【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-194
山     名:美濃田の淵キャンプ場テント泊
登  山  日:2017年6月16日〜17日
標     高:
登山標高差:
累積  標高:
三 角 点 :
登山時間データ 時刻 時間 備考
キャンプ場着 11:20    
食材、酒の買い出し 13:50
D氏到着 18:45
宴会開始 18:55
就寝 23:30
起床 6:00
美濃田の湯、入浴 10:10

1.再び、美濃田の淵無料キャンプ場へ(それも平日!)

 先月の「ゆとりストパークおおとよログハウス泊」は、なかなか良かった〜!
 梅雨前に、もう一回、キャンプに行きたいが、いかんせん、最近キャンプに金を使いすぎである。
 ということで、今回は以前利用した無料の「美濃田の淵キャンプ場」にでも泊まりますか!(ただより安い物は無い!)
 とは言っても、一人では面白くないので、いつものごとく、悪ガキおっさん登山隊のキャンプ部長D氏を誘う。

 前回、ゆとりストパークおおとよログハウス泊に行く途中に、ここ、美濃田の淵に立ち寄ったが、さすが無料で人気のサイト、
 土曜の午前中で、オートキャンプサイトは満席であった。
 この感じだと、土曜日朝に行っても、金曜夜中から来る連中で、既に一杯になっている可能性が高い!。

 それならば!、今回は、やましん隊長が早めに移動!。平日の金曜日昼に場所取り、テント設営、買い出しを済ませ、
 夕刻、仕事上がりのD氏の到着を待って宴会、焚き火大会と行きますか!

2.出発〜

 やや雲はあるものの、概ね晴れの良い天気の金曜日。早朝から炊事洗濯を済ませ、10時20分に自宅出発。
 今回は、D氏が食事直前に来るため、買ってから一度も使っていない25年も寝かせたテントも持参する。

 11時20分に美濃田の淵に到着!。さすが平日、金曜日の午前中。オートキャンプサイト?の3エリアは全て空いている♪
 車2台が入るため、一番広い一番下のエリアにパジェロを止める。(入り口付近に駐車し、場所取り完了!)

 さて、まだ昼食を食っていないが、パジェロで買い物に出ると、このエリアをとられてしまうかもしれない。
 見ると、早速昼休みの休憩のため、大型ダンプが隣のサイトに入ってきている。
 仕方が無いので、くそ暑い中、テントの設営に取りかかる。

 さて・・・・・・買ってから25年以上・・・・DoingSportsと表示のある怪しげなテント。
 今は潰れてしまったホームセンターナカイの5980円の値札が付いたままである。(安物〜!)
 中身を取り出すと、思いのほかまとも。汚れ、破れ、劣化も見られず、ポール通しのゴムも使える。
 ただ・・・・床面が・・・ブルーシート!。今時の高級品なら、別にアンダーシートを使うと思うが、時代を感じるなあ〜
 今日は、このテントでD氏には寝て頂きましょう!。とりあえず、中と外に殺虫剤を噴霧しておく。

【一番下のキャンプサイト】                           【5980円、25年漬けのテント】


 D氏用のテントにフラーシートを掛け。設置完了。プラスチックのジョイントなどはしっかりしており、案外早く組み上がってしまった。
 ついでに、やましん隊長用に、愛用の一人用テントを張って、2張り設置完了!
 あと、エリア入り口付近に、4人用椅子付きテーブル、アーム付きスリムチェアーを置き、ほかの車が入らないようにする。

 さて、それでは昼飯でも買いに行きますか!。歩いて高速のPAのデイリーヤマザキまで行けば簡単に手に入るが
 そこまで歩くのがしんどいので、車にて、マルヨシセンター三加茂店に買い出しに行く。
 購入したのは390円(税別)の豚生姜焼き弁当。自宅から持参の冷えたミネラルウォーターでおいしく頂く。

【テント設置完了】                               【昼食】


 ふ〜〜っ、食った食った。その後、30分ほどボケーッとする。・・・・・・・・・・・あっーーーー!、じっとしているのに飽きてしまった。
 2時前に買い出しに行くことにする。

 最初に入ったのは、前回利用のマルヨシセンター。とりあえず一通り見て、一旦何も買わずに店を出る。
 入り口横に氷を一人2袋までもらえるのを確認する。(キャンプ用に大量にお持ち帰りは禁止とある。)

