P3C−Eは貧乏神とともにやってきたの巻(2000.7.20)

1.P3C−E入荷
   7月15日(日曜日)、やましん隊長いつものように早朝のメール確認。
   徳島某老舗自作PCショップよりメール到着
    「お待たせいたしました。i820チップ搭載マザーの交換品、P3C−Eが入荷いたしました」
   待ったよぅ。1ヶ月半。さっそく取りに行かねば・・・・・

   そこでやましん隊長ふと考えた。
   もちろんマザーボードは取りに行くとして、そのマザーをどうしよう??

   現時点でやましん秘密基地管轄のPCはノートを含めて全5台。実際頻繁に使用しているのは2台・・・
   これ以上台数増やしてどうするんじゃ???。
   それに、P3C−Eで1台組むには最低7万円もかかるではないか!!!
   いかん!、この不景気な日本の特に火の車なやましん探険隊の財政難特別措置法実施下では
   無駄遣いは絶対にいかん!!!

   と熟慮に熟慮の結果・・・・・
   3時間後の徳島某老舗自作PCショップにP3C−Eボードとともに、640MB内蔵MO、30GHDDなどフルセット1式分
   12万円を支払う心神喪失状態のやましん隊長がいたのであった。

2.涙のビッグサイズ
   さて、組み立てじゃぁ
   この前、P3−600買ったとき、結局マザーボードが3枚も変わったおかげで自作の知識は十分。
   怖いもんなしじゃ。おっとP3C−EはSLOT1、これは初めてじゃが何とかなるじゃろう
   128MBのRIMMもつけてと・・・・・訳のわからん空メモリーもつけてと(必要なのか?)
   しっかし、このP3C−Eボードはとにかくでかい!!!
                      
   縦は拡張スロット最下部とPS/2コネクターでだいたい決まっているが、奥行きがある。
   ようやくマザーをつけ終わって、5インチベイにCD−ROMを入れて・・・・、入れて・・・・
                    入らない!!!!
   CDがマザーボード右上のコンデンサーにぶちあたって、あと4cmは入らない!!
             やましん隊長放心状態。
   そういや、徳島某老舗自作ショップでも別タイプが標準になっていたなぁ。
   気がつかんかった・・・・・・・・。ショック〜〜〜〜〜

3.やけくその暴挙
   いかん!このままでは優雅な休日の間でPC組み立てが完了しないではないか。
   かといって、徳島某老舗ショップまで新ケースを買いに行くと往復2時間のロスになる。
   時刻はすでに2時過ぎ、ソフトのインストールまで考えるとこれはきついではないか・・・・・
   そこで、やましん隊長の思いつき!そういえば、この近くにも一件PCショップができたではないか!!
   ここしかない!!

   10分後、その店舗に到着。・・・・・・・狭い・・・・・品揃えが少ない・・・・・・・・客がいない
   なぁに目的のケースさえあればいいのじゃ!!・・・・・・・・・ケースも少ない・・・・
   とにかく、P3C−Eのでかいマザーが入って、5インチベイとぶつからなければいいのじゃ。
   でも、ケースの高さが高くなると設置場所の問題でこまる。ミドルタワーで、横幅がでかいやつ!!
   ・・・・・・ありました・・・1つだけ・・・・・・・
            
   ・・・・・・まさか、このケース以外選択肢がないとは・・・・
   このやましん隊長がマックバージョンケースとは・・・・・それも電源スイッチがお花の形で超キュート・・・・・
   やましん隊長はずかしい!!
   しかしこの際、カッコのことは無視しよう!9800円でPC組み立てが再開できるのならいいではないか!!

4.やけくその敗北
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あまり多くを語りたくないが・・・・
   30分後、この新型ケースの電源ユニットとスロット1に刺した370アダプターがぶつかってマザーボードが
   本体に取り付けられない状況を目の当たりにし、真っ白な灰になったやましん隊長がそこにおったんじゃ・・・・
            SLOT1なんてでぇきれいだぁー
    使い物にならんPCケースを1日に2台も買ってきてどうするんじゃぁーーーーーーー

5.徳島某老舗自作PCショップ標準ケース
  こうなったら、徳島某老舗ショップに頼るしかない。
  そうするとたぶんあそこの社長は「ほら、うちの標準のケースにしないからそんな目に遭うんですよ。ひょっひょっひょっ」と言いかねん
  でも、あの標準ケースならP3C−Eでも十分はいるかも???
  ???まてよ、そういえばその徳島某老舗ショップ標準ケース、2階の隊長マシンがそのケースじゃ!!

                   
  とにかく分解、分解。
    うんうん、中も広い、電源も当たらない、5インチベイも上2つならCDも十分はいる奥行き確保!
  やっぱり標準ケースは違うねぇ!!!。

6.その後
  2時間の死闘の末、2階の隊長メインPCを新ケース(オーソドックスな方と入れ替え)
                                 
  P3C−Eは老舗標準ケースに収まったんじゃ。
  あのマックバージョンケースはどうしよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  やましん隊長より一言
  「今回は撃沈同然じゃ・・・・・・人の知恵も活用せねばなぁ」

  後日談:翌日、やましん隊長、食あたりと、風邪と、PC4台分の組み立てによる疲労から熱が出て、
       翌々日は出勤不能。とにかく疲れた

TOPへもどる