【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-193
山     名:ゆとりすとパークおおとよ
      キャンプ場ログハウス泊

登  山  日:2017年5月27日〜28日
標     高:
登山標高差:
累積  標高:
三 角 点 :
登山時間データ 時刻 時間 備考
昼食 12:43    
キャンプ場着 14:31
宴会開始 18:00
就寝 22:30
起床 5:45
キャンプ場発 9:38

1.ゆとりストパークおおとよキャンプ場へ

 さて、あと梅雨入りまで10日程度か〜?。そのあと約50日はアウトドア症候群患者には厳しい季節となる。
 この週末がこの春(初夏?)最後のキャンプ日和か????

 そんな中、悪ガキおっさん登山隊のキャンプ部長、D氏から、「ゆとりすとパークおおとよ」へのキャンプのお誘い。
 10日前、美濃田の淵でソロキャンプしたばっかりだし、その他、散財も多いこの頃。無駄遣いは控えなければいけないが・・・
 聞けば、ログハウスが3000円、入場料が一人500円。ゴミ捨て無料!。割り勘すれば、これは良いんじゃな〜い♪
 と言うことで、5月27日は、高知県大豊町の「ゆとりすとパークおおとよ」で初のログハウス泊に決定!

 朝9時30分、D氏が自宅に到着。今回はログハウス泊のためテントが不要。車1台で行くことにする。
 互いの荷物を確認し、不足分だけを積み込む。それでは出発するとしましょうか!

 とりあえず、池田方面へ、北岸県道を進む。途中、10日前ソロ泊した美濃田の淵キャンプ場に立ち寄る。
 ありゃ???。10日前にもあった東京のおっちゃんのテントとバイクが同じ位置に・・・・まだある・・・・・・
 かれこれ20日も同じ所で頑張ってますな。いったい何日ここに滞在するのだろう??
 まあ、おっちゃんはおっちゃんで頑張って貰って、我々は先を急ぎますか!

 美濃田大橋で吉野川南岸の国道へ渡り、池田町のデイリーマートで今日明日の食材、酒等を買い込む。

【美濃田大橋:狭い・・・・】                           【デイリーマート阿波池田店】


 時刻は12時過ぎ。デイリーマートで昼飯の弁当と麦茶も買ったので、池田の丸山公園に寄り道し、東屋で昼食とする。
 食ったあとも先を急ぐが、セブンイレブン三好大歩危店でトイレを借り、ついでに隣のモンベルを見物する。
 (・・・・・・今は特に買うものは無いな・・・・。キャンプ用品は長持ちしない。高級品より安物を買い直す方が良いかと思っている。)

【池田町、丸山公園の東屋より】                       【大歩危のモンベル】


 なんだかんだで、自宅を出て4時間半かかって、14時30分「ゆとりすとパークおおとよ」に到着♪。
 第1駐車場の入園口は・・・・閉まってますなあ。「宿泊者は本館・売店で手続きをしてください」との看板有り。

【ゆとりすとパークおおとよ入園口】                     【第1駐車場】


【第1駐車場からの眺め】


 本館を目指して坂道を少し登ると、身障者用駐車場3台分の横に、わずかに開いたゲートがある。
 ん???ここか???。とりあえず、駐車して歩いて中に入ると、売店などがある本館発見。
 売店のレジ横で宿泊手続きを行う。ログハウスは3棟あるが、一番広い所らしい。(ラッキー!)
 ゴミも分別すれば生ゴミ、燃えるゴミから、ペットボトル、カン、ビンまで捨てられるらしい。とりあえず、透明ゴミ袋3枚を貰う。

 本館を出ると正面には何か宗教っぽいモニュメントがある。
 見晴らしの良い山腹に空は快晴。設備は新しいし、人も少ない!。良いことづくめである。(本当に土曜日か??)

【売店のある建物:売店レジ横でキャンプ受付】              【意味不明のモニュメント】


 さーて、手続きも終わり、ログハウスの入り口の鍵も入手したので、車で移動。さらに坂道を登る。
 管理棟横を過ぎ、キャンプエリアの高い位置にあるログハウスに到着する。
 ログハウス内は結構きれい!。床にゴミや埃は見当たらない。広さは10畳程度かな?。無理すれば10人は寝られるかも。
 室内灯は無いが、火災報知器と消火器が置いてある。

 仮に車2台で来ても、1台は管理東横の10台分の駐車場に止められるので、荷物が多くても大丈夫。(一時乗込み可)
 (そこが一杯になっても、入園口周辺に約200台の駐車場があるので、車の置き場所に困ることは無い。)

【ログハウスNo,1】                               【ログハウス内部】


 それでは、キャンプ用品の設置に取りかかりますか!。
 今日は結構風が強い!。今回D氏が持ってきたタープを張ろうとするが、風ではためいて少し手こずる。
 本来は山型に張りたいのだが、それだともろに風を受けて、バタバタうるさいので、
 補助のポールを4本追加し風が流れるように張り直す。
 テーブル、椅子、焚き火台も準備完了。

 ログハウス内もスポンジマット、寝袋など、を広げる。
 さすがログハウス。テントには無い安心感がある。これで3000円は破格ともいえる。
 仮に4人で来れば、3000円+500円×4人=5000円。4人で割れば、1250円で泊まれることになる。
 次は、悪ガキおっさん登山隊全員で来たいぞう〜!(みんな行こうぜ〜♪)

【キャンプ準備完了】                              【寝る場所も準備完了】


 さて、準備も終わったし、少し園内を散策しますか。
 まず、受付で説明を受けたゴミの分別の廃棄場所を確認する。
 きっちりと分別しなければならないが、キャンプで出るであろうゴミはほぼ全てここに置いて帰れる。(後片付け楽〜♪)

