1年ぶりの新型機はお約束のマザー交換の巻き(2001.5.12)

1.お手紙
   数ヶ月に1度くる徳島の某老舗自作PC店舗より、ゴールデンウィークのお買い得ダイレクトメール到着
   ふむふむ、最近PCの価格も雪崩状態で、ギガPCでも10万円程度で出来る時代、いくら老舗の店舗でも
   経営状態はなかなか苦しかろうて。さぁてどんな目玉商品で客を吸い寄せとるんかのう・・・・
   
   ふむふむ・・・・・なにぃ!「欲しいを集めたこの一品!」・・・ふむふむ!これは欲しい!
   いままでの目玉商品といえば、値段は安いが部品も安い、いわば安かろう悪かろう(気に入らないだけかも)の
   ものばかりだったが、こ・この品揃えは・・・・ええではないか・・・・

   その内容とは
     Degitek P4−1.5セット
          CPU     P−4 1.5GHz
          MB      ASUS P4T  
          SVGA    CANOPUS F11
          HDD     IBM IC35L040 40G(7200rpm)
          MEM     RDRAM 128MB×2(256MB)
          DVD     AOPEN DVD−1240
          SOUND   VIBRA128
          OS      Windows ME OEM版

            その他含め、1式計  14万9000円!

   今までこの店はAOPENが標準推奨で、ASUS派のやましん隊長は納得できんかったが、今回はASUS,それに
   CANOPUS信者のやましん隊長にとってF11は後で使い回しのきく狙い所のビデオカード・・・・・
   Pentium4も1.7GHzがかなりの安値で発売され、RDRAM込みの1.5GHzもつられ安の暴落状態。
   1.7GHzと1.5GHzじゃ12%のアップ、実動作での速度アップは誤差範囲じゃ。
   
   そういえば、マザーボードを2回も交換した前回の楽しい騒動(というより悪夢)は1年前の過去の話・・
   21世紀最初のゴールデンウィークに旅行の計画もない寂しいやましん探検隊に少しばかりの贅沢があっても
   何ら世間から後ろ指さされることはないんではないか!!!
   
   ・・・と、拳を握りしめ熱く語る隊長を鼻で笑う副隊長・・・・「ふん・・・小遣いで買ってね」

   ・・・・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふっ・ふ・・・・・

   昨年のマザー交換以来、次回の自作に向けてこつこつとためにためたやましん隊長のへそくりの存在を
   明かすときがついにやってきた!!!!
   見よ!!この20数枚の聖徳太子!!もとい、福沢諭吉の厚みを!!わぁっはっはっはっ!
   豪快な高笑いを残し、スキップしながらやましん隊長は某老舗ショップへと向かったのであった。

2.さらに拡張
   さて、行く先々考えた。
   現在やましん探検隊には
      P3−733  1台
      P3−600  1台
      P2−333  1台(ノート)
      P1−100  1台

   この状態で、同様の使用目的でPCを増やすのはあまりにも不必要
   今やってみたいことは・・・・・・・・ビデオ編集じゃ!!

   とどのつまり、昔のビデオをDVにダビングして、PCに取り込みDVDなどに書き込んで、永久保存したい!!
  
   そのために必要なものは・・・・・・・・・・

   あれと・・・・・・・・・・・・・・・・
   これと・・・・・・・・・・・・・・・・
   ほんでもってこれと・・・・・・・・・・・・・・・・

   などと、ほぼ意識を失うほど妄想にふけっていたやましん隊長が我に返ったときには、すでに某老舗PCショップのカウンターで
   PC一式が完成し、最後の接続チェックをしている場面であった・・・・・・・・

   あぁもったいない。今回は悩みだして2時間で衝動買いをしてしまった。買うまでが楽しいのに・・・・・

   ついに買ってしまったPCの内容は、上記のP4−1.5セットにプラスして

          HDD増設 IBM IC35L060 60G(7200rpm) (DVデータ編集専用)
          LANカード(一番安い10BASE−T)PCI用

          それにプラス
          
          CD−RW プレクスターPX−W1210TA(BurnProof)
          DV−IF  カノープスDVRapterU(DV編集セット)

          結果的に、あくまで結果として  最終金額 267414円・・・・(消費税込み)・・・・・・・・・・・・・

     今時、PC1セットで27万円!?  高い! 高い!  でも買ってしまうのがやましん隊長!
   
   買ってしまったら返品も出来んし、まぁしゃあないか!   あぁっはっはっは どうにでもなれ!!

   という具合に、我が秘密基地に搬入された新型機は、やましん隊長室へと設置されたのであった。
            でも外見は我が探検隊のP3−733と変わらんのう


3.お約束のトラブル発生
   さて、合計100GのHDDはまっさらぴんぴん
   予定のないゴールデンウィーク(黄金週間)の前半に新型機のセットアップにかかれるのはこの上ない幸せ・・・
   さて・・・Windows2000のCD−ROMを取り出してと・・・  フォーマット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・おっ・・・
   待ちに待ったトラブル発生。・・・フォーマット終了直前・・「HDDが壊れています・・・」・・・きたきた!
   どうせ、HDDは壊れとらんに決まっとる
   もう1度挑戦。WIN2000でフォーマット・・・・・・再度失敗「HDDが壊れています」・・・・・ふむふむ・・・
   気分を変えて
   WIN98の1stEditionでフォーマット・・・・・・・案の定無事フォーマット完了。    ・・・・やっぱりねぇ・・相性問題・・・

   でもWin98の1stのインストーラーでは40GのHDDを認識できない。(もちろんインストールする気もない)
   しかし、WinXPの出荷を10月末に控えた現在、今更98ベースのMEを購入するのも愚の骨頂!

   というわけで、お約束通り、購入翌日、某老舗ショップへ入院となったんじゃ。

   現象としては、このシステムでは、WINDOWS2000でフォーマットをかけると、完了直前でフォーマットを失敗する。
   ほかのOSではフォーマットを完了する。
   intelのCPU P4 と ASUSのマザーと IBMのHDDで何でWIN2000と相性問題が発生するんじゃぁ

4.いつも通りのマザー交換

   入院当日の夕方、某老舗PCショップよりTELあり
   ショップ社長「うーーん、相性問題です。全くもって困りました。ASUSに聞いてみます。マザー交換しますか?
           AOPENのAX4Tでテストしたらフォーマット完了確認しましたけど・・・・」

    やっぱり、お約束のマザー交換なのね・・・でもせっかくのASUSが・・・・

    OSがWin98MeならASUSのP4TでもHDDがフォーマット完了するのは確認済み。
    しかし、10月末発売のWIN XPはWIN2000ベースのはず。同様の問題が再度発生しては困る!
    ここは涙をのんでAOPENのマザーボードに格下げ決定


     つきましては、ASUSのマザーとAOPENのマザーにLANカードが内蔵のため、LANカードも併せて返品
     返品の品

     代わりにAOPEN AX4Tと差額返金が戻ってた。
     


5.その後
   その後はいたって順調(あまりにも順調、おもしろくなぁい)
   DVでもビデオ取り込みも編集も快調、CDの焼き込みも、DVDの再生もすべてノープロブレム。
   終わった・・・。やましん隊長の今年のPCイベントが完結してしまった。・・・・・・・

   やむ終えない。また来年のゴールデンウィークを目指して秘密資金をため込むぞぅぞぅぞぅ


 ここでやましん隊長から一言

   安定か性能か、それが問題じゃ  じゃんじゃん!


    しかしWindowsXPは待ちどうしいのう


TOPへもどる