【やましん探検隊登山編一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-197
山     名:柏原渓谷TATUTAの森
登  山  日:2018年5月26日〜27日
標     高:
登山標高差:
累積  標高:
三 角 点 :
登山時間データ 時刻 時間 備考
キャンプ場着 12:35    
食材、酒の買い出し 13:33
火起こし開始 15:00
宴会開始 16:00
就寝 22:30
起床 7:30
キャンプ場発 10:00

1.D氏の隠れ家、柏原渓谷TATUTAの森キャンプ場へ

 は〜〜〜、約1年キャンプに行ってませんなあ。自分的には冬場の12月、2〜4月頃がキャンプには気持ちのいい時期なのだが
 今年はへんろウォーキングの完結を第一目標にしていたので、キャンプ行けてまへ〜ん。(T_T)

 やっとへんろウォーキングも終了!。しかしそこへ初夏並みの気温上昇!
 この春は無理かなーっと思っていたら、気温も一旦下がり、そんな折、悪ガキ探検隊D氏より、キャンプのお誘い。
 これ幸いと、二つ返事で即決!。

 今回のキャンプ地は、D氏が今まで数回通った隠れ家、柏原渓谷TATUTAの森。
 ホームページで見ると、我々が泊まるバンガロー(大棟)は1泊4000円(大棟6畳程度、小棟は4.5畳程度3000円)
 (なんと10月1日〜4月30日の冬期は半額らしい。なぜくそ暑い、虫の多い季節が値段が高いのか・・・。見解の相違やね)
 D氏よ、今度は10月以降に来ようぜ。(寝るだけだから2人なら小棟で十分である。)

 5月26日土曜日、11時の約束だが、30分も早くD氏がお迎えに到着。
 D氏の車に自分ののシュラフ廻り、薪、中型クーラーボックス等を積み込み、出発する。

 TATUTAの森は香川県綾川町にあるので、まず美馬方面へと進む。
 途中、昼飯を食うことにしたが、脇町の有名店「くにおか」はなぜか工事中。
 仕方が無いので、もう少し先の「優香」でラーメンと餃子を食す。
 【追記】
 「くにおか」かなり以前から閉店していたそうです。知らんかった〜〜〜。残念じゃぁ〜〜〜。 

【優香】                                     【昼食】


 さて、それではキャンプ場へ向かいますか!
 くねくね道を登り、三頭トンネルを抜け、またくねくね道を進む。最後に細い林道を過ぎると目的地に到着である。

【林道を進む】                                 【TATUTAの森、バンガロー側駐車場】


 このTATUTAの森、思ったより規模はでかい。大人気のコテージ(4名まで15000円!)、あとキャンプ場もある。
 バンガローからは管理棟のあるコテージ方面へ木製の橋を渡る。

【管理棟への橋】                               【管理棟、高級コテージ群】


 受付も済ませ、鍵を預かる。バンガロー代4000円はD氏と割り勘にする。
 管理人から、着火剤を一個渡され、使用感を聞かせて欲しいとのこと。あとで試してみましょうか♪

 バンガローはコテージのような高級装備は一切無く、いわゆる板張りの床のみ。(雑魚寝やね)
 D氏が以前数回泊まった時は、高級コテージは満席でも、このバンガローはガラガラの貸し切り状態だったらしい。
 当然ながら、今宵もコテージは満員、バンガローは我々2人のみ。まあ、この方が騒いでも文句を言われないのでラッキー♪

【今宵の宿バンガロー(大棟)】                       【バンガロー内部】


 車を乗り付け、マット、シュラフ類を下ろす。
 食料、ビール等の調達は、車で20分程度のイオン綾川。(すぐ近くにマルナカもあり)

【シュラフ廻り設置完了】                           【イオンへ買い出し】


 TATUTAの森まで戻り、再度車を乗り付け荷物類を降ろす。
 机、椅子、焚き火台も準備完了!。時刻は15時とちと早いが、炭火を熾すことにする。
 管理人から預かった着火剤に火を着けてみるが、内部にしみこませた燃料?に火が走ったあとはゆっくり煙が出ているだけ。
 この上に炭を乗せ、うちわで扇ぎまくるが一向に火が熾らない。(だめだこりゃ〜)

 仕方が無いので、持ってきた着火ジェルを使用する。(一発で火起こし完了!)

【荷下ろし開始】                                【お試し着火剤】


 刺身をあてにビールを飲みながら、火を熾し始めて1時間20分。だいぶ炭火も落ち着いてきたので、そろそろ焼きますか!
 まずは健康的に「タスマニアビーフ」938円、若鶏のモモのタレ焼きと続く。

【刺身の次は肉ですな】                            【年齢も考え鳥】


 その後は、ホタテ、そして鳥のセセリで焼き物終了!(だいぶ満腹になってしまった〜)

 19時、まだ少し明るいが、焚き火へチェンジする。薪は大量に持ってきている。
 (昨年、やましん隊長がいろんな薪を試しに買ってみたのがたくさん残っている。)
 取り憑かれたように薪をくべ、大きな炎を堪能する!

 段ボール2箱の薪が炭に変わったのは22時。3時間燃やしまくった訳ですな。(ワシは放火魔か???)

 22時30分、就寝。(夏用に封筒型シュラフで寝たが、さすがに朝方は少し寒かった・・・)

【ホタテもおいしく頂きました】                        【焚き火開始】


 翌朝〜・・・・。う〜〜、頭が重い。飲み過ぎじゃぁ。
 D氏は7時前には既に起きていたが、やましん隊長はバファリンを飲んでもう一眠り。
 7時45分、目覚めのコーヒーを3杯ほど頂く。(だいぶスッキリする)
 朝食はアルミ鍋の鍋焼きうどんにしたかったが、イオンには打っていなかったので、どん兵衛を食す。

【やたらデカいD氏愛用のやかん】                     【朝食】


 朝食後、1時間半ほどかけて片付け、撤収準備完了。
 管理棟へ行き、鍵を返して、着火剤の使用感を正直に言うと、管理人さんが頭を抱えていた。

【D氏の車は隣のバンガローサイトへ駐車】                【撤収準備完了】


 10時にTATUTAの森をあとにする。酒の飲み過ぎのためか疲れが残っており、お風呂はパスして直帰することにする。
 自宅に送って貰い、荷物を下ろしてからシャワーを浴びて、やっとさっぱりする。

 1年ぶりのキャンプ!。ビール飲み過ぎですな!でも、また行きたい・・・・・

今回の散財
ガソリン代 ¥1,000 D氏の車にて、燃料代割り勘
初日昼飯 ¥850 「優香」ラーメン、餃子
バンガロー代 ¥2,000 バンガロー大棟(4000円/2)
食  材 ¥3,327 ビール、食材等(イオン綾川)を割り勘
合   計 ¥7,177   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】