ストレス発散??Linux突入の巻き(2001.6.16)(2001.10.21追加)

1.本屋にて
   やましん隊長、風呂上がりに家族共々本屋にて立ち読み三昧。そこで目に付いた1冊。
   アスキームック「Linux for Magazine begginers」。つまりVINE linuxのFTP版CD付きの入門書
   linuxは以前からいつかは始めるんじゃと覚悟は決めとったが、適度な性能の空いたPCがなかったため
   いままで、手つかず、未知の大陸・・
   しかし、その本の内容はいかにも「簡単ですよーーー。古いPCでもOKですよーーーー。みんなにすごいって思われますよーー」
   と書いてある(ように見えるだけ)
   まぁ、ちょっと勉強しておくのも悪くないじゃろうとその本を購入。
   

   しかし、改めてその内容を見ると、「このトラブルの解決法は・・・・・・」「このような問題が発生した場合は・・・・・」
   ・・・・・・・ううむ。さすがLINUX。いったん動き出せば安定しているが、セットアップにはまだまだ問題が多いようじゃのう
   それに比べてやましん隊長のメインPC(WIN2000)はインストールも順調(なんてうそ!)
   現在、超安定。よかったよかった・・・・・・
   ・・・・・そうではない・・・・・・・うらやましい・・・・うらやましい!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   あの、トラブルを目の前に飲むビール。解決への調査中のビール。そして解決後の祝いのビール!!!
   
あぁ、やっぱりPCのトラブルにまつわるビールはうまい!!

   ・・もうやましん隊長は完全無欠のPCトラブル中毒患者なんじゃあ!!(単なるPC好きのアル中)
   
   それに最近、やましん隊長は仕事からくるストレスで、なんとストレス性胃腸炎を発症し、早急にストレスを発散させる
   必要がある。このままストレス性胃腸炎が長引けば命に関わるかもしれない!
   そう!いまストレス発散への一番近道は新規PCの組み立て!!!
   しかし、1ヶ月前に新規PC「伏魔殿1号」との戦いで27万円を投入したばかり。
   後に残ったわずかな資金と残パーツではたしてどのようなLINUX向け枯葉PCが出来るのであろうか!!!
      
   (副隊長へはストレス性胃腸炎の特効薬という大義名分で、有無を言わせずの説得完了。)
   

2.LINUX専用機発進
   さて、LINUX、リナックスと・・・
   うーーむ、やはり残金が苦しい・・・、10万円を超すことは不可能。そこで、出来るだけ残パーツの流用をもくろんだ結果、
   LINUX特化使用、一昔前バージョン機を目指す!!。
   マザーボードはASUS CUSL2を新規購入。CPUもceleron800MHzを新規購入。
   
   ほんでもってメモリーもSD-RAM128MBを新規購入。
   音源カードは落ちていたVIBRA128を流用、HDDも文鎮代わりのカンタム製10Gを流用
   当然CD−ROMも廃品棚の中から発掘した48倍速をセット。キーボード、マウス、LANカードも押してしるべし。

   そして、ついに完成!!(モニターは仕事用の液晶を返却)
   

3.ホントお約束のトラブルいらっしゃぁーーい
   まぁ、最初からうまくいくなんてこれっぽっちも期待していませんでしたが・・・・。
   インストールがうまくいかん。特に表示関係が・・・・。普通の字の50倍の表示になったり、X−Windowsまで到達しなかったり・・
   OSのみのインストールの繰り返しだから、WINDOWSの時のようなアプリケーションまで入れての不具合まで到達せぇへんから
   案外、再インストールは楽だが、それでも一晩に5回が限度。1週間の格闘後、方針を変更することにしました。(疲れた)

   とにかく、不具合は今時のWindowsとはやはり異質。
   どちらかというと、西暦1993年頃、やましん隊長がNECの9821ASから自作DOS/V(486SX33)に乗り換えて
   IBMのPC−DOS6.1VとIBMのWindows3.1、そしてシーラスロジックのビデオチップ(ISA、VLバス)にボコボコに
   袋叩きにあっていた時代を思い出した。なんとも懐かしい感じのする不具合で、昔の彼女に会ったみたい。

4.対応策
   なぁに世の中LINUXを自在に操る強者はゴマンといる。インターネットでトラブル調査!!
   ふむふむ、やっぱり815チップの内蔵ビデオは最近対応したばかりで、スムーズに行かない場合が多い。ふむふむ。

   それと、なになに、LINUXでもMS−OFFICEに対抗する製品がある!!!
   これは見逃せない。

   今度のWINDOWS−XPでは使用1ヶ月後にMSに正式登録しなければ使用の継続は不可能となるらしい。
   やましん探検隊の様に、6台ものPCを使い回すしがない一般家庭はどうなるんじゃぁ。庶民のことを考えとるんかぁ!!
   こうなったら、マイクロソフトからは足を洗わねば。しかし、ソフトの少ないリナックスではとっても不便。
   でも、これさえあれば、もうマイクロソフトオフィスがなくても生きていける!(かもしれない・・・・)

   ・・・ということで、
   対応策1:ビデオカード購入、なんと今時、RIVA TNT2−32MB(思いっきりバルク品) 5000円程度
   対応策2:DO OFFICE購入(14000円程度)
   
   これは、HANCOM社のワード、表計算などのオフィス製品群と、VINEリナックスの2.1CR版がセットになった物。
   一応、若干マイナーながら日本語への対応が進んだセット(らしい)

5.その結果
   なんとかトラブルクリア!!!
   現在、LANへの接続も完了し、インターネットも順調。ホームサーバーとしても徐々に進んできてはいるが・・・・・
   やっぱり難しいのう・・・(いろいろ、いろいろ、覚えてもすぐ忘れるし・・・)
   なにはともあれ、ほれこの通り!!
   
   
   しかし、ハンコムワード(ワープロソフト)もハンコムシート(表計算)もはっきり言っていまいちか???
   WINDOWSソフトと比較して、操作性の悪さ、日本語入力との連携のまずさなどが目立つ。
   しかし、なにはともあれ、マイクロソフトの呪縛から一時でも解放された快感に
   たっぷりのビール(クラッシックラガー)で乾杯!!!
   

   ここで、毎度、やましん隊長から一言
   今回もたっぷり楽しませてもろたが、LINUXは奥が深い。
   こりゃ、まだまだ飲めるでぇ!えぇっへっへ!

TOPへもどる