 少し先のマルナカへ移動し、いろいろ見るが、肉、魚もいまいち・・・。
 ウインナ、乾き物のあてと、調味料、ビール、そして大きいクーラー(食材)用に1.7kgの平板氷も購入する。
 (持ってきた保冷剤が、小さめが3個なので心もとない。この際冷やしまくる。)
 ついでに、マルナカでも2袋の制限のある氷をもらう。
 小さいクーラーボックスに缶ビール350ml 6本、500ml 6本を入れ、その上に氷をぶちまける。(まだ余裕があるな・・・・)

 マルヨシセンターへとって返し、安物の輸入牛肉、鶏肉、エリンギ、アルミ鍋の肉うどん等を購入。
 ここでも2袋の氷を貰い、ビールのクーラーボックスにぶち込む。
 (これで満杯。こりゃキンキンに冷えまっせ!。ビールが全く見えない!)

【ビール冷却中:氷4袋で満杯】                        【食材も満杯。平板氷で冷え冷え】


 買い出しも終わった・・・・。暇だ・・・・・。
 あまりに暇なので、車でぐるりと回り、吉野川ハイウェイオアシスの一般車駐車場へ移動。
 特に買う物も無いので、辺りをぶらぶらして時間を潰す。

【吉野川ハイウェイオアシスからの眺め】


 時刻は16時半。さて、そろそろキャンプの準備を再開しますか!。
 キャンプサイトまで戻り、パジェロを右奥に駐める。こまごました荷物を取り出し、少しづつ準備を進める

 さて、ゴミ捨てはどうするかな?。たしか、もう少し奥の狭いキャンプ場横にゴミ箱があったはず。
 とりあえず、分別しておけばそこに捨てられるかもしれないし、持って帰ることになっても、後片付けが楽。
 パジェロの3ヶ所に、燃えるゴミ、ペットボトル、空き缶用のゴミ袋をぶら下げる。

【ゴミ袋設置完了:もうパジェロは動かない】                【徐々に準備が進む】


 17時になったので、ラジオを聞きながら炭熾し開始!。17時40分、D氏よりこちらへ向かっているとのLINEが入る。
 どんどん炭を追加し、火を大きくしていく。

 18時45分、D氏到着!。とりあえず、D氏用テントに、マット、寝袋などをセッティングし、椅子などもセット完了。

【炭熾し開始】                                  【D氏到着:就寝用具準備中】


 3.宴会・火遊び開始

 それでは、バーベキュー開始と行きますか!。
 まずは、豪州産「コーディーさんの牛バラ」から。う〜ん、肉が固いな!。値段相応か。
 蚊取り線香を2ヶ所に置いているせいか、ヤブ蚊にも全然刺されない。(もちろん虫除けスプレーはしているが)
 冷えたビールはうまい!。どんどん進む。氷はあまり溶けていない。

【焼肉開始】                                   【宴会中】


 さて、牛は固かったので、落ち着いた炭火で鶏肉をじっくりと焼いていく。
 焼けた順に「焼き鳥のタレ」を付けて焼き、付けては焼きで、おいしい焼き鳥のできあがり。
 牛よりも柔らかく、これはこれでおいしい!。続けて、いかにも高級そうなソーセージも焼く。(味はそれほどでも無い)

【焼き鳥へ変更】                                【高そうなソーセージ】


 ふ〜、食った食った。後は乾き物をつまみながら、チビチビと飲みますか。
 と言うことで、バーベキュー台は、金網を外し、焚き火台へチェンジ!。
 アマゾン、楽天で大量に薪を買っているので、容赦なく薪を投入!。しばらくして火が付くので、さらに薪を投入!
 うぉー!。燃えろー!燃えろー!(気分はほとんど放火魔?)

