

【価格表:画像クリックでオリジナルへ拡大】


 11時、帰宅。車から荷物を下ろし、片付ける。
 あ〜、服が、体中が焦げ臭いぞう!(でも楽しかった)

 ・・・・やましん隊長も、焚き火台買おうかな・・・・(4500円程度)
 (既にテント2張、寝袋4つ、テーブル2個、椅子、クーラーボック2つ、ランタン、炭はある。)
 焚き火台を買ってソロキャンプもええかもね〜♪

今回の散財
大池オートキャンプ場駐車料2台÷2 ¥2,250 1台だと3500円、2台だと4500円
大池オートキャンプ入場料(大人1名) ¥300 小中学生200円、幼稚園以下は無料
マルナカ、酒、食料品、炭、その他 ¥5,479 刺身、肉、エビ、ホタテ、鍋、ビール、あて、炭等
合   計 ¥8,029

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】