 少し下ると、展望台がある。石鎚山から、高知湾まで見渡せる。
 ちなみに、このキャンプ場は、標高約800m。

【分別しておけば使いやすいゴミ捨て場】                  【展望台】


 この「ゆとりすとパークおおとよ」は杖立山の西肌の緩斜面のにある。北〜西〜南方面の展望通い。

【展望広場から北方面の展望】


 それではログハウスまで帰って、宴会の準備でもしますか!
 焚き火台に着火剤を塗った炭で火をおこそうとするが、なかなかいこってこない。
 新聞紙などを突っ込んだり着火剤を追加してうちわで扇ぎまくると、やっと炎が立つが、風があるのですぐに火が弱くなる。
 やけくそでうちわで扇ぎまくっている間に、だんだん風も無くなり、やっと安定して良い感じになってきた。

 見ると石鎚山方向に日が沈んでいく。ええわ〜、ええ気分です!

【日没】                                      【炭火も快調】


 それでは池田町で買い込んだ食材で宴会開始と行きますか!
 最初は「鰹のたたきの造り」。ポン酢かと思っていたが、お造りだけに、付いているのは醤油。
 (それなら、最初から鰹の刺身でええやん)

 続いて焼き物。レモン風味の焼き鳥 → ガーリックポークステーキ → 牛シマ腸 → ブラックタイガー (ここで満腹、もう食えない)

 ウインナー2袋と、乾き物のあて(チーズ鱈、ナッツ詰め合わせ)はお持ち帰りとなる。

【かつおたたき造り】                              【レモン風味の焼き鳥】


 食った〜、食ったぞ〜。さて、それではそろそろ大人の火遊び時間!
 D氏が持ってきた20年物の薪を豪快に燃やす!。今までで最高の炎の柱となる。(炎を見ると血がたぎる!)

 夜も更けて、22時をまわったのでそろそろ寝ることにしますか。
 大きな炭の塊だけ炭消し壺に移し、焚き火台、金網の上に焼きそば用アルミ板を乗せ、重しに炭消し壺を乗せる。(これで安心)

 あとはログハウスに入り、寝袋に潜り込んで・・・・・即入眠(おやすみなさい・・・・・)

【火遊び、豪快】                                 【ログハウス、就寝】


 夜3時に一度トイレに起きたが、夜空を見上げると、すんごい星空!星が近い!(雲一つ無い素晴らしい夜空に感動)

 再度寝たが、5時過ぎには目が覚め、寝袋でゴロゴロするが、もう目が覚めてしまった。
 しかたないので5時45分に起床。外に出ると・・・・・・秋・冬場によく見えるという雲海が広がっている〜♪
 写真もいっぱい撮りまくったが、次に行く人の楽しみを奪うのもなんなんで、とりあえず下のパノラマ1枚だけ。
 (写真クリックで拡大します。今回のベストショット!)

翌朝の展望台からの雲海:クリックで拡大します


 朝の散歩も終わり、ログハウスまで戻ってお湯を沸かし、ブラックコーヒー3杯とカレーパンの朝食を済ませる。
 少し物足りなかったので、予備に買ったカップうどんも食す。(朝から満腹!)

 それではぼちぼちと片付けを始めますか。
 タープをたたんで、焚き火台を金属ブラシで洗って、順番にキャンプ道具を片付けていく。
 9時には片付けも終わり、撤収作業完了です!

【朝食追加のカップうどん】                          【撤収作業完了】


 それではそろそろ帰るとしますか!
 管理棟の前まで車を移動し、ログハウスのキーを返却する。(お世話になりました。)

 その後、売店入り口ゲート前に駐車し、フラワーガーデンと周囲の山々の展望を楽しむ。
 (今回のベストショット2)

【フラワーパーク上からの展望】


 いや〜〜、山の上のキャンプ場。展望の良さと、ログハウスの快適さに大満足!
 9時38分、「ゆとりすとパークおおとよ」をあとにする。

 体中が煙り臭いのはいつものこと。今回はお風呂セット一式(着替え込み)を持ってきている。
 ネットで調べてみるが、まだ朝早いので日帰り温泉施設も開いていない。
 だんだん面倒くさくなってきたので、そのまま風呂なしで帰ることにする。

 帰り道、11時をまわったので昼食にラーメンでも食うことにしたが、なぜか、行く店行く店、ほとんど休み!
 (脇町の「くにおか」が一番食べたかったが、ここも休業。日曜日は稼ぎ時と思うのだが・・・・)
 脇町のスーパー担々麺まで行列が出来ている!(並んでまでして食う気は起こらない)

 見ると、脇町県道沿いの「らーめん2の2」が開いていたので、突入する。
 何件も食えずに素通りしてきたので、チャーハン(並)と徳島ラーメンを注文する。(計1080円!)
 チャーハンが思ったよりデカかった。腹一杯!。もう食えない・・・・

【メニュー】                                    【昼食】


 食事後、約45分で自宅到着。荷物を下ろし、D氏と別れる。(お疲れさんでした〜♪)

 ゆとりすとパークおおとよキャンプ場!。ログハウスもなかなか良かったですなあ!。
 また行きたいなあ・・・・・・・・・
 

今回の散財
昼食、夕食、翌朝食購入 ¥2,700 主に食料
アルコール類 ¥850 ビール等、アルコール類
キャンプ場利用料 ¥2,000 ログハウス3000円、入場料大人500円=一人当たり2000円
翌日昼食 ¥1,080 徳島ラーメン、チャーハン
合   計 ¥6,630  

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】