【薪投入】                                    【盛大に燃えてます】


 21時から約2時間、火遊びしまくり、余は満足じゃ!
 火の始末と、明日朝に使うバーナー等の準備をしておく。23時30分、就寝。おやすみなさい〜♪

【火が飛ばないように・・・】                          【翌朝のバーナー等準備】


 ちなみに、やはり日が暮れた頃から3台のキャンプ客が次々と来場。
 最後に来たオートバイは、既に車が2台、テント2張りのやましん隊長たちがいるサイトに乗り込んできて
 「ここでテント張らして貰って良いですか?」と聞いてくる。
 ここよりも、上2ヶ所は車1台とテント1張りのみで、半分以上空いているので、そちらの方を勧める。
 結局、一番上のサイトにテントを張った模様。
 やっぱり、金曜昼に来ておいて良かった〜♪(案の定、土曜朝には満席やもんね)

 4.翌日

 今回も、鳥のさえずりで6時目覚める。D氏は既に起きている。
 テントもテーブルも夜露でぐっしょり。とりあえず雑巾で机を拭き、お湯を沸かす。
 朝日を浴びながら、目覚めのコーヒーを飲み、マルヨシセンターで買った肉うどんをバーナーで加熱し食す。

 しかし、6月に入る頃、スーパーなどから、一斉にアルミ鍋のラーメン、ちゃんぽん、うどんが消えた。
 店員に聞くと、この季節になると、生産していないとのこと。生麺は傷みやすいためだろうか???
 ただし、なぜかマルヨシセンターだけは、まだこのアルミ鍋の肉うどんを売っている。
 頑張れマルヨシセンター!、夏場も生き残るんだーアルミ鍋の肉うどん!

【朝日を浴びて】                                【この季節、数少ない加熱うどん】


 朝飯も終わり、辺りを散歩。今が土曜日の早朝という感じがしない。(なぜか、日曜の感じがしてたまらない。)
 横のテニスコート場から吉野川を眺める。半田の変電所がよく見える。

【テニスコート場より】


 ゆっくり後片付けをしていると、一つ上のエリアの軽トラの人がテントを撤収して帰っていく。
 代わりに、しばらくすると、家族連れの大型ワゴンが空いたエリアに入ってくる。
 お父さんらしき人が、やたらこっちを見るので。「もうすぐここ空きますよ。水道も近いし、場所も広いからどうですか?」
 と声をかけると、大喜びでこちらのエリアに乗り込んできた。
 こちらも最後の荷物を積み込み、撤収するとしますか!

 今回は、吉野川ハイウェイオアシスの美濃田の湯に入浴予定。
 とりあえずぐるっと回って、一般車両駐車場へ移動し、営業開始の10時まで、辺りを散策し時間を潰す。

 何か遺跡らしい物があるので見てみると、「円通寺 遺跡 火葬墓跡」とある。
 看板が無ければ、ただのコンクリートと岩のオブジェと思ってしまう所であった。

【なにやら遺跡が・・・】                             【火葬墓跡】


 時刻も10時を過ぎたので、早速車に戻り、お風呂道具一式を抱え、美濃田の湯へ向かう。
 入浴料600円。昨夜、焚き火で焦げ臭い体にはありがたい!。煙と汗を洗い流し、さっぱり〜、さっぱり〜!

 それでは、早めの昼食をと、2階の徳島ラーメン屋へ向かうが、営業時間が11時!。25分も待たなくてはならない。
 やましん隊長、この世に並んでまで食うほどの物は無い主義なので、とっとと帰り、途中の食事処で昼食をとることにする。

【美濃田の湯】                                 【開店まで25分・・・・待てません・・・・】


 帰宅途中、美馬で以前食ったことのある「優香」が営業していたので、ここで昼食とする。
 ラーメンと餃子(850円也)を注文したが隣の客が焼肉セットを頼んでいる。
 見ると、ラーメンとご飯、それに焼肉が付いて900円!(こっちにすれば良かったー(T_T))

【優香】                                      【昼食】


 ちなみに、この「優香」、17年前の2000年7月15日に試食しているので、その時の写真も併せて載せておく。
 建物入り口が少し変わってますな。写真は肉大(当時700円)

【2000年当時の優香】                           【2000年当時の優香ラーメン肉大】


 美濃田の淵キャンプ場!。やっぱりここは無料なのがいいなあ!。
 あと、チェックアウトの時間制限が無いのが良い。
 (ただし、早い者勝ちの場所取り合戦ありだが・・・・)

今回の散財
ガソリン代 ¥1,368 レギュラー12L byパジェロ3000、
初日昼弁 ¥410 豚生姜焼き弁当(マルヨシセンター)
食材 ¥3,161 ビール、食材等(マルヨシセンター、マルナカ)を割り勘
入浴料 ¥600 美濃田の湯
2日目昼食 ¥850 「優香」中華そば、&餃子
合   計 ¥6,389 風呂代と、翌日昼飯が効いてますな〜! 

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】